デイズ の値引き情報

デイズの値引き情報

ニッサンデイズ 新車値引き交渉の最新情報
ライバル車比較からディーラー攻略法まで

2016年11月更新

ニッサンデイズの特徴

自動車開発メーカーの大手であるニッサンと三菱が合弁会社NMKVを立ち上げ、人材や技術を集結させて開発した軽トールワゴン、デイズ。

ニッサンが初めて企画段階から全面的に携わった軽自動車で、「ニッサンのすべてを、軽に。」というキャッチコピーのごとく、同社がこれまで培ってきた技術の粋を集めた渾身の一台です。

従来の軽自動車とは一線を画すニッサンらしい躍動感のあるデザインに加え、3気筒3B20型エンジンを搭載。フロントデザインをよりシャープにしたデイズハイウェスターには同エンジンのターボ仕様を採用し、優れた走行性能と同時に燃費性能も獲得しています。

「毎日を、昨日までと違う楽しい日々に変えていく」というコンセプトは伊達ではなく、販売目標の4倍というニッサンの軽自動車の中で類のない実績を残しています。

ライバル車のスペック・価格比較

値引きする際の材料としてライバル車を引き合いにだすのは常套手段です。ディーラーで値引き交渉をするときに、ライバル車と比較するだけで価格を下げてくれる可能性がグッと高くなります。

デイズの主なライバル車
  • デイズ

  • ムーブ

  • Nワゴン

ニッサンディーラーとの交渉の際、競合車も検討していることを話題に挙げるのはセオリー。そのため、一般的に車ファンの間でライバルとされている車種についてもリサーチしておくと、ディーラーがよりお得な値引きをしてくれる可能性が高まるのは言わずもがなでしょう。

ライバル車は、日本のトールワゴン市場拡大の一翼を担っているダイハツのムーブ。それまでの軽自動車の主流だった2BOXハッチバックに対して、車内空間、ユーティリティ性、操縦性全てを上回り、スズキのワゴンRと共に新時代を切り開いた軽自動車の雄です。

そしてもう1台はホンダのNワゴン。従来のトールワゴンらしいデザインと実用性を兼ね備え、長らく販売台数で首位を争っていたワゴンRとムーブの間に割って入った次世代トールワゴンなのです。

メーカー・車種名 デイズ ムーブ Nワゴン
車両価格
現行モデル発売日 2015年10月 2016年6月 2016年6月
燃費(km/L)
JC08モード燃費 21.8?25.8 25.6?31.0 24.2?29.4
シフト CVT CVT CVT
駆動方式 フルタイム4WD or FF フルタイム4WD or FF フルタイム4WD or FF
排気量 659 658 658
定員 4名 4名 4名
ドア数 5ドア 5ドア 5ドア
最小回転半径

最新モデルチェンジ情報

デイズのモデルチェンジ情報

2016年7月 特別仕様限定車「X Vセレクション」販売
新グレード「ボレロ」を設定
2015年10月 マイナーチェンジ
2014年12月 特別仕様車「X Vセレクション+セーフティII」」「ハイウェスター Vセレクション+セーフティII」販売
2014年10月 特別仕様車「ハイウェスター Vセレクション+セーフティ」販売
2014年7月 一部改良、特別仕様車「ライダーブラックライン」販売
2013年8月 新グレード「ハイウェイスターGターボ」「ライダー(ハイウェイスター Gターボベース)」を設定
2013年6月 販売開始

2013年に販売を開始したデイズ。2014年7月の改良によりデイズルークスに採用されているバッテリーアシストシステムをFF車の「S」「X」「ハイウェイスターX」「ハイウェイスターG」に搭載し、燃費性能が向上しました。

また、2015年10月のマイナーチェンジにより、条件によってハイビームとロービームが自動的に切り替わる「ハイビームアシスト」を軽自動車として初めて採用し、これまでオプションだったエマージェンシーブレーキ踏み間違い衝突防止アシストなどの安全装備を全グレードに搭載。

パワートレインはエンジンの摩擦抵抗を減らし、NA・4WD車とターボ車に新たにアイドリングストップ機能バッテリーアシストを積んだことで燃費性能がさらに上昇しました。

その後、三菱自動車の燃費不正改ざん問題により一時販売を停止しますが、燃費を修正し2016年7月に生産・販売が再開されています。

ムーブのモデルチェンジ情報

2016年6月 一部改良、新グレード「フロントシートリフト L」を設定
2015年5月 一部改良、全グレードに「SA II」を設定
2014年12月 フルモデルチェンジ

販売以降、5度のフルモデルチェンジ行い、2014年に6代目となったムーブ。

ボディ骨格構造や足回りなど基本部分の改良によって全性能を向上させ、NA車のエンジンには水冷直列3気筒12バルブDOHCエンジン、ターボエンジン車には水冷直列3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボエンジンを採用。

燃費はNA・FF車で31.0km/L、NA・4WD車で27.6km/L、ターボエンジン車ではそれぞれ27.4km/L(FF車)、25.6km/L(4WD)となっています。

また、実用性の部分では後部席が左右で独立しており、前部席のヘッドレストを取って倒せばフルフラット化も可能。ラゲッジルームには床下に大容量深底のアンダーボックスを設置しているため、収納面でも優れています。

グレードはキーレスエントリーなどを装備した「L」や14インチアルミホイールが標準装備された「X」、ターボエンジン搭載の「Xターボ」に、衝突回避支援システム「スマートアシストII」を搭載した「LSAII」I「XSAII」「XターボSAII」の6モデルがあり、それぞれ駆動方式をFFか4WDのどちらかを選ぶことができます。

ニッサンディーラーでデイズの値引き交渉をする際は、ムーブの実用性の高さや安全装備のクオリティーなどを話題に出すと、値引き交渉がスムーズに進むかもしれません。

Nワゴンのモデルチェンジ情報

2015年12月 特別仕様車「G特別仕様車 SSコンフォートパッケージ」「G特別仕様車 SSコンフォートLパッケージ」販売
2015年4月 一部改良、新グレード「G・Lパッケージ」を設定

3車の中で一番後発組のNワゴン。大人気「N」シリーズの第4弾で、前述のムーブとスズキのワゴンRの牙城を崩すべく投入された軽トールワゴンです。

ラインナップは装備を厳選したベーシックモデル「C」、スタンダードの「G」、ターボエンジン搭載「G・ターボパッケージ」や数々の快適装備を備えた「G・Lパッケージ」にそれぞれFF車と4WD車が選べて8種類。

2013年の販売開始以降大きなモデルチェンジはないものの、当初から居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走行性などあらゆる面で高いパフォーマンスを誇っており、1気筒あたり2つのインジェクターを装着するホンダ初の「ツインインジェクションシステム」を採用しているなど、まさに新時代のスタンダードトールワゴンとも言えるクルマでもあります。

デイズとは販売時期が近いため、ニッサンとしてもライバル車として相当意識しているはず。ディーラーでは名前を出すだけでも交渉を有利に運べるでしょう。

ディーラーへ行く前に!下取り車売却のコツ

ライバル車の情報もわかったところで早速ディーラーへ、と思っている方は少々お待ちください。

値引き交渉の際、ディーラーはあなたが現在乗っている車の下取りをすると言ってくることがあります。これは一見便利なサービスのようにも思えますが、ここで提示される下取り額が必ずしも適正だとはいえません。まずは買取り専門店を回って自分の車の正しい価値を知り、その値段をベースに下取り価格と比べましょう。

買取店はディーラーより価格が高くないと商売にならないワケですから、必然的に買取店でもらう下取り額のほうが高くなります。この査定額を新車値引き交渉に入る前に絶対にもらっておき、ディーラーの営業マンが下取りをかってでたら買取店で出してもらった査定額を引き合いにだすことで、下取り額を吊り上げましょう。

また新車の見積もりをもらう場合には、下取り車アリとナシの2パターンを必ずもらいましょう。

このとき「下取り車ナシだと値引き額が少なくなる」と言われることがありますが、これは何らかの下取り車対策金がメーカーから支払われている可能性が高いと考えていいでしょう。

逆に買取り専門店の価格より明らかに高価な場合は、何らかの対策金か、値引き額を下取り車に当てている可能性があります。メーカーから数十万円ほどの下取り車対策金が出ていないかぎり、買取り専門店より異常に高い下取り価格がでることは、車市場の構造上考えられません。そういったトラップに引っかからないためにも、「新車値引き」と「下取り額」はしっかりと分けて商談に挑みましょう。

また、ディーラーは下取り車が入庫するのにかかる期間の値落ちを見越した下取り価格を提示します。対して買取り店は現在の価格を提示してくれるため、当然値落ちを見越しているディーラー下取りよりもいい条件が提示されます。買取店でもらった査定額をディーラーへもって行き、納得のいく金額を出してもらえないようであれば買取店で売ってしまいましょう。

ただ新車購入前に車を買取り店で売ってしまったら、新車が来るまで何に乗ればいいのかと心配なさるかたもいるでしょう。ところが、最近では代車サービスなどもある買取り専門店も多く、そういったサービスを積極的に利用することもできるので安心してください。

さらに、新車からカスタムしたい人や、購入資金に自由度が欲しい場合も買取り店をご利用することをオススメします。下取りとは違い、買取りの場合は現金が手に入るので、一部の現金をカスタム費用に回すなどすればローンを車の分のみで済ませることができます。カーショップのローンより、自動車ローンの方が金利も安い場合が多いので、結果そのほうがお得でしょう。

狙い目のグレードは?

狙い目のグレードは?



デイズのグレードは特別仕様車を除くと、エントリーモデルの「J」、アイドリングストップを搭載した「S」、装備が充実した「X」にスポーティな「ハイウェイスターX」、「ハイウェイスターG」、ターボエンジンを搭載した「ハイウェイスターGターボ」などがあり種類が豊富。どれがいいか迷ってしまう人も多いでしょう。そんな人におすすめのグレードは「ハイウェイスターG」「ハイウェイスターGターボ」

理由は「J」や「S」、「X」よりも「ハイウェイスターG」「ハイウェイスターGターボ」の方が圧倒的に人気だからです。人気が高いと値引きができないと思うかもしれませんが、「ハイウェイスターG」や「ハイウェイスターGターボ」を買って、何年後かに次のクルマに乗り換えたいと思ったとします。すると、人気の高い車は下取り価格が高く、次に買うクルマへの出費を抑えることも…。いわゆるリセールバリューが高いクルマと言えるのです。そう考えると、値引きはあまり受けられないかもしれませんが、売却時に高く売れるグレードを選んだ方が、結果的に得することもあるでしょう。

値引きに入る前、見積もりをもらう際の心得

実際にディーラー・販売店に行ったら新車見積もりをもらいます。ここでは全く値引きしていないものや、ある程度値引きされたものなど、お店、営業マンによって様々です。

まずは無駄なオプションに惑わされないように、付属品はフロアマットだけ、そして車庫証明費用と納車費用のカットを申し出ましょう。

納車費用は自分で営業所まで車を取りに行けばカットできますし、車庫証明費用は自分で車庫証明を取ればカットできます。車庫証明は簡単に最寄の警察署で取れますので、自分で取るようにしましょう。

こうして車両本体価格からいくら値引きしているのかをハッキリさせることで余計なことを考えずに済みます。その後、納得のいくだけの値引きができたらオプションを追加するようにしましょう。

これはライバル車の見積もりをもらう場合も同様です。すべての車を同条件で並べることで、車両本体価格の話にのみ集中すれば惑わされることもありません。

ディーラー・営業マンの思惑を分析

ディーラーの事情

ディーラーは、毎月(または週ごとに)目標販売台数が設定されており、この目標販売台数の達成具合によってメーカーから報奨金が出ます。つまり、もしも後1台で目標販売台数に達するといった状況であれば、いつも以上に値引き額を大きくしてくれる可能性が高くなります。

一方、すでにその月の目標販売台数を達成している場合は、わざわざ値引き額を大きくして販売する必要はありません。この辺りは調べようにも調べられないところなので、運に任せるしかありません。

ただここで押さえておきたいのが、「販売台数」の数え方です。

新車は陸運局で登録されてはじめて販売台数に数えられ、通常、契約から登録(納車)までには2、3週間ほど掛かります(人気車・モデルチェンジ後の車種はそれ以上かかることもあります)。

そこで狙い目となるのが、毎月15日前後です。単純計算して、15日に契約したものは2週間後の月末30日前後に陸運局に登録されるわけですから、その月の販売台数としてギリギリカウントされます。この時期はどのディーラーも目標販売台数が達成しているかどうかのギリギリのラインとなっていることが多いので、その辺りも考えながら契約日を考えましょう!

ただ車種によって納車までにかかる期間が違うので、商談序盤に「もしも購入する事となった場合、契約から納車までどれほど掛かりますか?」と必ず聞いておきましょう。

営業マンの事情

同じディーラーでも、営業マンによって新車の値引額は変わってきます。

ディーラー同様、各営業マンにも毎月ノルマが設定されていますが、すでにノルマが達成している営業マンは無理な値引きに応じる必要がないので、余裕を持って商談を進めてきて値引き額を抑えられる可能性が高いでしょう。

一方、ノルマをまだ達成していない営業マンは大幅の値引きに応じてくれる可能性が非常に高くなります。自分が与えられている値引き額を最大限利用するだけでなく、店長に掛け合って値引き額を上乗せするなどして必死に契約を迫ってくるので期待が持てます。

営業マンの売れ行きは、その人の必死さや年齢(新人であれば当然顧客も少ないのでノルマ達成に苦労している)などから判断しましょう。もちろん、相手も値引きをされないようにこうした態度を隠してきますので、それをどのように引き出すかがポイントです。

ちなみに、各営業マンは自分の判断で値引きできる額がお店のほうから決められている場合があります。当然、新人営業マンはこの値引額が小さく設定されているのですが、最終的には店長の判断で決められた値引額よりさらに下げてくれる可能性があるので、新人営業マンから店長に相談してもらうようにしましょう。

ニッサンデイズの新車値引き交渉術

その1

ライバル車2車種の見積書を用意する

ニッサンディーラーとの値引き交渉では、必ずライバル車2車種の見積書を用意しましょう。そうすることで、購入意欲を示すことができ、またライバル車の見積書があることで、他よりも安くしないとお客様を取られてしまうと危機感を与えることができるのです。

しかし、比較するクルマは多いに越したことはありませんが、見積書をたくさん持っていくのは逆効果となることも。営業マンに面倒な客だと思われる危険性がありますし、どのクルマも決定打がないということで逆に強気にセールスをかけられてしまうパターンもあるようです。

交渉を有利に進めたいのであれば、見積書は1?3車種分程度にとどめましょう。

その2

三菱の燃費不正改ざん問題を突く

デイズは三菱との共同開発によって生み出されたクルマですので、三菱の燃費不正改ざん問題はニッサンにとってもかなり痛手となりました。現在は生産・販売が再開され、燃費も正しい数字に修正されましたが、やはり不信感は拭えないというクルマファンも多いことでしょう。

ですので、値引き交渉の際はこうした弱みを利用して、「他に候補はあるけど、条件次第では購入したい」と伝えれば、いい条件を引き出せるはずです。

その3

デザインの好み(主観)を主張

トールワゴンは実用性を重視した車種が売れ行き好調という傾向にありましたが、その流れを変えたのがデイズです。それまでのトールワゴンとは違った躍動感のあるデザインを取り入れたことによって、今までトールワゴンを避けてきた層を取り込み、別のトールワゴンに乗っていた人でも乗り換えたくなる魅力を兼ね備えていたことが、大ヒットの理由でしょう。

新車を買うときにデザインの好みは購買意欲に大きく影響します。ニッサンディーラーでデイズの値引き交渉をする際は、「他のトールワゴンも見てきたけど、デイズが一番かっこいいね」と伝えるだけで、営業マンの機嫌が良くなり、値引きをしてでも買ってもらいたいと思うかもしれません。

だまされないで!下取り車のカラクリとは?

ディーラーでの下取りは一見合理的で便利なサービスのようにも思えますが、営業マンたちはこれを利用して値引額を抑えようとしてきます。

たとえば総額300万円の車を50万円値引きしてもらい、さらに下取り額が50万円で実際の支払額が200万円になったとします。50万円もの値引きは大きいので、値引き交渉としては大成功といえますが、このような場合、下取り車の金額が10万円ぐらい安く査定され、その分を値引きに回していることがあります。つまり、本来であれば60万円の価値がある車を50万円で下取られてしまったことになります。

仮に300万円から50万円の値引きでディーラーに250万円支払い、それまで乗っていた車は下取りではなく買取り店で正当な価格(60万円)で売っていたとすればさらに10万円得していたということになります。

下取りと値引きは別々に商談しよう

こういったごまかしを回避するには、下取りなしで値引き交渉を行うことです。ディーラーのほうから下取り車の話がでたら、「今乗っているクルマは友人に譲るので、下取りはなしで」と言えば下取り車のない状態で値引き交渉を行えます。

その状態で値引き交渉を行い、納得のいくところまでいったら「やっぱり下取りしてください」と告げましょう。すでに車両本体の値引きは済んでいるので、営業マンも下取り車の値段のみを交渉することになります。ここで提示された下取り額を、事前に買取り店でもらっていた査定額と照らし合わせ、条件のいいほうを選べばお得です。