トクする新車購入術・小技編|中古車買取実績No.1のガリバー

小技 新車購入時の値引き術 トクする新車購入術・小技編

写真:ローンイメージ
ローン 低金利ローンを選べば更にお得!

ついつい、値引き金額ばかりに目が行くが、ローンでクルマを買う場合は値引き金額並みにローンの金利についても検討しよう。通常ディーラーでは、メーカー系のローン会社を紹介してくるが、金利はかなり高い。その次が信販系。そして銀行系というながれで金利は安くなっていく。金利が安ければ安いほど、申し込みや審査が面倒だったりする。

しかし、200万円をローンにして5年払いなんていうと、約8%と約4%の金利とでは5年で約20万円以上支払い総額が変わってくるので、多少面倒でも低金利ローンを選ぶことをオススメする。とくに、高額のローンで長期にわたる場合は、わずか1%の金利でも大きな差になるので、じっくりと支払いシミュレーションをして契約しよう。

写真:下取りイメージ
下取り 買取店に行くのはお早めに!

下取り車の売却は、1~2月にすることが高く売るコツだ。新たに購入するクルマの値引き獲得を目的とするなら2~3月となるのだが、下取り車を高額で買取ってもらうなら、売却は少し早めに行なうのがいいだろう。

中古車の価格というのはオークション相場で決まる。中古車の需要期もほぼ新車と同じ。ただ中古車店の場合はクルマを在庫として店頭に並べなくてはいけないため(仕入れするため)、オークション会場で中古車の価格が上がるのは、需要期の少し前となる1月から。また、オークション相場が下がる3月になると、2月と比べ同じクルマであっても買取り額が10万円以上の差がでることもあるのだ。 愛車の売り時は、需要期の約1ヶ月前と考えよう。

写真:オプションイメージ
オプション メーカーオプションを選ぶと、自動車取得税もアップする

新車購入時に選択できるオプションにはディーラーオプションとメーカーオプションの2通りがある。ディーラーオプションは、オーディオやエアロパーツなど、クルマを買った後でも購入できるものがほとんどだが、メーカーオプションはクルマを製造しているメーカーの工場で装着されるため、新車を買うとき(新車を注文するとき)にしか選ぶことができない。
さらに、メーカーオプションは自動車取得税の対象にもなるので、オプションを装着すればするほど自動車取得税額も上がるということも覚えておこう。レアケースではあるのだが、メーカーオプションを装着したことによって車両重量が1500kg、2000kgを超えたりすると自動車重量税もアップすることがあるので注意が必要だ。

写真:登録費用イメージ
登録費用 車庫証明/納車費用は基本的にカットできる

車庫証明は約1万5千円程度の費用が取られる。自分で手続きをすると、乗用車ならわずか2,500円。2度ほど警察署に行かなくてはならないのが面倒だが、手続きは簡単なので時間があるのなら自分でやってみよう。

納車費用は基本的にディーラーにクルマを取りに行けば必要のない費用。しかし、ディーラーの多くはカットできないと主張する。その理由は、納車費用そのものが最初からディーラーの収益源とされていて、カットすると経費(値引きの一部として社内で処理)とされる場合があり、その分値引きができないのだ。金額もそれほど多くないので、営業マンを困らせるより、ガソリン満タンやディーラーオプションのサービスなどで対応してもらったほうが、結果的にお得だったりする。

写真:在庫車イメージ
在庫車 ディーラー在庫車を狙え!

ディーラーはあらかじめ人気グレード&カラーのクルマをある程度在庫としてもっている。在庫車は、車庫証明などの必要書類が揃えばすぐにでも登録できる。自分が欲しいクルマとそう違いがないのであれば「在庫車でよいので、大幅値引きして!」と直球勝負に出てみよう。在庫車で勝負に出るなら、月末から数えて7営業日程度まで引っ張り商談をまとめたい。

なぜなら、車庫証明にどうしても3~7日程度かかる可能性があるからだ。直球勝負に出ているにもかかわらず「早く決めてください」とか「それほど値引きは変わりません」などと冷めた発言があったのなら、即座に「じゃあ、諦めます」と言おう。そんな冷めた営業マンでは、今後の値引きも期待できないので買うこと自体諦めるのもよい。

写真:値引きイメージ
値引き 月末フェア、最終日の日曜日そして夜は値引きが拡大する

○○フェアなどと、新聞にディーラーの折込チラシがよく入っている。この時期は、販売会社がもっとも力を入れている時期なのだ。当然のことながら、販売会社のお偉いさんがコンピュータの前で受注台数の進捗を鬼の形相で見ている。夕方になると、成績の振るわない店舗には烈火のごとく気合のこもった電話が店長宛に入るもの。

そんな状況下のフェア最終日曜日の夕方ともなると、ノルマをクリアしていない営業マンは涙を流しながら、商談したお客さんに後追いの電話をかけてくる。そんな弱みを持った営業マンなら、大幅値引きのチャンス。じっくりと夜間まで商談して、相手が根負けするまで待とう。最後のひと言「条件が合えば今決めるよ。店長に電話してみたら?」で、大幅値引き獲得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他おすすめページ