海外赴任が決まった時のクルマの扱い

close
海外赴任が決まった時のクルマの取り扱い
そのまま保管する?売却する?

海外赴任が決まった時のクルマの取り扱い

海外赴任が決まった時、どうしたものか困るのがクルマの問題。車買取店などに売るべきか、あるいは不在の間も自分名義で保管しておくか、迷う人が多いようです。また売りたいけど、引っ越しの直前までクルマが必要な場合はどうしたらいいのかと不安な人もいるでしょう。それぞれにピッタリの方法と、必要な手続きをご案内します。また、海外で乗るクルマを探したい、海外で乗っていたクルマを手放したいといった希望や疑問にもお答えします。

1

海外赴任が決まった時の選択肢は3つ

海外赴任が決まった時、日本で乗っているクルマについては「そのまま保管」「一次登録抹消」「売却」の3つの選択肢があります。

そのまま保管のメリット・デメリット

  • 何の手続きも必要ないが、乗っていなくても自動車税がかかる
  • そのまま置いておくのは不用心なので、誰かに管理してもらう必要がある
  • クルマを保管しておくための、駐車場代がかかる
  • いつでも乗れるので、ごく短期の駐在の人におすすめ

一次登録抹消のメリット・デメリット

  • 一時的に廃車にする手続きなので、自動車税が課税されない
  • 管理する人や駐車場代が必要
  • 一時的とはいえ廃車なので、自動車保険の解約や停止手続きが必要

売却のメリット・デメリット

  • クルマを手放すので、管理する人や駐車場、自動車税の支払いが不要
  • 自動車保険を解約・停止したあと、出国前までにクルマの売却を済ませる必要がある
  • 帰国した時、その時の居住地やライフスタイルに合わせた新しいクルマが選べる

見落としがちなのは、クルマは何カ月、何年も放置されると状態が著しく悪くなってしまう点です。
そのため、「そのまま保管」や「一次登録抹消」をする場合は、「帰国した時にまだ乗れるような状態か、乗りたいと思えるか」を考えてみましょう。

2

クルマを売却する場合のポイント

「海外赴任が長くなりそう」「親戚や知人にクルマの管理を依頼するのは難しい」という方は、赴任前にクルマを売却することをおススメします。
クルマを売却する際は、以下の点に注意しましょう。

  • 出国の2週間前までには査定を受ける(書類の不備といったミスに備えるため)
  • 保険の手続きについても買取店に相談し、手続き漏れがないようにする
  • 出国直前までクルマが使えるよう、代車が借りられるお店を選ぶ

赴任前は何かと忙しく、時間がないものです。
ガリバーでは、最短2日でクルマの買取代金をお振り込み可能です。
ご自宅に伺う無料出張査定サービスのほか、一定期間、無料で代車を貸し出すサービスもおこなっております。

更に
差がつく!
「海外で乗るクルマ」もガリバーにお任せ

譲渡所得には最大50万円の特別控除が!

「赴任先でもクルマが必要」という方も多いでしょう。しかし、商習慣が違う国で、外国語で契約をするのは何かと不安なものです。

ガリバーは、アメリカとニュージーランドでもサービスを展開しています。これらの国に赴任する方は、ぜひガリバーにご相談ください。
赴任先で使うクルマ探しはもちろん、日本に帰国する時にはクルマの買い取りもしています。そのため、駐在期間が決まっている方でも、安心してクルマに乗っていただけます。

ガリバーの海外店舗のブログでは各地のクルマ事情に加え、おすすめのイベントやお得な情報もご案内しています。 ぜひご利用ください。