海外赴任が決まった時の車の扱い4つ

0120-22-1616 中古車探しも無料査定も、まずは相談!
海外赴任が決まった時の車の取り扱い
そのまま保管する?売却する?

海外赴任が決まった時の車の取り扱い

海外赴任の時に迷う、日本で乗っていた車の扱い。「保管する」「売却する」「赴任先へ持っていく」「貸す」という4つの選択肢と、それぞれの詳細をご紹介します。

POINT 1

海外赴任が決まった時の選択肢は4つ

海外赴任が決まった時、日本で乗っている車については、以下の4つの選択肢があります。

  • 日本で保管する
  • 売却する
  • 赴任先へ持っていく
  • 知人に貸す

それぞれの手続きやメリット・デメリットをわかりやすく解説します。

1. 日本で保管する

日本で車を保管する方法には2つあります。何もせずにそのまま保管しておく方法と、一時的に車両登録を消し公道を走れない状態にする「一時登録抹消」を行う方法です。
一時登録抹消を行う場合は、陸運局に手数料と書類を提出し、ナンバープレートを返納することになります。

そのまま保管のメリット・デメリット

  • 何の手続きも必要ないが、乗っていなくても自動車税がかかる
  • そのまま置いておくのは不用心なので、誰かに管理してもらう必要がある
  • 車を保管しておくための、駐車場代がかかる
  • いつでも乗れるので、ごく短期の駐在の人におすすめ

一次登録抹消のメリット・デメリット

  • 一時的に廃車にする手続きなので、自動車税が課税されない
  • 管理する人や駐車場代が必要
  • 一時的とはいえ廃車なので、自動車保険の解約や停止手続きが必要

どちらの場合も、帰国後に同じ車に乗り続けることができます。今の車に思い入れがある人にお勧めの方法です。
しかし、何カ月、何年も車を放置すると状態が悪くなってしまいます。保管をする場合は、「帰国した時にまだ乗れるような状態か、乗りたいと思えるか」を考えてみましょう。

2. 売却する

日本で車を売却し、海外で新しい車を購入するというのが2つ目の選択肢です。海外に持っていくのに比べると手間が少なくて済み、保管する管理も不要です。

売却のメリット・デメリット

  • 車を手放すので、管理する人や駐車場、自動車税の支払いが不要
  • 自動車保険を解約・停止したあと、出国前までに車の売却を済ませる必要がある
  • 帰国した時、その時の居住地やライフスタイルに合わせた新しい車が選べる

ただし赴任先や帰国後は別の車に乗ることになるので、今の車に愛着がある人にはお勧めできません。海外と日本を行ったり来たりする人は、帰国時の車の手配について考えておく必要があります。

3. 赴任先へ持っていく

国内の引越と同じように、赴任先に車を持っていくという選択肢もあります。馴染みのある車に乗り続けられる反面、国をまたぐため輸送費用がかかり手続きも煩雑です。

赴任先へ持っていくメリット・デメリット

  • 現地で新たに車を手配せず、慣れた車に乗り続けられる
  • 国によってはハンドルが逆になり、運転が難しくなる
  • 海外への運搬費用に加えて、関税がかかることが多い
  • 赴任先での車両登録など手続きが必要になる

車の持ち込みは「輸入」の扱いになることが多いので、関税やそれに伴う書類手続きに手間がかかります。「今の車に強い愛着があり、当面は帰国の予定もない」という人にはお勧めですが、それ以外の人にはあまりお勧めできる方法ではありません。

4. 知人に貸す

車を日本に残して、その間は知人に貸すという選択肢もあります。車両の名義変更が必要な他、今後のトラブルを避けるために「貸している間に大きなキズをつけた時」「急に帰国することになった時の対応」など、決めごとをしておくと安心でしょう。

知人に貸すメリット・デメリット

  • きちんと管理・メンテナンスしてもらえる
  • 帰国後にまた同じ車に乗ることができる
  • 名義変更手続きや、いざという時の決めごとなどが必要
POINT 2

車を売却する時のポイント

「海外赴任が長くなりそう」「親戚や知人に車の管理を依頼するのは難しい」という方は、赴任前に車を売却することをおススメします。
車を売却する際は、以下の点に注意しましょう。

  • 出国の2週間前までには査定を受ける(書類の不備といったミスに備えるため)
  • 保険の手続きについても買取店に相談し、手続き漏れがないようにする
  • 出国直前まで車が使えるよう、代車が借りられるお店を選ぶ

赴任前は何かと忙しく、時間がないものです。
ガリバーでは、最短2日で車の買取代金をお振り込み可能です。
ご自宅に伺う無料出張査定サービスのほか、一定期間、無料で代車を貸し出すサービスもおこなっております。

  • 代車の数には限りがございます。利用状況によっては貸出しできない場合がございますので詳しくはスタッフにご確認ください。

更に
差がつく!
「海外で乗る車」もガリバーにお任せ

譲渡所得には最大50万円の特別控除が!

「赴任先でも車が必要」という方も多いでしょう。しかし、商習慣が違う国で、外国語で契約をするのは何かと不安なものです。

ガリバーは、アメリカとオーストラリアでもサービスを展開しています。これらの国に赴任する方は、ぜひガリバーにご相談ください。 赴任先で使う車探しはもちろん、日本に帰国する時には車の買取りもしています。駐在期間が決まっている方でも、安心して車に乗っていただけます。

車の相談、購入、手続きなど全て日本語でご相談いただけますので、お気軽にご利用ください。