新車購入「絶対得する」セールストーク対応マニュアル

中古車のことならガリバー【公式】
お気に入り
お気に入り0件
現在、お気に入りに登録されているおクルマはございません。

お気に入りに登録すると、あなただけのお気に入りのクルマリストでいつでも簡単に比較ができるようになります。※「お気に入り」の登録を可能にするためにCookie機能を有効にしてください。

検索履歴
検索履歴

直近で閲覧されたクルマ

閲覧履歴がありません

クルマを探す

検索履歴

検索履歴がありません

クルマを探す
0120-22-1616

中古車探し・無料査定のご相談

新車購入セールストーク対応マニュアル新車購入セールストーク対応マニュアル

新車購入セールストーク対応マニュアル

「今日決めてくれるなら30万円引き…」そんなセールストークに惑わされない為のマニュアルです。3月末の登録期限ギリギリであるなど、よほどのことがない限り、翌日以降でも同じ値引きが出る。検討している競合の話はしましたか?購入へのハードルがいくつかあることなど、じっくり交渉すれば「今日だけ」に近い金額が出るものです。

今日決めてくれるなら30万円引き、明日以降だと30万円引きはできません

今日決めて欲しいというのはセールスマンの常套句と言っていい。そんなに契約をあせらせるのではなく、じっくり考えた上で契約を結ばせたほうが良いと思うが、セールスマンの立場からするとなかなかそうはいかないようだ。なので「今日ならこの値引き」といった言い方をするが、よほどのことがない限り、翌日以降でも同じ値引きが出る。だからあせって契約してはいけない。

買う側としては「とにかく最高の値引きを出して欲しい。その値引きを見た上で、ほかのクルマとも比較して決める」という立場をはっきりさせること。競合のネタに使われるだけでは嫌とばかりに、抑えた値引き額しか提示されないこともあるが、それはそれとしてほかのクルマの値引き額と比べた上で、改めて交渉すれば、その交渉日にも「今日決めるならこの値引き」という金額が出てくる。

本当にその日でないとダメなケースはごく例外的で、その日に決めないと決算月である3月中の納車が間に合わなくなるとか、あるいは早く売りたい長期在庫車が売り切れてしまうケースなどがある程度。そんなケースであっても、後でじっくり交渉すれば近い金額が出るのが普通だ。


車査定前にチェックしたいおすすめ情報

TOP