車の売却手続きに必要な書類

0120-22-1616 中古車探しも無料査定も、まずは相談!
車の売却手続きに必要な書類

チェックリストで確認! 車の売却手続きに必要な書類一覧と入手方法

まとめ

  • 普通自動車と軽自動車では必要書類は異なる
  • 車検証、自賠責保険証、納税証明書が見当たらない場合は再発行を
  • 結婚や引越しで住所氏名が変わっている場合には追加書類が必要に

必要書類のチェックリスト

  • 普通自動車の場合

    お客様にご用意いただく書類
    • 自動車検査証(現住所、氏名をご確認ください)
    • 印鑑登録証明書(発行後1ヶ月以内のもの×2通)
    • 自賠責保険証明書
    • 自動車納税証明書(有効期限をご確認ください)
    • 実印
    • 振込口座情報
    • リサイクル券(預託済みの場合)
    • 自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が違う場合は、以下も必要になります。
      住所変更が一度あった場合:住民票
      住所変更を複数回経た場合:戸籍の附票または住民票の除票
      ご結婚などで姓が変わっている場合:戸籍謄本
    店舗で作成する書類
    • 譲渡証明書
    • 委任状
  • 軽自動車の場合

    お客様にご用意いただく書類
    • 自動車検査証(現住所、氏名をご確認ください)
    • 自賠責保険証明書
    • 軽自動車納税証明書(有効期限をご確認ください)
    • 印鑑(認印可)
    • 振込口座情報
    • リサイクル券(預託済みの場合)
    店舗で作成する書類
    • 自動車検査証記入申請書

車を売るために必須の書類は上記です。
自動車検査証や自賠責保険証明書は携帯が必須であるため、基本的には車のダッシュボードに入れてあるはずです。もし紛失している場合は再発行の手続きが必要です。

なお、車検が切れている場合でも、車を売ることは可能です。
ただし車検が切れている車を公道で運転すると法律違反になってしまうので、買取店に運転していくことはできません。車検切れの車を売る場合は、出張での買取ができる業者に買取に来てもらうことをおすすめします。ガリバーでも出張査定を承っております。

必須書類の他に、整備手帳、取り扱い説明書、スペアキー、取り外した純正品などがあれば用意しておきましょう。査定額のアップにもつながります。

役所で発行してもらう書類

以下の書類については、役所等で発行してもらう必要があります。

  • 【普通自動車売却の場合に必ず必要】
  • 印鑑登録証明書(2通)

住民票と印鑑登録証明書は、マイナンバーカードがあればコンビニ等で取得することもできます。

手元にあるはずの書類

以下の書類については、車の購入時や納税時に受け取っている書類であり、基本的には手元にあるはずです。

  • 車検証(自動車検査証)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券

「まとめてダッシュボードに入っていた」という場合も多いので、まずは手元にある書類を確認してみてください。もし見当たらない場合には再発行が必要ですので、以下のように再発行手続きを進めましょう。

Check! 必要書類が見当たらない場合の、再発行の方法

【車検証(自動車検査証)】
自動車登録手続きをした陸運局で再発行してもらえます。手続きには、申請書類代と手数料がかかります。

【自賠責保険証明書】
加入している保険会社に依頼すれば、再発行してもらえます。無料であることが多いですが、免許証など本人確認書類が求められることが多いです。

【自動車税納税証明書】
普通自動車の場合は管轄の都道府県税事務所で、軽自動車の場合は市区町村の窓口で、無料で再発行してもらえます。

【リサイクル券】
再発行はできませんが、「自動車リサイクル料金の預託状況」の確認画面で代用できます。自分の車の登録状況を検索し、当該ページを印刷してください。

ガリバーのお店でも、必要な書類や再発行の方法をご案内しております。お電話でも相談を承っていますので、お気軽にご相談ください。

  • icn-telephone
    スマートカーライフプランナーに相談する
    0120-22-1616

注意が必要な売却のケース

車の売却においては、車検証に書かれている情報が非常に重要になります。そのため、以下のように氏名や住所が変わっている場合、また車検証に書かれた所有者と売却手続きをする人が異なる場合には注意が必要です。

引越で住所が変わった場合

引越により車検証に書かれた住所と現住所が異なる場合には、追加で以下のような書類を用意する必要があります。

  • 住所変更が一度あった場合:住民票
  • 住所変更を複数回経た場合:戸籍の附票または住民票の除票

車検証に書かれた住所が印鑑証明書の住所と同じであるか、予め確認しておきましょう。

結婚等で氏名が変わった場合

結婚等で氏名が変わった場合には、変更前後の氏名が確認できるように、追加で以下の書類を用意する必要があります。

  • 戸籍謄本

戸籍謄本は取得に時間がかかることがあるので、早めに手配することをお勧めします。

持ち主死亡にともなう家族による売却(相続手続き)

所有者が亡くなった車を売却する場合、家族構成や現在の遺産配分状態によって必要書類が異なります。相続なのか遺贈なのか、遺言執行人がいるのかなど個々のケースに合わせた必要書類をご案内しますので、お電話でご相談ください。

  • icn-telephone
    スマートカーライフプランナーに相談する
    0120-22-1616

必要な手続きと代行サービス

車を売却することになったら、移転登録(車の名義変更)という手続きが必要になります。
移転登録は、以下のような流れで進みます。

  1. 必要書類・費用の準備する(旧所有者・新所有者の委任状など)
  2. 管轄の運輸支局に必要費用を添えて書類を提出
  3. 新しい車検証の交付を受ける
  4. 自動車税・環境性能割申告書を提出し、環境性能割が課税される場合は支払い
  5. ナンバーを返却し、新しいナンバーの交付を受ける(※必要な場合)

ガリバーで車を売却していただいた場合、上記のような手続きは全て代行可能です。
お客様が運輸支局に足を運ばなくてよいため、忙しいお客様に好評のサービスです。手続き代行をご依頼の方は、まずは愛車の無料査定をお願いいたします。

もし車を個人間で売買する場合は、上記の手続きを自分で行う必要があります。また、手続きに必要な書類も増え、手間がかかりますので注意してください。

さらに
差がつく!
ガリバーならその他のサービスも充実

ガリバーでは、移転手続きの代行サービスの他にも、様々なサービスをご用意しています。

【代車無料サービス】
車は1日でも早く手放した方が高く売れます。しかし中には、次の車が納車されるまでに少し時間があるというお客様もいらっしゃいます。
「納車までの間、車が無いと困る」というお客様のために、ガリバーでは代車を無料で一定期間お貸ししております。

  • 代車の数には限りがございます。利用状況によっては貸出しできない場合がございますので詳しくはスタッフにご確認ください。

【ローン残債サービス】
「車を売りたいけど、まだローンが残っている」という方のためにご用意しているのがローン残債サービスです。ローン残債があると煩雑になる車売却手続き・ローン返済手続きをガリバーがまとめて引き受けます。
売却額の方がローン残債よりも大きい場合は、差額をお客様にお支払いしています。
逆にローン残債の方が売却額より大きい場合は、その場で差額をお支払いいただく方法の他に、差額分をローンで返済する方法もご用意しています。

図:ローン残債額より、買い取り額が少ない場合

その他にも、お客様がスムーズに車を売却したり買い替えたりできるよう、ガリバーでは様々なサービスをご用意しております。まずはお気軽にご相談ください。