クルマ一括査定の仕組みとメリット・デメリット

車の一括査定の注意点とデメリット

事前確認で安心! 車の一括査定の注意点とデメリット

更新日:2022/01/24

1回の入力で複数の見積もりができる一括査定。便利な反面、デメリットもありますので、注意点やトラブルの対処法を確認して最適な方法を選びましょう。

POINT 1

車の一括査定とは?仕組みと流れ

普通の査定と一括査定の違い

一括査定とは、1つのサイトに車の情報を入力するだけで、複数の中古車買取会社に見積もりを依頼することができるサービスです。 複数の買取会社に見積もり依頼をする作業を1回で済ませることができ、各社の大まかな査定額がメールや電話で届きます。

一括査定の流れ

一般に、一括査定は以下のような流れで進みます。

  1. 入力フォームに、車種名、年式、走行距離など売りたい車の情報と、氏名、電話番号など個人情報を入力して送信
  2. 各社から電話やメールで連絡が来るので、大まかな見積金額を聞く
  3. 提案があった会社から何社か選び、詳しい車の査定を受ける
  4. 査定金額に納得ができたら車の売却手続きをする

査定は一社だけにお願いしても、何社かにお願いしても構いません。一般的に、査定士が自宅まで来てくれる出張査定が多いです。ガリバーのように全国に展開している買取店であれば、自分でお店に出向いて査定を受けることもできます。

査定金額に納得しても、その場ですぐに手放さなければいけない訳ではありません。「この日までは手放せない」など条件がある場合は査定士にそれを伝えた上で、売却契約に書かれる引き渡し期限もしっかりと確認しておきましょう。

POINT 2

一括査定のメリット・デメリットと注意点

一括査定は便利な反面、デメリットもあります。

メリット
  • 一度の情報入力で複数の見積もりが手に入る
  • 相場以上に安く買い取ろうとする悪徳業者に騙されにくくなる
デメリット
  • 想像以上に多くの電話がかかってくることがある
  • 電話やメールで分かるのは大まかな相場金額のみ
  • レアケースを除き、各社の査定額は殆ど差がない
  • 業者の対応エリア外の申し込みには、見積りを出してもらえないこともある
  • 一社だけに査定を依頼する時よりも、幅広い個人情報の入力を求められることが多い

このようなメリット・デメリットがあるため、一括査定を利用するなら、多くの電話を受けられる時間帯を選び、個人情報の入力項目が少ないサイトを選ぶと良いでしょう。
「電話が何件もかかってくるのはちょっと…」という方は一括査定を使わず、買取店に個別に査定を依頼するという選択肢もあります。その場合、査定額が妥当なのか判断するために事前に買取相場を確認しておくと安心です。 ガリバーでも買取相場を公開しており、会員登録や個人情報入力も不要なので、参考にしてみてください。

よくあるトラブル事例と対処法

一括査定で多いトラブルが二重契約です。査定をしてもらって売却契約した後で、他のお店がより高い買取金額を提案してきた場合などに二重契約してしまうケースが多いようです。

契約後の売却キャンセルは、キャンセル料が請求されることもあります。「うっかり」「キャンセルできるだろうと思って」と二重契約する前に、しっかりと確認するようにしましょう。なおガリバーは、車を引き渡した次の日までは売却契約をキャンセルできるのでご安心ください。

POINT 3

一括査定を使わずに高く売る方

買取相場を確認すれば、一括査定を使わなくても妥当な買取価格が分かります。
その上で高く買い取ることができる「仕組み」を持ったお店を選べば、何社も比較しなくても、高い価格で車を売却することができるのです。

高く買い取ることができる「仕組み」には、以下のようなものがあります。

  • 買い取った車を、確実に売却できるルートを持っているお店
  • 査定の腕に自信があるため「売れる上限価格」で買い取ることができる、中古車専業のお店
  • 同じ車をより人気のある地域で販売することができる、全国チェーン店
  • 車庫代など管理費をカットするため、在庫を持ちすぎないように工夫しているお店

ガリバーには全国約480の店舗に加え、国内に多くの販売ネットワークがあります。 また在庫管理を徹底し、店舗での販売に適さない車は業者向けオークションで売却しています。このような取り組みで管理コストを押さえ、その分をお客様の車の買取価格に還元しているのです。