車の買い替え時期とタイミングはいつがベスト?|中古車買取実績No.1のガリバー

ローンが残っている車も乗り換えられる! 乗り換えの基礎知識 車の買い替え時期とタイミングはいつがベスト?

「今のクルマにいつまで乗り続けよう。」「車検を迎える3年目、5年目が良いと聞くけど本当?」ガリバーのお店やコールセンターにも、そんな相談にいらっしゃるお客様が少なくありません。どうせ乗り換えるなら、お得なタイミング、賢いタイミングを選びたいもの。「クルマの調子が悪くなったら考えよう」では、下取り価格が二束三文にしかならず、実は損をしてしまうことも結構多いのです。

チェックすべきは
車検、保証、リセールバリュー、ライフスタイルの4つ!

お得で賢い乗り換えを考えるなら、まず押さえておきたいのが以下の4つのポイントです。

1. 車検のタイミング

3. リセールバリュー

2. 保証期間、修理・メンテナンス費

4. ライフイベントの変化

3つ目のリセールバリューという言葉は、馴染みがない人もいるかもしれません。これは、今のクルマを中古車として売却した時に、いくらで買い取ってもらえるのかという価値を指す言葉。一般的に、購入から期間が経つほどにリセールバリューは下がるので、このタイミングの見極めが非常に重要で、しかし難しいのです。

購入後の年数別!チェックすべきポイント

そこでここからは、新車を購入してからの年数別に、乗り換え時かどうか判断するポイントをご紹介していきます。

3年目 リセールバリューが高い場合は乗り換え検討を!

新車で購入した場合、最初の車検が来るのがこの3年目。また国産車メーカーの一般保証も、3年で終了するのが一般的です。ですので、購入してから3年目が、乗り換えるのか、そのまま乗り続けるのかを考えるべき最初のタイミングです。

とはいえ、一般保証の終了については、それほど気にしなくていいでしょう。一般保証が終わっても特別保証は続いており、「走る、曲がる、止まる」といったクルマの基本性能に影響するエンジンや、安全性を確保するのに重要なシートベルトのような部品については特別保証でカバーされます。一般保証でしかカバーされていないのはエアコンやナビ、オーディオのようなものですが、万が一故障し、自費で修理しても、修理費もそれほど高額になりません。

ですので、この3年目の段階で注目すべきは、リセールバリューです。3年で乗り換えというと「もったいない」と感じる人もいることでしょう。しかしこのタイミングでリセールバリューも大きく動くことがあるため、うっかり時期を間違えると知らず知らずのうちに損をしてしまうかもしれないのです。

リセールバリューが高い場合は乗り換え検討を!

リセールバリューはメーカーや車種によって大きく異なりますが、特に注目すべきは、今乗っているモデルに、その後に続く新型が出ていない場合。この場合はリセールバリューが高いのでぜひチェックしておきましょう。というのも、次のモデルが出ていないということは、そのクルマは「最新型」であるということ。最新型は中古車市場においては人気があり、しかも入荷数が少ないため、高値で買い取ってもらえる可能性が高いのです。

特に、今のクルマを購入したのが、新型になった直後だった場合は要チェックです。なぜなら、車検や保証のタイミングに合わせて3年目で乗り換える人が一定数いるため、新型が発売されてから3~4年程度経つと、リセールバリューがぐっと下がる、つまり買取価格がぐっと下がってしまうことがあるからです。裏を返せば、そうなる前に今の車を売却すると、かなりの高値で買い取ってもらえる可能性が高いです。

新型が発売されているか否か以外にも、他のクルマのモデルチェンジ、人気の移り変わりなどにより、リセールバリューは大きく入れ替わります。例えばアクアの買い取り価格は、ライバルであるフィットハイブリットが登場したことで約20万円も下がりました。

もちろん急いで乗り換える必要はありません。しかし一度は今のリセールバリューの査定を受け、中古車として売却した場合の買い取り価格を知っておくと、賢い判断ができるでしょう。買い取り価格だけでなく、ライバルの動きなども教えてもらえるため、今が買い替えのタイミングなのか、アドバイスをもらうこともできます。

5年目 乗り続ける場合は延長保証を申し込むことも考えて

3年目を過ぎてからしばらく、中古車としての買い取り価格の下落が小さい期間が続きます。つまり、売却が遅れても、あまり損をしない期間です。そのため、次に乗り換えを考えるべきタイミングは5年目。

購入から5年が過ぎると、国産車に付けられていた一般保証が終了します。この一般保証がカバーしているのは、エンジンのような、クルマの基本性能である「走る、曲がる、止まる」に関連する部分や、シートベルトのような重要な安全装置。故障してしまうと日常の利用に差し障りますし、修理をする際の費用もかなり高額になる場合があります。

ですので、今のクルマに乗り続ける方向で検討するなら、まずは一般保証が延長できるような制度がないか確認してみましょう。一般保証が延長できるような制度がない場合は、定期的なメンテナンスを検討してみましょう。クルマのメンテナンスは、いわば人間ドックと同じ。定期的にチェックをして、早期にトラブルを発見するのが、結果としては一番お得です。

最終的には、延長保証制度やメンテナンスに掛かる費用を、クルマ買い替えのメリットおよびコストと比較して決めるのがいいでしょう。乗り換えのメリットは、新しいクルマに乗れる「ウキウキ」「ワクワク」だけではありません。最近のクルマは多くの場合、燃費性能が高いため、燃料代が安くなる可能性が高いです。また、その時の家族構成やライフスタイルに合ったクルマを選べるため、大きすぎて駐車しにくかったり、小さすぎて車内で窮屈な思いをしたりしなくて済むようになります。

もう一方の買い替えのコストは、言うまでもなく「新車の価格 - 今のクルマの売却価格」。5年経つと、どの車種も一度はモデルチェンジをしていることが多く、ここから先のリセールバリューは下がる一方です。ですので、今の車の査定を受けてみて、納得できる金額なら、買い替えのコストを算出してみましょう。

7年目 乗りつぶすか否かの分かれ道

3回目の車検を迎えるのが7年目。この7年目が、今のクルマを乗りつぶすのか、どこかで乗り換えるのかの分かれ道になります。

この7年目を過ぎても乗り続けることを考えるのなら、修理や故障による突発的な出費を覚悟する必要があるでしょう。せっかく車検を受けたのに、その直後の故障や修理が高額になってクルマを手放すことになったら、大きな損。それを避けるためにも、乗り続けるなら、3回目の車検の際にぜひ手厚い整備をしてもらってください。

乗りつぶすか否かの分かれ道

乗り換えも視野に入れて考えるなら、これが最後のタイミング。これを過ぎると、望んでいるような価格で買い取ってもらえない可能性が出てきます。というのも、日本で乗られていたクルマは状態が良く、「まだまだ乗れる」「寿命が長い」中古車として高く評価されているのですが、初年度登録から7年を過ぎると、安全性能の観点から輸入制限が掛かる国があるのです。特にミニバンはその典型。逆にディーゼル車やトヨタのランドクルーザーなどは、7年を過ぎてもまだまだ需要があります。

また7年経つと、その間にクルマの装備類も大きく変わっています。安全装備一つとっても。エアバッグしかなかった車に横滑り防止装置が付き、緊急自動ブレーキが付き、今やアクティブクルーズコントロールが付くようになりました。こういった、後付けできない装備が手に入るのも、乗り換えのメリットです。

ですので、7年目を迎える人は、買い替えを考える人はもちろん、乗り続けたい人もぜひ一度、査定を受けて今のクルマのリセールバリューを把握しておきましょう。その上で、その金額に納得できればすぐに売却を、納得できなければ、車検やメンテナンスの費用も踏まえながら乗りつぶすのか検討するのが良いのではないでしょうか。

13年目 13年を超えると自動車税の割り増しに

2015年5月から13年を超えた低年式車の自動車税が増税となっていますので、この点をご注意いただき、下記の記事を参考にしてみてください。

とはいえ、ここまで長いおつきあいを続けられたということは、その車が大好きだという証です。増税だろうと気にせず、大切に乗り続けていただくのも良いでしょう。気になるのは税金のことよりも部品供給がされているかと、修理にお金だけでなく時間もかかるため、そのあたりをお忘れなく。
「旧車」としての価値が出るのはまだ先ですが、愛車との時間を楽しんでくださいね。

走行距離と部品交換から考える乗り換えタイミング

さて、乗りつぶすと決めた人は、「走行距離が何kmくらいになったら廃車にしようか」と考えるのではないでしょうか。走行距離の目安としては、軽自動車は8万km、普通自動車は10万kmといわれています。メンテナンスをすればまだまだ乗れますが、クルマの足回りが真っ先にガタガタになるという人が多いようです。

意外に短いと思う人もいることでしょう。実際、このくらいの距離に達するまでは、車検を除くメンテナンス費用はほとんど発生しなかったという話もよく聞きます。それが、この距離を超えると、不思議なほどにいろんな部品の修理が増えてくるのです。それぞれは3~5万円程度で済むものが大半ですが、一つ二つと増えていくと、負担に感じて乗り換える人が多いようです。

ライフステージの変化で乗り換えるなら、
その時々に合わせた車種や状態のものを

3年、5年、7年といったタイミングのほか、子どもが生まれた、転勤したといった家族構成やライフスタイルの変化によって、急にクルマの乗り換えを検討する必要に迫られることもあるでしょう。

特に、子どもの成長は思っている以上に早く、赤ん坊、幼児、小学生、中高生と、数年の間にもクルマに求められるものが大きく変わってきます。例えば赤ん坊のうちは、ベビーカーが乗せられる天井の高さと、乗り降りしやすい自動スライドドアがあると嬉しいです。子どもがもっと大きくなったら、家族でレジャーに出かけられる四輪駆動のSUVで、荷物スペースも広いものが良いでしょう。

まずは今のライフスタイルをもとに、クルマに求めるものを考えてみましょう。

車検や保証のタイミングで乗り換えを考える場合、どのタイミングにせよ、リセールバリューが分からないと決めにくいでしょう。またライフステージの変化から乗り換えを考える場合も、今のクルマを売ったらいくらになるかで、次のクルマの予算も変わってきます。ガリバーなら、今の売却価格が分かるのは当たり前のこと、今買ったらお得な車種や、メーカーによる特徴の違いなども相談できるので、まずはお気軽にお問合せください。