車買い替えとローン残債の手続き

close
乗り換えの基礎知識 ローンが残っている車も乗り換えられる! 必要な書類や手続きとは

乗り換えの基礎知識 ローンが残っている車も乗り換えられる!
必要な書類や手続きとは

好きなクルマのモデルチェンジや、ライフスタイルの変化など、クルマを買い替えたいと思う理由は人それぞれです。「そんな時に限ってローンが残っていて、クルマを買い替えられるか不安…」という方も安心してください。ローンがあってもクルマを買い替える方法はあります。加えて、月々の負担をラクにする方法もあるのです。

まずは車検証の「所有者の氏名又は名称」をチェック

ローンが残っている場合、クルマをお店ですぐに売れるケースと、残ったローンを全て返済しないと売却できないケースの2つがあります。

そのどちらに当てはまるかを確認するには、車検証の「所有者の氏名又は名称」という欄をチェックしてみてください。

所有者の氏名又は名称が個人名義の場合

「所有者の氏名又は名称」が個人の名義、つまりあなた自身の名前になっている場合、クルマの所有権はあなたにあることを示しています。
しかし、ローンを組んでクルマを購入した場合、「所有者の氏名又は名称」があなたの名義となっていても、信販会社がクルマの所有権を留保しているのが一般的です。

信販会社の所有権留保とは、ローンを組んだ名義人の支払いが滞ってしまった場合に、信販会社がクルマを売ることができる権利を残しているという意味です。
つまり、クルマを担保にしているということになります。
信販会社が所有権を留保している場合、名義人であっても勝手にクルマを売ることができません。

そのため、クルマの名義があなた個人になっていたとしても、ローンを組んでいるのなら、信販会社が所有権を留保していないか問い合わせてみましょう。
あわせて、クルマを売ろうと思っていること、売ったお金を残債の返済に充てようと思っていることを相談しておきましょう。
ローンが完済できれば、所有権の留保を解除することが可能です。
この相談をあらかじめ信販会社にしておけば、査定がスムーズに進みます。

所有者の氏名又は名称が信販会社やメーカー、ディーラーの場合

車検証に書かれた「所有者の氏名又は名称」が信販会社やメーカー、ディーラーになっている場合も同様です。
この場合、ローンが完済するまで、クルマが自分のものにならないということを示しています。
信販会社が所有権を留保している時と同じく、勝手に売却することはできません。

しかし、この場合でも、ローンが完済できれば所有権の解除をすることができます。
「所有者の氏名又は名称」に信販会社やメーカー、ディーラーの名前が記載されている場合も、あらかじめ、クルマの売却を考えていることを相談しておきましょう。

その① 今のクルマを売却することで残りのローンを完済できる場合

ローンを完済できる場合

残ったローン(残債額)を査定額が上回る場合、査定額でローンを完済することができます。
ローンを完済してしまえば、所有権解除ができます。
「所有者の氏名又は名称」があなたの名前ではない場合、名義変更したあとでクルマを売却するという流れになります。

その② 今のクルマを売却してもローンが残ってしまう場合

その② 今のクルマを売却してもローンが残ってしまう場合

残ったローンが査定額を上回ってしまう場合は、査定額だけではローンを完済できません。
売却するにはローンを完済する必要があるため、残りを自費で支払う必要があります。
図の例だと、20万円を自分で支払えば、今のクルマを売却でき、かつ、ローンを完済することができます。

とはいえ、足りない金額をすぐに支払うのは難しいものです。
そんな方のために、ガリバーでは「プラスローン」というサービスをご用意しています。
この「プラスローン」は、残ったローンと新しいクルマの購入代金をひとまとめにすることができるローンです。
「ローンは残っているけど、クルマを買い替えたい」という人におススメです。

ガリバーなら、ブランドやメーカーをまたいでクルマが選べます。中古車は、新車と比べてリーズナブルに購入できるというメリットもあります。
同じ予算でも、中古車なら選べるクルマの範囲も広がり、ライフスタイルや用途に合ったクルマを購入できます。

こんな方にもオススメ!
  • ローンが残っているけど
    クルマを買い替えたい
  • 今のローンを完済しないと
    ローンが組めない
  • 乗換えでローンを組み直し、
    支払いの負担を軽減したい
プラスローンの仕組み
プラスローンの仕組み

ローン返済中のクルマを売却して、
ローン残債と新しく購入する代金をまとめてお支払いただける画期的なローンです。

所有権解除とは?手続きはどのように行うのか?

ローンがあってもクルマが売れることは分かっても、「所有権の解除」など、手続きは何かと難しいものです。
「所有権の解除」とは、現在「所有者の氏名又は名称」に記載されている所有者から、自分の名前に変更することを指します。
手続きには、以下のような書類が必要です。

  • 売却する本人の用意が必要な書類

    • 印鑑証明書(自分の印鑑証明)
    • 自動車税納税証明書
    • 印鑑
    • 車検証
    • 申請書
    • 手数料納付書
  • 所有者に用意をお願いする書類

    • 印鑑証明書(所有者の印鑑証明)
    • 譲渡証明書
    • 委任状

これらを陸運局(運輸局・支局)に持っていき、自動車の所有権解除手続きと車の名義変更手続きを同時に行います。

しかし、自分で手続きをするのは面倒だと感じる方も多いでしょう。
お金が絡む複雑な手続きでもあるため、手続きを代行してくれるお店を選ぶことをおススメします。

査定は必ず買取店へクルマをどこに売却するかによって、お金の使い道を自由に決められるかどうかが変わります。
ディーラーに下取りをしてもらうと、次に購入するクルマの頭金に充てられてしまいます。
下取り自体、買取店よりも査定額が低くなる傾向にあり、損をしてしまう恐れも高まります。

中古車専門の買取店に売却すれば、手に入ったお金の使途は自由です。
もちろん新車を買うのにも使えるほか、中古車を購入することもできます。貯金をするのも、家族旅行に使うのも自由です。
ディーラーの下取りよりも、買取店の方が高値をつけてくれる傾向にあるのも、買取店をおススメする理由です。

このように、ローンが残っていても、クルマを売却することができます。
ディーラーではなく買取店を選べば、高い金額で買い取ってもらえる可能性が高いだけでなく、手に入ったお金も自由に使えます。

「今クルマを売るべきなのか、それとも乗り続けるべきなのか」それを判断するためにも、まずは査定を受けてみることをおススメします。

乗り換えのおクルマをお探しの方は、気軽に相談できるチャットサービスもぜひ活用してみてください。