ホンダの買取・査定相場

close

ホンダの車買取相場

ホンダの中古車買取相場情報をご紹介します。ホンダの人気車種の査定買取の相場動向や、車種別の価格がチェックできます。
査定情報は毎月更新しています。愛車の売却時期が近づいたら、いつもでガリバーの査定をご利用ください。

  • ガリバーが査定をオススメする買取で人気の中古車をボディータイプ別にランキング形式で紹介します。

ホンダの人気買取車ランキングベスト10の買取相場は?

ホンダの買取相場の特徴

  • ミニバンからコンパクト・軽自動車に販売の中心が移行中
  • N-BOXシリーズは中古車相場高めの水準で推移

本田宗一郎が設立した自動車メーカーで、当初は本田技術研究所として1946年に設立され、その後1948年に本田技研工業が設立された。オートバイの生産から始め、現在では自動車、航空機、汎用製品(芝刈機、除雪機、耕運機)などを生産している。

モータースポーツとの関係が深いメーカー

創業者の「レースは走る実験室」という言葉通り、ホンダは2輪や4輪問わず、モータースポーツに深く関わってきた日本では数少ないメーカーだ。ホンダが世界最高峰のモータースポーツであるF1に参戦したのは1964年。初優勝したのは、なんと翌年の1965年。「RA272」と呼ばれるマシンで初優勝した。このマシンは水冷48バルブV12エンジンで230馬力をアプトプットし、抜群の加速性能を誇った。F1参戦から2年目で初優勝したホンダの技術力は、世界の自動車メーカーに強烈なインパクトを与えた。

創業者は「勝っておごることなく、勝った原因を追求して、その技術を新車にもどしどし入れていきたい」とし、その後のホンダ車には、数々のレーシングテクノロジーが投入されていく。こうした経緯もあり、スポーツカー生産にも積極的だった。歴史的な名車となったS500やS600を始め、NSXやS2000、S660など数多くの名車を生産。多くのホンダファンを生み出した。

ホンダは、優れた実用車を開発するメーカーという側面ももつ。ホンダ初の量産軽自動車N360、シビック、アコードなどと車種ラインナップを広げた後、1994年にミニバンのオデッセイを発売。このオデッセイは、経営危機にあったホンダを一瞬で復活させるほど売れた。その後、ホンダはステップワゴンやモビリオ、エリシオン、フリードなど、ミニバンの販売比率の高いメーカーになっていく。

転機となった本気の軽自動車「Nシリーズ」

直近でホンダにとって大きな転機となったのが、2011年に投入された新型軽自動車Nシリーズ。このNシリーズは、ホンダの危機感から生まれたモデル。当時、超円高に悩んでいたホンダは、海外生産にシフトする中で中心となる工場である鈴鹿製作所が維持できない状況になった。そこで、円高に左右されない国内専用車である軽自動車に注目。売れる軽自動車を開発し、鈴鹿製作所で生産することで鈴鹿製作所の維持を狙った。そんな想いから生まれたNシリーズの第1弾となるN-BOXは大ヒットモデルとなる。

軽自動車やミニバン、SUVが高値買取り傾向にあるホンダ

軽自動車やミニバンが販売の中心ということもあり、ホンダ車はこうしたモデルのリセールバリューが高い傾向にある。大ヒットモデルのN-BOXも流通量が多い割には、中古車価格も下落しないので、高査定が期待できる。同様に、ミニバン系ではオデッセイやステップワゴン、フリードなども高価買取が期待できる。

最近ではSUVの人気が高いこともあり、コンパクトカーSUVのヴェゼルの販売が好調。中古車でも人気が高く、ヴェゼルも高値で買取られているケースが非常に多い。

そして、スポーツモデルに関しては低年式も価格が付くモデルがある。初代NSXはもちろん、S2000やシビックタイプRなどは、中古車マーケットでの人気が非常に高く低年式でも高値で買取られているケースが多いので、しっかりと買取店で査定しておきたい。

ガリバーの高額理由は車査定情報に掲載しています。

ホンダの車種別の買取相場をチェック

軽自動車
軽自動車
ミニバン
ミニバン
コンパクト
コンパクト
SUV
SUV
セダン
セダン
クーペ・カブリオレ
クーペ
・カブリオレ
ステーションワゴン
ステーション
ワゴン
バン・トラック・その他
バン・トラック
・その他

ホンダ 軽自動車

ホンダ ミニバン

ホンダ コンパクト

ホンダ SUV

ホンダ セダン

ホンダ クーペ・カブリオレ

ホンダ ステーションワゴン

ホンダ バン・トラック・その他

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ハ行
  • マ行
  • ラ行
  • 英数

英数

ガリバーが選ばれる4つの理由

  • 1 近くにお店がある安心感。

    ガリバーの店舗は全国に約550店舗。車査定のご相談で気軽に立ち寄れる拠点として、皆様のお住まいの近くに展開しております。
  • 2 クルマ業界最大規模の販売ルート

    ご売却いただいた愛車は全国のガリバーで再販されるほか、国内のオークション会場と、国内最大のネットワークで新しいオーナーのもとへ届けられます。
  • 3 実績に裏付けされた適正査定額。

    年間取引台数28万台※1累計取引台数333万台※2の実績で積み重ねたノウハウをご提供。もちろん、メーカーや車種を問わず適正な査定価格を算出できます。

    ※1:当社調べ2016年3月〜2017年2月の累計販売台数 累計買取台数の合計

    ※2:当社調べ2018年1月現在創業からの累計販売台数 累計買取台数の合計

  • 4 いいとこ探しのプラス査定。

    あなたの車の”いいとこ探し”で、どんどんプラス査定!車ごとの細やかな人気ポイントを熟知しているガリバーだから可能な査定手段です。

簡単4ステップであなたの愛車を査定します

STEP1

お問い合わせ

WEB・お電話のどちらからでもお気軽にご相談ください。

STEP2

概算価格をご連絡

お問い合わせ後、24時間以内にお電話にてご連絡いたします。

STEP3

査定額の算出

お車を実際にチェックし、正確に査定額を算出いたします。

STEP4

ご売却

査定金額にご納得いただきましたら、ご売却となります。

中古車買取は北は札幌~南は那覇までのガリバー店舗で実施可能!!
車買取に関してガイド役として適正価格のみだけでなく親身にご説明いたします。

早めの査定が
おトク!
査定額が高い車ほど、
翌年には価格が大きく下がってしまいます。

クルマの査定額は、年式が下がるほど金額も下がっていくのが一般的です。しかも、今の査定額が高ければ高いほど、翌年に下がる金額は大きくなります。
また、車を使用していれば、走行距離は少しずつ伸びていきます。こうしたことも要因となって、査定額は下がり続けていきます。

お住いの地域の買取査定相場をチェック ガリバーの都道府県別の買い取り相場の情報をお教えします。

1020