クルマ買い替え・乗り換え時の保険手続き

close
クルマ買い替え・乗り換え時の保険手続き
必要な手続きは?

クルマ買い替え・乗り換え時の保険手続き3つのポイント

今のライフスタイルに合うのはどんなクルマかわかった。ほしいクルマが見つかった。今乗っているクルマも、高く買い取ってもらえそうだ。そうなったら、次のステップは自動車保険の変更手続きです。

クルマの乗り換えによって発生する保険の変更手続きで、押さえておくべきポイントは以下の3つ。

POINT1入替の手続きをしないと、事故が起きたときに保険が使えない可能性あり

POINT2個人間で中古車を売買した場合、自賠責保険の名義変更もお忘れなく

POINT3同居家族がクルマを買う場合、保険の入り方次第では保険料が安くなることが

保険の手続きというと、それだけで何となく難しそうな印象を持たれがちですが、実はスマートフォンの買い替えに似ています。スマートフォンを買い替えたら、新しいスマートフォンのサイズやボタンの位置に合わせて、カバーや保護フィルムに交換しますよね。面倒だからと交換せずにいて、液晶モニターが割れたら、追加の修理費が必要になります。クルマの場合、車両がスマートフォン本体、保険がカバーや保護フィルムの役割を果たしています。万が一の時、保険が使えないと、必要な費用は液晶モニターの比ではありません。

POINT 1 乗り換えたら車両入替手続きを!

クルマの買い替えが決まったら、自動車保険の車両入替手続きを忘れないようにしましょう。
保険の対象となるクルマを新しいクルマに切り替える手続きを忘れると、事故を起こした時に補償を受けられないことがあります。

車両入替手続きには、以下の書類や情報が必要になることが多いです。

  • 車検証(※写しでも可)
  • 今のクルマの累積走行距離
  • 新しいクルマの累積走行距離
  • (場合によっては)新しいクルマの値段

上記のような資料を用意して保険会社に連絡し、必要情報を伝えると、新たな保険料が教えてもらえます。
新保険料の方が高い場合は、差額をクレジットカードや口座振込で支払うこともあります。新保険料の方が安い場合は差額を自分の口座に振り込んでもらいます。
これで、車両入替手続きは完了です。

「今の保険会社は保険料が高い気がする」という場合には、これを機に保険の見直しをしても良いでしょう。
車両保険や賠償保険の範囲、運転者限定の設定、年齢条件の設定、今のクルマの使用目的などを見直すと、保険料が安くなる場合があります。

ガリバーは全店舗が「損害保険代理店」を兼ねているため、保険のご相談も可能です。

POINT 2 個人売買の時は自賠責の名義変更も

どこからクルマを購入したかに関わらず、クルマを買い替えたら車両入替手続きが必要なのは変わりません。
それに加えて、個人売買でクルマを購入した場合は、自賠責保険の名義変更も必要になります。
(販売店からクルマを購入する場合は、新車中古車を問わずお店が対応してくれることがほとんどです。)

自賠責保険の名義変更は、以下を持参して加入している保険の営業店に行くという流れが一般的です。

  • 自賠責保険証明書(※それまでのクルマのオーナーが所有)
  • 前オーナー・新オーナーそれぞれの印鑑
  • 自動車売買契約関連書類

「前オーナーの印鑑を持参するのは難しい」といった場合もあるでしょう。
その場合は、「必要書類にあらかじめ捺印をしてもらう」「印鑑証明書を持参する」といった方法が可能なことがあります。まずは保険営業店に行くか、コールセンターに問い合わせることをおススメします。

POINT 3 手放すだけなら中断手続きも検討を

新しいクルマを買うことなく、今のクルマを手放すだけなら、自動車保険の「中断手続き」をするかを検討してみましょう。

中断手続きをすると、次に自動車保険に加入する時に、今の等級を引き継ぐことができます。そのため、現在の等級が高い人は、より安い保険料で保険に再加入することが可能です。
ちなみに、再加入する保険会社は、中断前に加入していた保険会社とは別のところでも構いません。

中断手続きは、現在加入している保険会社に連絡し、廃車や譲渡を証明する書類を送付すれば完了です。
後日、「中断証明書」が送られてくるので、再加入する時のために大切に保管しておきましょう。