マツダの買取・査定相場

close

マツダの車買取相場

マツダの中古車買取相場情報をご紹介します。マツダの人気車種の査定買取の相場動向や、車種別の価格がチェックできます。
査定情報は毎月更新しています。愛車の売却時期が近づいたら、いつもでガリバーの査定をご利用ください。

  • ガリバーが査定をオススメする買取で人気の中古車をボディータイプ別にランキング形式で紹介します。

マツダの人気買取車ランキングベスト10の買取相場は?

マツダの買取相場の特徴

  • SKYACTIVE以降のモデルは高価買取傾向
  • ショートスパンの改良で商品性維持。車種選択中に情報収集は欠かせない

マツダは当初はコルクを製造する東洋コルク工業として設立された会社で、1927年から東洋工業の車名が使われてきた。1984年にブランド名に合わせて会社名をマツダに変更して現在に至っている。
自動車は1931年に3輪トラックを、戦後の1950年に4輪トラックを、そして1960年には軽自動車のR360クーペを販売し、乗用車市場に本格的に参入した。ドイツの企業と技術提携を結んでロータリーエンジンの開発を進め、唯一これを実用化したメーカーとしても知られている。2016年現在ではロータリーエンジンの搭載車は販売されていないが、その研究開発は今も続けられている。
マツダはここ数年、急速に輝きを増してきた自動車ブランドでもある。かつては自動車業界5位のメーカーであり、その販売車種はなかなかユーザーのショッピングリストに入れてもらえない時期があった。そのために値引きに頼った販売になり、結果として中古車相場が下がってますます新車が売りにくいという悪循環に陥っていたが、SKYACTIV技術と魂動(こどう)デザインの投入によって一気に回復がはかられた。

2%のユーザーに支持されるためのSKYACTIVE

これにはマツダとフォードとの関係も影響している。マツダは経営危機の中でフォードからの出資を得て、徐々に出資比率を高めてきたが、リーマンショック後にフォードが経営危機に陥ると、マツダ株を手放す方向に進むことになった。マツダとしてはフォードに頼らない独自の技術開発を迫られることになり、フォードとの関係を考慮することなく独自技術のSKYACTIVを開発することになった。
結果的にはこれが功を奏し、ディーゼルエンジンを皮切りに、ガソリンエンジン、トランスミッションのATとMT、ボディ、サスペンションなど、クルマ関係のすべての要素にSKYACTIV技術を盛り込んだクルマが作られ、それが大ヒットした。
最初にSKYACTIV技術を盛り込んだのはSUVのCX-5で、日本向けにはちょっと大きすぎるクルマながら、2.2Lのディーゼルターボエンジンを搭載したモデルが発売前から人気を集め、好調な売れ行きを記録した。

逐次マイナーチェンジで商品性を維持するのがマツダ流

CX-5の後は、アテンザ、アクセラ、デミオ、CX-3、ロードスターなど、SKYACTIV技術を盛り込んだクルマが次々に登場し、それぞれにヒットを続けてきた。これらのマツダの新世代車種は、あまり値引きをせずに正価販売に徹しているのが特徴で、そのために中古車相場も高めに維持されている。SKYACTIV以前のマツダ車とは大きく変わったのだ。最近では、ビアンテやプレマシーなど、ミニバン系の車種の開発を止めたとも報じられていて、SKYACTIV技術搭載車の2巡目に向けて積極的な開発を進めている。
SKYACTIV技術を搭載した最近のマツダ車は、中古車市場での高い人気を反映して買い取り店でも高めの買い取り価格を付けているので、手放すときにも有利になることが多い。
単純にディーラーに下取りに出すのではなく、買い取り店の相場と比較することを勧めたい。

CX-5は2012年に発売されたモデルで、2017年早々にもフルモデルチェンジが予定されている。これからSKYACTIV技術を搭載した車種ラインナップが次期CX-5から2巡目に入るわけで、SKYACTIV搭載車からSKYACTIV搭載車へと乗り換えるユーザーも増えると見られている。それだけに下取り価格と買い取り価格をしっかり比べて代替したい。

ガリバーの高額理由は車査定情報に掲載しています。

マツダの車種別の買取相場をチェック

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ハ行
  • マ行
  • ラ行
  • 英数

英数

軽自動車
軽自動車
ミニバン
ミニバン
コンパクト
コンパクト
SUV
SUV
セダン
セダン
クーペ・カブリオレ
クーペ
・カブリオレ
ステーションワゴン
ステーション
ワゴン
バン・トラック・その他
バン・トラック
・その他

マツダ 軽自動車

マツダ ミニバン

マツダ コンパクト

マツダ SUV

マツダ セダン

マツダ クーペ・カブリオレ

マツダ ステーションワゴン

マツダ バン・トラック・その他

ガリバーが選ばれる4つの理由

  • 1 近くにお店がある安心感。

    ガリバーの店舗は全国に約500店舗。車査定のご相談で気軽に立ち寄れる拠点として、皆様のお住まいの近くに展開しております。
  • 2 クルマ業界最大規模の販売ルート

    ご売却いただいた愛車は全国のガリバーで再販されるほか、国内のオークション会場と、国内最大のネットワークで新しいオーナーのもとへ届けられます。
  • 3 実績に裏付けされた適正査定額。

    年間取引台数28万台※1累計取引台数333万台※2の実績で積み重ねたノウハウをご提供。もちろん、メーカーや車種を問わず適正な査定価格を算出できます。

    ※1:当社調べ2016年3月〜2017年2月の累計販売台数 累計買取台数の合計

    ※2:当社調べ2018年1月現在創業からの累計販売台数 累計買取台数の合計

  • 4 いいとこ探しのプラス査定。

    あなたの車の”いいとこ探し”で、どんどんプラス査定!車ごとの細やかな人気ポイントを熟知しているガリバーだから可能な査定手段です。

簡単4ステップであなたの愛車を査定します

STEP1

お問い合わせ

WEB・お電話のどちらからでもお気軽にご相談ください。

STEP2

概算価格をご連絡

お問い合わせ後、24時間以内にお電話にてご連絡いたします。

STEP3

査定額の算出

お車を実際にチェックし、正確に査定額を算出いたします。

STEP4

ご売却

査定金額にご納得いただきましたら、ご売却となります。

中古車買取は北は札幌~南は那覇までのガリバー店舗で実施可能!!
車買取に関してガイド役として適正価格のみだけでなく親身にご説明いたします。

早めの査定が
おトク!
査定額が高い車ほど、
翌年には価格が大きく下がってしまいます。

クルマの査定額は、年式が下がるほど金額も下がっていくのが一般的です。しかも、今の査定額が高ければ高いほど、翌年に下がる金額は大きくなります。
また、車を使用していれば、走行距離は少しずつ伸びていきます。こうしたことも要因となって、査定額は下がり続けていきます。

お住いの地域の買取査定相場をチェック ガリバーの都道府県別の買い取り相場の情報をお教えします。

1025