トヨタの買取・査定相場

close

トヨタの車買取相場

トヨタの中古車買取相場情報をご紹介します。トヨタの人気車種の査定買取の相場動向や、車種別の価格がチェックできます。
査定情報は毎月更新しています。愛車の売却時期が近づいたら、いつもでガリバーの査定をご利用ください。

  • ガリバーが査定をオススメする買取で人気の中古車をボディータイプ別にランキング形式で紹介します。

トヨタの人気買取車ランキングベスト10の買取相場は?

トヨタの買取相場の特徴

  • 2017年の世界販売台数は、グループを含めると約1039万台で世界第3位
  • バブル期以降ハイブリッド路線で市場を席巻。トヨタの枕詞はハイブリッド
  • トヨタ車は全般的に人気が高く、リセールバリュー好調

トヨタ自動車の前身となるトヨタ自動車工業は1937年に設立された。2017年の世界販売台数は、グループのダイハツ工業や日野自動車を含めると約1039万台で世界第3位。過去に4年連続世界ナンバー1の自動車メーカーだったが、近年グループ化を急速に進め販売台数を増やしているVWグループ(1位)やルノー・日産・三菱グループ(2位)に後れを取ったカタチになった。ただ、順位は下がったものの、2014年以来3年ぶりに過去最高を更新している。

世界販売台数だけでなく、トヨタは自動車生産方法でも世界の自動車メーカーのベンチマークとなっている。「ジャスト・イン・タイム」や「かんばん方式」といった効率の良い生産方法は、今や世界の自動車メーカーの標準となるほどだ。

急速にハイブリッドモデルを増やし続けるトヨタ

1990年代末までのトヨタの看板車といえば、カローラやクラウンだった。しかし、近代トヨタの看板車種は大きく変化した。1997年に「20世紀に間に合いました」というキャッチフレーズで登場した世界初の量産ハイブリッド車プリウスが誕生。この初代プリウスは、大ヒットモデルとはいかなかった。その後ハイブリッドシステムを「THSII」とし、進化させた2代目プリウスが2003年に登場するも、販売は低迷。しかし、モデル末期時にリーマンショックの影響を受けた原油価格の高騰により、ガソリン価格が急上昇。そこで注目されたのが、当時10・15モード燃費35.5㎞/Lという超低燃費を誇った2代目プリウスだ。さらにエコカー減税などの追い風を受け大ヒットモデルとなった。

その後3代目プリウスも大ヒットし、これ以降トヨタは急速にハイブリッド車を増やしていく。2011年にはコンパクトハイブリッドカーであるアクアがデビューし、3代目プリウス並みの大ヒットモデルとなる。この2台が軽自動車を除くと常に国内の販売台数ナンバー1を競い合う状況が続いた。

そして、2014年にはノア&ヴォクシーにも待望のハイブリッドが用意され、2015年にはプリウスがフルモデルチェンジし4代目となり、さらに7人乗りのコンパクトミニバンのシエンタも登場。その後、2016年にSUVのC-HR、2018年にカローラスポーツやセンチュリーなど、ほとんどの車種にハイブリッド車を用意している。

さすがトヨタ! 安定のリセールバリュー! 人気車種のハイブリッドは、買取有利

トヨタ車は全般的に人気が高く、買取価格や下取り価格などといったリセールバリューが他メーカーより高い傾向にあるのが特徴。当然、乗り換え時には買取や下取り価格が高い方が、支払う金額も少なくなりメリットも大きい。

特に、人気車種でハイブリッドなら中古車でもすぐに売れてしまうので高価買取が期待できる。なかでも、ミニバンのノアとヴォクシー、エスクァイア、ヴェルファイアやアルファード、シエンタなどだ。また、最近ではSUV系でハリアーやC-HRの人気も高いので、下取りだけでなく買取価格としっかりと比較することが重要だ。

ガリバーの高額理由は車査定情報に掲載しています。

トヨタの車種別の買取相場をチェック

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ラ行
  • 英数

英数

軽自動車
軽自動車
ミニバン
ミニバン
コンパクト
コンパクト
SUV
SUV
セダン
セダン
クーペ・カブリオレ
クーペ
・カブリオレ
ステーションワゴン
ステーション
ワゴン
バン・トラック・その他
バン・トラック
・その他

トヨタ 軽自動車

トヨタ ミニバン

トヨタ コンパクト

トヨタ SUV

トヨタ セダン

トヨタ クーペ・カブリオレ

トヨタ ステーションワゴン

トヨタ バン・トラック・その他

ガリバーが選ばれる4つの理由

  • 1 近くにお店がある安心感。

    ガリバーの店舗は全国に約500店舗。車査定のご相談で気軽に立ち寄れる拠点として、皆様のお住まいの近くに展開しております。
  • 2 クルマ業界最大規模の販売ルート

    ご売却いただいた愛車は全国のガリバーで再販されるほか、国内のオークション会場と、国内最大のネットワークで新しいオーナーのもとへ届けられます。
  • 3 実績に裏付けされた適正査定額。

    年間取引台数28万台※1累計取引台数333万台※2の実績で積み重ねたノウハウをご提供。もちろん、メーカーや車種を問わず適正な査定価格を算出できます。

    ※1:当社調べ2016年3月〜2017年2月の累計販売台数 累計買取台数の合計

    ※2:当社調べ2018年1月現在創業からの累計販売台数 累計買取台数の合計

  • 4 いいとこ探しのプラス査定。

    あなたの車の”いいとこ探し”で、どんどんプラス査定!車ごとの細やかな人気ポイントを熟知しているガリバーだから可能な査定手段です。

簡単4ステップであなたの愛車を査定します

STEP1

お問い合わせ

WEB・お電話のどちらからでもお気軽にご相談ください。

STEP2

概算価格をご連絡

お問い合わせ後、24時間以内にお電話にてご連絡いたします。

STEP3

査定額の算出

お車を実際にチェックし、正確に査定額を算出いたします。

STEP4

ご売却

査定金額にご納得いただきましたら、ご売却となります。

中古車買取は北は札幌~南は那覇までのガリバー店舗で実施可能!!
車買取に関してガイド役として適正価格のみだけでなく親身にご説明いたします。

早めの査定が
おトク!
査定額が高い車ほど、
翌年には価格が大きく下がってしまいます。

クルマの査定額は、年式が下がるほど金額も下がっていくのが一般的です。しかも、今の査定額が高ければ高いほど、翌年に下がる金額は大きくなります。
また、車を使用していれば、走行距離は少しずつ伸びていきます。こうしたことも要因となって、査定額は下がり続けていきます。

お住いの地域の買取査定相場をチェック ガリバーの都道府県別の買い取り相場の情報をお教えします。

1010