新車値引きの相場はどのくらい?プロが教える車購入ガイド

close
新車値引きの相場はどのくらい?プロが教える車購入ガイド

新車値引きの相場はどのくらい? プロが教える車購入ガイド

2月、3月は新車購入には狙い目の時期! クルマは値引き販売が基本であるため、しっかりと値引きしてもらいたいものだ。 そこで、この時期に有効な新車購入時の値引きテクニックと、値引きのカラクリを紹介する。下取り車を利用した購入術、営業マンのインセンティブ制度、3月納車に向けての交渉スケジュールなど、新車をお得に購入するために必要な購入術をまとめている。

人による値引きの違い 大幅値引きを勝ち取るには

POINT 1

新車販売は値引きが前提条件?!

商談スペース

スーパーに行って500円の野菜を買ったり、あるいは1,000円の肉を買うとき、値引きを迫る人はまずいないと思う。いたとしてもスーパーの店員は値引き交渉に応じてくれないはずだ。

しかし、安くても100万円、高ければ1,000万円を超えるクルマを買うとき、たいていのお客様が値引きを迫るだろう。そして、販売店は実際に値引きをしている。ごく例外的に値引きゼロを標榜するクルマもあるが、買う段階では多少の値引きがあるのが実情である。

POINT 2

ワンプライス販売は今のところ成功例ナシ?

中古車販売店店内

その昔、日本GMがサターンというブランドを展開したとき、値引きなしのワンプライス販売を実践したが、結果的にはブランド自体が成功しなかった。

その後、さまざまな国産車でもワンプライス販売が導入された。しかし、デビューした当初は一時的にワンプライスを実践できても、しばらくすると値引き販売が横行するというのが一般的な結末だ。

POINT 3

人によって値引き額は違う。根気よく値引き交渉をするべき。

値引き交渉

新車販売では値引きがあるのが普通と考えた方が良いだろう。新車のセールスマンは、どれくらい値引きをしたら買ってもらえるのか、考えながら交渉を進めている。

粘り強く値引きを迫るお客様には止むを得ず大幅値引きで販売し、おとなしいお客様にはほとんど値引きしないで販売することもある。これが日本の新車販売の実情である。

ユーザーごとに販売する価格が異なるというのは、決して信頼される商売の仕方とはいえない。しかし、日本の新車販売は、こうしたシステムとなっているのが一般的だ。

つまり、クルマを買う側としては、値引きをしてもらわなければ損してしまう可能性もあるということだ。
そのため、少しでも多くの値引きを引き出すように、買う側も努力すべきと言える。

POINT 4

2~3月はクルマが最も値引きが期待できる。この時期を見逃すな!!

カレンダー

クルマの値引きが大きくなるのが2~3月だ。1年を通じて、最もクルマの値引きが期待できる時期だ。

クルマを買う予定があるなら、この時期を逃す手はない。この時期にクルマをゲットしよう。

下取り車を高値で売るコツ

POINT 5

下取り車が高値を維持できるのは2月まで

中古車とカレンダー

クルマを買うとき、現在乗っている愛車を手放し、新しいクルマを買うのが一般的だろう。つまり、新しいクルマを買うときには、まず愛車の手放し方を考えておく必要があるということだ。
2~3月にクルマを買うなら、それより少し前に手放すことを考えておいたほうが良い。

というのも、2~3月は新車も良く売れるが、中古車はそれ以上に良く売れるのだ。1~2月の段階で愛車を手放しておけば、より高い値段がつく可能性が高まる。
3月になって手放したのでは、そのクルマが中古車市場に出回るのは4月以降になってしまう。4月は2~3月より中古車が売れなくなっているため、高値で手放すのは難しい。

年間約28万台の取引実績を持つ
ガリバーの買取価格情報をチェック!

あなたのクルマの買取相場はいくら?

POINT 6

ディーラーの下取りと、買取専門店の買取、分けて考える

POINT 6 ディーラーの下取りと、買取専門店の買取、分けて考える

愛車の手放し方の1つ目は、新車を買うディーラーに下取りに出すという方法だ。しかし、これでは必ずしも高く売れるとは限らない。

2つ目の方法として、買取専門店に愛車を売却する方法がある。新車の購入と、愛車の売却は分けて考える時代なのだ。
買取専門店は、買い取ったクルマを業者間の売買市場であるオークションに出品する。そして、競りにかけ、高く処分することで利益を得ている。
そのため、ディーラーの下取りよりも高く買ってくれるのだ。

POINT 7

より高く売れる手放し方こそが、今どきの乗り換えテクニックだ

POINT 7 より高く売れる手放し方こそが、今どきの乗り換えテクニックだ

下取りに出すほかに、いくつかの買取専門店で買値を聞くといい。
ディーラーの下取り査定と比べた上で、より高く買ってくれる店を選ぶのが、お得なクルマの乗り換え方だ。

チェック! 査定に行く前に、今の車の買取相場を確認!

年間買取台数約20万台のガリバーが、過去6ヶ月間の中古車査定相場情報を公開しています。今乗っている車を売却するとしたら、買取価格はどのくらいに なるのかの目安となりますのでぜひチェックしてみてください。車種の特徴 や、買取相場のしくみも解説しています。

車種別買取相場を確認する

車種別買取相場を確認する

決算期の値引きが大きい理由 下取り車を高値で売るコツ

POINT 8

販売目標達成のために、ディーラーは大幅値引きをする場合も

POINT 8 販売目標達成のために、ディーラーは大幅値引きをする場合も

2〜3月に新車の値引き率が高くなるのは、自動車メーカーやディーラー各社の決算月が3月であるためだ。
この時期に1台でも多くのクルマを売ることによって、売上高や利益を増やし、決算の数字を良くしたいという考えを持っている。

特に新車ディーラーは、3月までの販売実績によって、メーカーから受け取る販売奨励金の額が変わる。
販売奨励金は、クルマを売れば売るほど金額が多くなる仕組みとなっている。そのため、ディーラー各社は、3月までにクルマを売りたいはずだ。

販売目標を達成できるかどうかでも、奨励金の額は大きく変わる。大幅値引きをしてでも販売台数を増やそうと考えるのは、当然のことだろう。
だから、2~3月にはクルマの値引きが期待できるのだ。

POINT 9

インセンティブが値引きの原資となる

POINT 9 インセンティブが値引きの原資となる

値引き額が決まるシステムについて、あるディーラーの例を紹介する。
通常の時期は、各営業所の所長が値引き額の最終決定をするが、2~3月はそのシステムが変わるようだ。
セールスマンが直接、常務取締役営業本部長に電話をかけ、値引き額を相談できる仕組みになるという。
こうすることによって、台数を売りたいクルマは、即決で大幅値引きを提示できるようにしているのだ。

メーカーとしては、3月に限らず、常にクルマがたくさん売れることを望んでいるだろう。しかし、クルマが最も売れるのは3月であるため、通常よりも多くの販売奨励金を用意するなどして、ディーラーに販売を促している。
販売奨励金が値引きの原資となり、この時期はクルマの大幅値引きが狙えるのだ。

200万円のクルマであれば、通常は20万円前後の値引きが限界だが、3月であれば値引き額の上限が30万円に拡大する場合もある。
4月になると、また20万円程度に値引き幅が縮小してしまうため、クルマを買うなら3月がおススメだ。

3月末に納車できるスケジュールとは?!

POINT 10

大幅値引きを狙うには、3月末までに登録する

POINT 10 大幅値引きを狙うには、3月末までに登録する

いよいよ、3月に大幅値引きを狙うめのテクニックを紹介する。
メーカーからディーラーへの販売奨励金は、3月中に登録されるかどうかで決まるのが普通だ。単に契約をしただけではダメで、登録まで持ち込まないといけないのだ。

となると、スケジュールを逆算しておく必要がある。
在庫のあるクルマなら、車庫証明を取得する時間を考慮しても、最短で契約から1週間程で登録・納車が可能なケースがある。しかし、気に入る在庫車が必ずあるわけではない。
在庫車としてあるのは、よほど人気の車種・グレード・色に限られるだろう。
3月にはそういったクルマも在庫切れするような状況になるのが普通だ。
つまり、注文した後で生産されても3月中に登録が完了するスケジュールを考えておく必要がある。

POINT 11

遅くとも2月末から、見積もりを出してもらうスケジュールを考えたい。

POINT 11 遅くとも2月末から、見積もりを出してもらうスケジュールを考えたい。

ディーラーからメーカーへの注文は、日ごと行われているが、メーカーの生産計画も含めて考えるとなると、普通なら契約から登録まで1ヶ月は欲しいところだ。
3月には手続きを進める必要があるが、2週間くらいはないと事実上登録まで持ち込めない。
このスケジュールから逆算して考えると、遅くとも2月の第3週目の週末には、大幅値引き狙いの行動をスタートさせよう。

確実に3月中に登録されるスケジュールを考えるなら、3月の第2週の週末には契約しても良いだろう。
その前の第1週の週末には、値引きの競合をあおるようにし、もう1週間前の2月最終週あたりから候補車種の絞り込みと見積書集めを始めるといい。

あまり早くから交渉して商談をまとめるより、3月末ギリギリに納車されるようなスケジュールを狙うほうが有利だ。しかし、無理なスケジュールを狙いすぎるのは考えもの。
多少の余裕を持って商談を進めるのが賢い選択だ。商談時には、似たようなタイプのクルマを値引きを競合させよう。ほかの車種と競合させることによって、大幅な値引き額が見込めるだろう。