スマートフォン専用サイトはこちら

車下取りの基礎知識|中古車買取実績No.1のガリバー

クルマは下取りよりも買取がお得?

クルマの下取りを考えている。ディーラーから下取りを持ちかけられている。そんな方向けにお得で役立つ情報をまとめました。下取りと買取の違いや、そのメリットとデメリット、さらには下取り時の手続きの方法や、保険や自動車税に関するよくある質問にもお答えします。

POINT 1 クルマの下取りとは?買取とは何が違うの?

耳にすることも多い、クルマの「下取り」や「買取」。なんとなく同じものだと思っていませんか。実は、この2つは全く異なるものなのです。

新車を購入するために行ったディーラーで持ちかけられるのが「下取り」で、新車への乗り換えが前提ですので、売却したお金を車購入以外のことに使うことはできません。売るのも買うのも同じお店なので手間が省ける一方で、今のクルマに対する査定額は低くなる傾向があります。

それに対し中古車の買取専門店が行なうのが「買取」で、新車を買わなくても利用できます。全国展開の買取店だと「雪が多い地方では四輪駆動のクルマは高く売れる」など、各地のニーズや人気をしっかり把握しているため、ディーラーと比べて査定額が高くなることが多いです。

ちなみにガリバーでは、クルマの買取だけでなく中古車の販売も行っているため、ディーラーと同じワンストップの便利さを提供しながらも、買取店ならではの査定額をご提示しています。

ディーラーに行くと「そのまま下取りに」という流れになりやすいため、損をしないためにも、まずは買取店の査定を受けて車両の価値を見極めましょう。買取店が高く買い取れるのには他にも理由があるため、ぜひチェックしてみてください。

POINT 2 下取りの価格や相場はどうやって決まるの?

ディーラーが下取り価格を決める際、大きく影響するのがメーカーやブランド。自社ブランドは高く、他ブランドはそれなりに査定されることが多いです。そのため、今と違うブランドのクルマにしようと思っている方は、買取の方がお得になる可能性が高いです。

その他に下取りの際に年式や走行距離、グレードが査定項目に入るのは買取と変わりません。ただし、ディーラーの場合にはオプションや装備が「純正」でないと、査定が上がらないことがあるので注意しましょう。

写真:中古車の買取店とディーラーの下取りの違いは?

ディーラーでは、こういった査定項目に対して5点満点で評価するところが多いようです。そのため人気がある車種やグレードであっても、人気装備がついていたとしても、あまり高値がつかないことがあります。
もちろんこの他にも、細かいパーツ・オプションなどもチェックされることがあります。買取No.1のガリバーならではの詳しい査定項目をご紹介していますので、他にどんな査定項目があるのか、査定価格や相場の詳しい決まり方はどうなっているのか、気になる人はぜひ確認してみてください。

※2001年~2014年主要買取専門店7社における中古車買取台数 株式会社矢野経済研究所調べ 2015年5月現在

POINT 3 管理コストDOWN で、買取金額UP!

クルマの下取りを考えたら、早めに書類の手配を進めておくことをおすすめします。印鑑登録証明書、自動車税納税証明書など、手元にない場合には発行を申請する必要があるため、今日お店に行ったらそのまま下取りしてもらえるというものではないからです。

書類の記入、手続きなどは基本的にはディーラーの人が代行してくれますが、自動車保険の車両切替など、自分自身で行う手続きもあるため、注意してください。また自動車税の還付など、対象になる場合とそうでない場合があるので、自分がどちらになるかチェックしておきましょう。

下取り時の仕訳について

法人や個人事業主の方がクルマを下取りしてもらうと、その下取り金額を会計処理しなくてはなりません。計上する際にどのように仕訳をすればいいかチェックしておきましょう。法人、個人事業主によっても計上の仕方が異なるので、注意してください。

下取り時の仕訳方法

POINT 4 下取りと新車購入時の値引き交渉術

どうせクルマを買うなら、少しでもお得に買いたいもの。そのためには、新車をできるだけ値引きしてもらい、その上で下取り価格もできるだけ上げてもらう必要があります。

その時にポイントになるのが、新車の値引きと今のクルマの下取り価格を明確にしてもらうこと。下取りも含めて「トータルでいくら」と提示されやすいのですが、下取り価格が曖昧になるため、相場と比べてかなり安い査定額になっている可能性があります。

最大限の値引きを引き出すためにも、新車を買う際の値引き交渉術を確認してみてください。

「新車購入時の値引き術」を読む