クルマ売却の流れと手続き

0120-22-1616 中古車探しも無料査定も、まずは相談!
車売却の方法・流れと査定前に知るべき注意点

スムーズな車売却のために! 車売却の方法・流れと査定前に知るべき注意点

車を手放す時に損をしないためには、事前に注意点を確認しておくのが重要です。車の売却方法の選択肢、必要な手続きから入金まで流れを確認しましょう。

STEP 1

売却方法一覧と注意点の確認

「車を手放したい」と思ったら、まずは自分にピッタリの方法を確認することから始めましょう。車を売る方法には、大きく分けて以下の3種類の方法があります。

  • 個人間での売買
  • ディーラーでの下取り
  • 中古車買取専門店での買取

「個人間での売買」には、顔見知りに販売するパターンの他に、ヤフーオークションやガリバーフリマなどのサイトを買いたい人を探す方法もあります。(個人売買の方法に関する詳しい手順はこちら
また違いが分かりにくい「ディーラーでの下取り」と「中古車買取専門店での買取」ですが、ディーラーと買取専門店では買取価格が異なることが多いです。両方で査定を受けたうえで、高く買い取ってくれるお店を選ぶのがオススメです。

事前にチェックしたい注意点

車を手放す時には、事前に知らないと損をしてしまうポイントもあります。自分に合った売却のタイミングを選んだり、自分の車の価値を見誤ったりしないように、よくある質問を確認しておきましょう。

事故歴・修復歴を申告する義務はあるの?

車を売る人には「契約不適合責任」があります。これは、売却時の契約内容と実際(冠水、修復歴等があった)が相違していた場合、車を売った人はその分について賠償などの責任があるということです。
多くの事故歴・修復歴は査定の際に気付かれますし、隠していると後で損害賠償金や契約の解除料などを支払うことにもなりかねません。事故歴や修復歴がある場合には、査定時に申告するようにしましょう。

自動車税、重量税、自賠責保険は戻ってくるの?

車を売却した場合には、自動車税、重量税、自賠責保険の還付制度はありません。しかしガリバーでは、既に支払った税金や保険料、さらには車検にかかる費用なども踏まえて買取価格に反映しております。
ちなみに廃車にした場合、自動車税、重量税、自賠責保険の未経過分は原則として戻ってきます。還付金の有無や還付される金額は未経過期間によって決まります。
STEP 2

必要書類の準備

自分に適した売却方法が分かり注意点も確認したら、次は必要書類を準備しましょう。
店舗や出張査定で「いざ買い取ってもらおう」という時に書類が揃わないと二度手間になってしまうので、あらかじめ以下の書類を用意しておくことはお勧めします。

  • 自動車検査証
  • 印鑑登録証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • リサイクル券(預託済みの場合)

査定を受ける時に必要書類が用意されていると、査定額アップの効果もあります。
クルマは1日でも新しい方が価値が高いため、書類が用意されていると「早く買い取ることができそう」「手続きがスムーズに進みそう」と判断され、査定額が高くなりやすいのです。

売却に必要な書類の詳しい解説や、書類が見当たらない場合の対処法についても解説しています。

必要書類が見当たらない、または他に提出したい書類がある場合、ガリバーはお電話にて質問を承っています。書類に関して質問がありましたら、お気軽にお尋ねください。

  • icn-telephone
    電話で書類の相談をする
    0120-22-1616

Check! 査定前のひと手間で買取額アップ

高く売るなら査定前にひと手間を査定を受ける前にちょっと手を入れるだけで、査定額をアップできる可能性が高まります。
時間があれば、以下のようなことをやっておきましょう。

  • 掃除機で、クルマの中をきれいに掃除
  • 小さなキズは、市販の研磨剤できれいに
  • スペアキー、取扱説明書、整備手帳(保証書)などの付属品があれば用意
STEP 3

クルマを高く売れる買取店舗を選ぶ

必要書類の準備が済んだら、買取店舗を決めましょう。
安心できて、かつ高く買い取ってもらうには、以下のようなお店を選ぶのをおすすめします。

  • 「下取り」ではなくて「買取」だけでもしてくれるお店
  • 買取相場を公開していて、買取価格の妥当性を確認できるお店
  • 販路が多い、在庫を持ちすぎないなど、高く買い取れる仕組みがあるお店

ディーラーの下取りは新車購入費と相殺するもので、売ることに関して他店と競争が無いため、基本的に売値が安くなることが多いです。一方、買取の方が他店との競争がある分、クルマは高く売れる可能性があります。

ガリバーでは、在庫管理を徹底し、管理コストを下げる工夫をしているため、クルマを高く買い取れる仕組みがあります。
また、買取実績をもとにした車種ごと・エリアごとの買取相場も公開しています。自分の車種がいくらで売れているのか、確認してみて下さい。

買取店を決めるのは、売却希望の2カ月前を目安に動き始めると良いでしょう。次のクルマの納車日に合わせて、売却できるようにすると代車を利用する期間を少なくできます。

なお、ガリバーでクルマを売る場合には、まずはWEBで無料査定を申し込んでいただくとスムーズです。無料査定のあとには、お電話にて必要書類やお近くの店舗のご案内をさせていただきます。

STEP 4

店舗で査定を受ける

WEBの無料査定が済んだら、店舗にクルマを持って行き、正確な査定をしてもらいましょう。
車検切れなど、店舗にクルマを持っていけないようでしたら、ガリバーの出張無料査定をご利用ください。

査定を受けている間、お客様がすることは特にありません。
「査定額をもう少しアップして欲しい」「あと一声」という時は、売却時期を交渉材料に値上げを要求してみましょう。「今ここで決めたら?」「すぐに手放したら金額は上がる?」と聞いてみてください。
「この金額なら即決をしても良い」という金額があるなら、それをストレートに伝えてみてもいいでしょう。

ガリバーで査定額を上げたいなら、ぜひ金額の交渉をしてみてください。

STEP 5

クルマの売却手続き

査定額に納得したら、売却手続きに移りましょう。
既に必要書類が用意できている方は、その場で必要な書類の確認や署名、押印するだけです。その後の手続きはお店の人が進めてくれます。
必要書類が用意できていない人は、後日、書類を持ってお店に行くという流れが一般的です。

いざクルマを手放す日が来たら、忘れ物がないか、以下をもう一度チェックしてみてください。

  • ダッシュボードやトランクの中に私物が残っていないか
  • オーディオの中にCDやDVDが入ったままになっていないか
  • ナビに登録した自宅や目的地の情報は消去されているか
STEP 6

入金を待つ

クルマを手放したら、あとは代金が入金されるのを待つばかりです。
ディーラーの「下取り」の場合、下取りしてもらったお金はそのまま次のクルマの頭金になってしまいます。
しかし、買い取りの場合、査定額の用途は自由です。次のクルマを買うことも、家族旅行や趣味に使うこともできます。

ガリバーでは、クルマと必要書類を頂いてから最短2営業日で入金をしています。
お急ぎの方は査定の際にご相談ください。

Check! 査定に関するよくある質問

クルマは財産の一つです。いざ売るとなると、流れや手続き以外にも、いろいろと気になったり心配になったりするものです。
査定と下取りの違い、ローンが残っている場合の売却、自動車税を払い忘れている場合の対処法など、よくある質問をまとめました。