車売却の手続きと流れ|中古車買取実績No.1のガリバー

売却までの流れ 車売却の基礎知識 車の売り方、売却の流れ

クルマを売ることにしたけれど、何から始めて良いかわからない。そんな、初めてクルマを売る方向けの情報をまとめました。どんな流れで進み、どんな手続きがあるのか。初心者の方でもわかりやすいよう、丁寧に解説します。

クルマを売るまでの流れは?

クルマを売るというと何となく面倒くさそうな印象があるかもしれませんが、実はそうでもありません。大まかには、以下のように進みます。

特に面倒くさそう、難しそうだと思っているのは名義変更といった手続き周りではないでしょうか。お店によっては、こういった面倒な手続きはほとんど代行してくれます。
ガリバーでも、手続きはお客様に代わって行っていますし、自動車保険の切り替えなど、代行できないものについても必要な手続きは漏れがないように丁寧にご案内しているのでご安心ください。
ここからは、各ステップごとにもう少し詳しくご案内します。

STEP 1 買取店をリサーチする

写真:買取店をリサーチする

まずは、クルマを売るお店の候補をピックアップしてみましょう。近所のお店だと、チラシなどを見かけることもあるでしょう。ちょっと大きなお店だと、テレビCMも流れているかもしれません。

初めての人は、名前を聞いたことがあるお店に持っていくことをおすすめします。大手の方がサービスも充実していますし、店舗や販路が多い方が高値で買い取ってくれます。

ガリバーでは、全国約550のお店で買取を実施しています。お近くのお店が思いつかない方は、まずはこちらのページから検索してみてください。その他にも様々な方法をご用意しており、電話やインターネットで簡単に査定額がわかるサービスもご用意しています。
お店に行く時間がない方や、お店まで行けない方には出張査定も行っています。

ガリバーのお店ってどんなところ?

初めてだと、何となく入りにくい印象がある中古車買取店。しかしガリバーでは、ファミリーや女性でも入りやすいお店作りを心がけています。お子さまがいても安心なキッズスペースをご用意している他、商談や契約は圧迫感がないようにオープンなスペースをご用意しています。

STEP 2 高く売るなら査定前にひと手間を

そのまま買取店に行っても良いのですが、どうせなら高く買い取ってもらいたいもの。買取店に行く前のひと手間で、査定額をアップさせることができます。
まず、クルマの中をきれいに掃除しましょう。フロアマットは一度外に出し、掃除機をかけるか、軽く水洗いしましょう。小さなキズやヘコミは、市販の研磨剤などで修理しておくと査定額が更に上がります。

写真:高く売るなら査定前にひと手間を

またスペアキーなどの付属品があれば、それもお店に持っていきましょう。他にも高く買い取ってもらうためのコツをご案内していますので、お店に行く前にチェックしておきましょう。

買取価格はどうやって決まるの?

買取店やディーラーが買い取ったクルマは、中古車販売店に卸されて、中古車として店頭に並びます。また一部の買取店が買い取ったクルマは、中古車事業者向けオークションを通じて海外にも輸出されていきます。

そのため、買取価格は「中古車として販売しやすいか(人気があるか)」と「中古車販売店で売れるまでのコスト」によって決まります。ガリバーでは、買取と販売の両方を取り扱うことで中間マージンを下げています。また全国の店舗で在庫共有するだけでなく、中古車事業者向けオークションなど販路がたくさんあるため売れ残りのリスクも低く、在庫の管理コストを最小限に抑えることで、高値での買取を実現しています。

STEP 3 査定の時には希望価格を伝えるのもあり

いよいよ査定を受ける時。高値で買ってもらいたいけれど、交渉はちょっと苦手という人もいるでしょう。そんな時に意識してほしいのが、手放すタイミングの話。中古車は時間が経つごとに価値が下がっていくため、いつ売却できるかが一番の交渉のカードになります。

また、必要な金額が決まっている場合には、ストレートに伝えるのもいいでしょう。するとお店側もその金額で買い取れるように、引き渡しのタイミングなどの条件を一緒に考えてくれます。

その他の高く買い取ってもらうためのコツ・交渉術をこちらでご紹介しています。こちらもチェックしてみてください。

STEP 4 必要な書類・手続きの準備をする

査定を受けに行くお店の候補を探し始めた辺りから、必要な書類や手続きの準備を進めていきましょう。必要な書類は以下の通りです。

  • 自動車検査証(現住所、氏名をご確認ください)
  • 印鑑登録証明書(発行後1ヶ月以内のもの×2通)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書(有効期限をご確認ください)
  • リサイクル券(預託済みの場合)

「こんなに早く?」と思うかもしれませんが、これには訳があります。一つ目の理由は、必要な書類を用意しておくことで、査定を受ける際に「売る気があること」をお店側にちゃんと伝えるためです。本気度が伝わると、担当者も「何としても買い取ろう」と高値を提示してくれるため、既に書類を用意してあることをそれとなく伝えましょう。

また、うっかり手続きを忘れていたといったことを防ぐためにも重要です。特にクルマを買い替える際、うっかり忘れがちなのが自動車保険の切り替え手続き。もしこの段階で、手放すタイミングや次のクルマが決まっているなら、手続きを済ませてしまいましょう、長らく放置してしまうと、いざという時に補償が受けられない可能性がありますので注意が必要です。

必要な書類、手続きについてはこちらでもご案内していますので、ぜひご覧ください。

STEP 5 いよいよ愛車を手放すとき

査定額に納得したら、契約やその他の手続きに入ります。既に必要な書類を用意されているなら、それを渡せば買取店の人が必要な手続きを進めてくれます。もし書類が用意できていない場合は、後日、改めて訪問することになります。
そしていよいよ、クルマとお別れする日です。念入りにチェックしたつもりでも、何か忘れ物をしてしまうもの。車内のダッシュボード、オーディオ内のCDやDVDなどを最後にもう一度チェックしてみましょう。またナビには個人情報が入っています。こちらも忘れずに削除しておきましょう。

写真:いよいよ愛車を手放すとき

ガソリンはお店にたどり着ける分だけあれば充分ですので、心配はいりません。また、色んな思い出が詰まったクルマです。折角だから一緒に記念撮影をしておくのもおすすめです。

STEP 6 最短2営業日で入金

クルマを手放したら、あとは代金が入金されるのを待つばかりです。ディーラーの下取りだと次のクルマの頭金になってしまいますが、買い取りの場合は、用途は自由です。もちろん次のクルマを買ってもいいですし、家族旅行や趣味に使うこともできます。

ガリバーでは、クルマと必要書類を頂いてから、最短2営業日で入金をしています。お急ぎの方は査定の際にご相談ください。

査定に関するよくある質問

クルマを買い取ってもらうとなると、流れや手続き以外にも、あれやこれやと気になったり心配になったりするもの。
査定と下取りの違い、ローンが残っている場合、自動車税を払い忘れている場合。そんなよくある質問をこちらにまとめております。ぜひご参照ください。

関連情報