車売却時の税金にまつわる注意点|中古車買取実績No.1のガリバー

クルマ売却時の税金にまつわる注意点 ガリバー査定のメリット クルマ売却時の税金にまつわる注意点

クルマを売却する際に、色々と面倒なのが税金。自動車税が未納の場合の売却や、納税済みの還付について解説します。ディーラーに下取りしてもらう人も、買取店に買い取ってもらう人にも同じように当てはまるので、ぜひ確認してください。

注意点 1 自動車税が未納だと売却できない

その年の4月1日時点で運輸支局に登録されているクルマの所有者に課されるのが自動車税。4月下旬ごろから5月上旬に自動車税納税書が送られてくるので、5月末までに納めなくてはなりません。

クルマを売却する、つまりクルマの名義を変更するには、この自動車税納税証明書が必要であるため、滞納しているとクルマは売れません。自動車税をまだ納付していない場合は、まずは滞納分を納付し、それから査定や売却の手続きを進めることをおすすめします。

万が一、納付を忘れていたまま売却した場合、買取価格から相当額が清算されてしまいます。

注意点 2 自動車納税証明書は必須

クルマの売買によって自動車税が未納にならないよう、名義変更の際には自動車税納税証明書を提出するように義務付けられています。自動車税納税証明書は自動車税納税書と共に送られてきて、自動車税を支払った際に受領証を押してもらうことで有効になります。

自動車納税証明書は必須

クルマを売却するには、この自動車税納税証明書が必要なのですが、うっかり失くしてしまったという方もいるでしょう。しかしこの自動車税納税証明書は再発行してもらえるのでご安心ください。

再発行は、自動車税を納めた都道府県の税事務所(軽自動車の場合は市区役所)で受けられます。税事務所や役所に必要書類が用意されているので、それに記入して提出をすれば大丈夫です。
その他に、郵便などでの再発行申請も可能です。事務所のホームページなどにある申請書に必要事項を記入するか、車検証のコピーの余白に「自動車税証明書を再交付してください」と書いて、返信用封筒を同封して税事務所に送るという流れが一般的です。

注意点 3 自動車税の還付は買取価格に含まれる

自動車税には還付制度があると聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。還付制度とは、廃車にする際に、残存期間に応じて支払い済みの自動車税が払い戻される制度です。

この対象になるのは「廃車」にする場合のみで、クルマをディーラーや買取店に売却する際には当てはまりません。そうすると、自動車税を払った分なのに損だと思われる方もいるでしょう。

しかし安心してください。買取店の多くは、買取価格を算出する際に還付金のことも考慮してくれています。法的には返金されませんが、車両の価値に上乗せされる形で、買取価格として手にすることができます。クルマの購入時に支払うリサイクル料金も同様に、買取価格として返ってきます。

難しそうな手続きも気軽に相談から

自動車税の支払いや納税証明書は、税金や名義変更に関わることだけに、失敗しないか心配になるものです。この他にも保険の名義変更、ローンが残っている場合の売却など、分かりにくい点もあるでしょう。

その他に必要な書類・手続きはこちら

ガリバーでは、必要な書類を手配する方法、忘れがちな手続きなども、一人ひとりに合わせて丁寧にご案内しています。お気軽にご相談ください。