スマートフォン専用サイトはこちら

車買い替え時の車庫証明申請|中古車査定・車買取のガリバー

クルマの買い替えに必須!車庫証明の申請手続きをスムーズに済ませる方法 乗り換えの基礎知識 車の買い替えに必要な車庫証明の申請手続き

「クルマの買い替えを考えている。知り合いからクルマを譲り受けることになった。新しいクルマを買うことにした。そんな時に必要になるのが車庫証明です。「申請に必要な手続きは?」「必ず自分で行わなくてはならないの?」など分からないことも多いもの。自分で手続きをすると費用がかなり安く抑えられてお得なので、これを機に必要な情報をまとめて確認してください。

車の買い替えに必要な車庫証明の申請手続き 目次

クルマ買い替えの手続きや必要書類を調べると、必ず出てくる車庫証明。「必要なのはわかったけど、どうしたらいいの?」と思っている人のために、一つずつ、わかりやすく解説していきます。

POINT.1 車庫証明書とは?

正確には「自動車保管場所証明書」という名前の、車庫証明。どこでクルマを保管しているか、保管できるスペースが確保されているかを説明するための証明書です。

自動車保管場所証明申請書

車庫証明は、新車、中古車を問わずクルマを購入する時、またクルマを誰かから譲り受ける時に必要となります。また同じクルマに乗り続けている場合でも、所有者が引っ越した場合には必要になる書類です。「自動車保管場所証明書」を発行する場合には同時に「保管場所標章」(ステッカー)も発行しなければならないきまりになっているため、申請書類や申請費用は上記の2種類分必要になります。

軽自動車など、車庫証明書が不要な地域も!

普通車については、村以外は基本的に車庫証明書が必要となりますが、軽自動車は使用する地域(市区町村)ごとに異なります。お近くの警察署にて確認をしてみてください。警察署のウェブサイトにてチェックできることも多いです。

POINT 2 車庫証明申請の方法と必要な書類

❶必要な書類と入手方法

あとで詳しくご説明しますが、車庫証明は代理で手配してもらうこともできます。しかし自分で行うと、その費用は安く済みます。そこでこの章では、車庫証明を取得するために必要な書類と、その手続きをご紹介します。
まず、車庫証明を取得するために必要な書類は以下の3種類
です。

これらの書類は、お近くの警察署で手に入れることが可能です。警察署に置かれている申請書は複写式になっており、何枚も書き入れなくて済むというメリットもあります。また、各都道府県警察のホームページから申請書をダウンロードすることもできます。

上記の申請書を入手したら、空欄に必要事項を記入し捺印します。駐車場を借りている場合や家族でも土地の所有者が自分以外の場合に使用する「保管場所使用承諾書」には、土地の所有者による署名・捺印が必要です。賃貸の場合には、不動産屋さんに依頼しましょう。

車庫証明申請書の記入例

車検証をお手元にご準備の上、申請書を記入しましょう。

1 自動車保管場所証明申請書
1 自動車保管場所証明申請書

❶住民票は現住所と住所が同一になるよう気をつけましょう。
❷保管場所の住所 (駐車場の番号も記入)をご記入下さい。(使用の本拠の位置と同じ場合「同上」は不可)
❸住民票と同じ住所、フリガナ、氏名、電話番号をご確認下さい。
❹捺印箇所全てに押印してください。必ず三文判でご捺印下さい。
※シャチハタ不可 ※地域によって書式が異なります。あらかじめご了承下さい。

2 保管場所の所在地・配置図
3 保管場所の所在地・配置図

❶所在地
ご自宅から、駐車場の位置関係がわかる地図を作成もしくは添付して下さい。
※自宅から駐車場までの距離は直線距離で2Km以内と法律で定められています。
❷配置図
駐車場内の駐車場所、駐車場所の幅、長さ、屋根がある場合は高さを記入してください。また、道路と出入り口はどこかもわかるように記載してください。

3-A 保管場所使用権原疎明書面(自認書)
4 保管場所使用権原疎明書面(自認書)
3-B 保管場所使用承諾証明書
4 保管場所使用承諾証明書

❶保管場所(駐車場の番号も記入)の住所をご記入下さい。
❷住民票を参考に、住所・氏名・電話番号をご記入下さい。
❸記入日から1年以上の期間を設定して下さい。

記入が終了したら、上記4種類の書類を持参して再度警察署に提出します。提出後数日で車庫証明が発行されるため、後日、窓口に取りに行きます。その際、印鑑が必要になることがあるので、気を付けてください。

取得した車庫証明は、その後、印鑑証明や車検証、自賠責保証書などと共に陸運局に提出します。車購入時の手続きや書類については「納車までどんな手続きがあるの?」をぜひ参考にしてみてください。

ネットからまとめて申請ができる便利なワンストップサービスも!

新しく購入したクルマについて、申請書の入手から車庫証明の取得、陸運局への提出までまとめてウェブサービス「ワンストップサービス」▶︎▶︎でも行うことができます。

❷代理で申請をする場合

必要な書類も入手方法もわかったが、自分で手続きする時間はない。そんな人は、代理で手続きをしてもらうこともできます。警察署での申請書の入手はもちろん、完成した申請書の提出、車庫証明の受け取りも代理で行うことができます。

委任状は用意しておいた方が安心
委任状

車庫証明の取得には委任状は原則不要ですが、代理の人に申請に行ってもらった際、 書類に不備があった場合にその場で訂正してもらうことを想定して用意しておくことをおすすめします。

POINT 3 申請費用など手続きにかかる費用

写真:自動車保管場所証明書

法律により、車庫証明である「自動車保管場所証明」を発行すると、ステッカー型の「保管場所標章」も発行しなくてはならないと決まっています。そのため、車庫証明申請に当たっては「保管場所証明申請書」と「保管場所標章交付申請書」の双方の申請料が必要になります。

双方を合算した申請費用は、都道府県によって差があるものの、約2500円~3000円程度。必要書類を用意して警察署に提出する際に証紙代として支払います。

証紙はどこで購入できるの?

証紙は申請の際に警察暑で購入が可能ですので、あらかじめ購入しておかなくても大丈夫です。

POINT 4 販売店に依頼する方法も!

「必要な書類や費用についてはわかったが、代理で頼める家族が近くにいない」「家族や友人に何度も警察署に行ってもらうのも悪い…」

そんな人は、クルマの購入を考えているお店に相談をしてみましょう。ディーラーや大手の中古車販売店などは、書類の入手、警察署への提出、車庫証明の受け取り、陸運局への提出などを代行してくれる場合が多いです。

もちろん、ガリバーのお店でも車庫証明を含め、様々な手続きを代行するサービスをご用意しております。ガリバーでは中古車の販売だけでなく、今まで乗っていた愛車の買取も行っているため、今までのクルマを手放すための手続きも、新しいクルマに乗るための手続きもワンストップでサポートしております。

近くのお店を探してみる