スバル フォレスターの買取・査定相場

close

10452006

1045

スバル フォレスターの車買取相場

初めての方にも安心!!ネットでカンタン、ラクラク入力 無料!高額査定にチャレンジしよう!

カンタン35秒入力
過去6ヶ月での最高査定額
スバル フォレスター
最高査定額
263.9万円
  • 過去約6ヶ月間の弊社査定実績の中での最高額。
    最高額:平成30年式 スバルフォレスター アドバンス(パール 走行距離1万km走行) 2019年6月査定。
  • 年式、グレード、走行距離、色、装備、その他車両状態などにより査定金額は変わります。過去6ヶ月間の実績で現在の査定金額を示すものではありません。画像はイメージで画像の車両の査定金額を示すものではありません。
ロボット頭
ご利用の愛車について
メーカー名
車種名

メーカーを先にご選択ください

年式
走行距離
お客様について
※以下の情報は、査定結果のお知らせ等の際にご利用いたします。
都道府県
お名前
(全角かな)
  • せい
  • めい
電話番号
(数字)

ハイフン「ー」なしでご記入ください

※お客様からご提供頂いた個人情報は、お車の買取、販売など当社サービスのご案内(電話・メール等)及びご提供のために利用いたします。
ロボット右腕 ロボット左腕 ロボット足
中古車販売・買取実績N0.1
  • 2018年9月、(株)日本能率協会総合研究所調べ(国内中古自動車販売業の主要小売企業を対象とした「中古自動車販売台数 No.1 調査」より)
  • 2018年9月、(株)日本能率協会総合研究所調べ(国内中古自動車販売業の主要小売企業を対象とした「中古自動車買取台数No.1調査」より)
年式+走行距離でより正確な査定額がわかります!

フォレスターの買取相場情報

ガリバーの豊富な買取実績の中から、「フォレスター」の過去6ヶ月間の買取相場情報をご紹介します。「フォレスター」の買取相場は年式やグレード、走行距離の違いにより、大きく変わることがあります。

の買取取引データ
1,129件
車種・グレード名
カラー
年式
走行距離
査定時期
都道府県
査定額
フォレスター アドバンス
パール
平成30年式
(2018年式)
1万km走行
2019年6月
熊本県
263.9万円
フォレスター アドバンス
平成30年式
(2018年式)
1万km走行
2019年5月
長崎県
260.3万円
フォレスター アドバンス
パール
令和1年式
(2019年式)
1万km走行
2019年8月
埼玉県
259.8万円
フォレスター アドバンス
青M
平成31年式
(2019年式)
1万km走行
2019年7月
岡山県
256.8万円
フォレスター アドバンス
令和1年式
(2019年式)
1万km走行
2019年8月
広島県
254.8万円
フォレスター アドバンス
パール
平成30年式
(2018年式)
1万km走行
2019年5月
熊本県
254.2万円
フォレスター アドバンス
パール
平成30年式
(2018年式)
2万km走行
2019年8月
愛媛県
254.2万円
フォレスター アドバンス
シルバー
平成31年式
(2019年式)
1万km走行
2019年5月
埼玉県
252.2万円
フォレスター アドバンス
令和1年式
(2019年式)
1万km走行
2019年7月
福岡県
250.7万円
フォレスター アドバンス
パール
平成30年式
(2018年式)
1万km走行
2019年6月
長崎県
250.7万円
フォレスター tS
パールⅡ
平成27年式
(2015年式)
3万km走行
2019年4月
東京都
249.5万円
フォレスター アドバンス
平成30年式
(2018年式)
1万km走行
2019年6月
大阪府
249.2万円
フォレスター アドバンス
平成30年式
(2018年式)
1万km走行
2019年5月
鹿児島県
249.2万円
フォレスター アドバンス
パール
平成30年式
(2018年式)
1万km走行
2019年6月
長崎県
249.2万円
フォレスター プレミアム
平成30年式
(2018年式)
1万km走行
2019年7月
千葉県
247.2万円
フォレスター プレミアム
平成30年式
(2018年式)
2万km走行
2019年5月
山梨県
246.2万円
フォレスター プレミアム
パール
平成30年式
(2018年式)
1万km走行
2019年8月
群馬県
245.2万円
フォレスター アドバンス
シルバー
平成31年式
(2019年式)
1万km走行
2019年6月
宮城県
243.2万円
フォレスター X-ブレイク
パール
平成32年式
(2020年式)
1万km走行
2019年4月
大阪府
240.2万円
フォレスター アドバンス
パール
平成31年式
(2019年式)
1万km走行
2019年8月
山形県
240.2万円

※これらの価格は過去の査定実績を元に、一部の査定情報を抽出した金額です。また、実際の買取価格を保証するものではありません。

フォレスターの買取相場の特徴

  • 季節を問わずスバルの4WD人気を押し上げる1台がフォレスター
  • フォレスターは海外でも人気が高いため、中古車相場は値上がり傾向
  • 3代目は早めの売却がおススメ
  • 4~5代目は高い査定相場を維持

先代となる4代目SJ型スバル フォレスターは、2012年に登場した。また、予防安全装備「アイサイト」を搭載し、「ぶつからないクルマ」として大ヒットした。
「アイサイト」には、歩行者検知式自動ブレーキを含んでいる。スバルは、国内メーカーにおける安全装備開発の先駆けだ。

3~4代目スバル フォレスターのスペック

【3代目フォレスター】
3代目フォレスター(SH型)は、2007年に登場した。
従来のスタイルは「ステーションンワゴンライク」だったが、車高を高くし、塊感のあるオーソドックスなSUVスタイルに変更された。
海外では高評価だったが、日本国内では賛否両論となった。2代目までの独創的なスタイリングに根強いファンがついていたためだ。

3代目フォレスターから、サスペンション形式も変更され、フロントがストラット、リアがダブルウィッシュボーンになった。これには、ベース車であるインプレッサが、WRC参戦を止めたことが大きく影響している。変更前は、前後ストラット形式だった。

【4代目フォレスター】
先代となる4代目フォレスター(SJ系)は、2012年に登場した。3代目と同じ、車高が高いスタイリングを引き継いだ。

搭載されたエンジンは、2種類ある。1つは、最高出力280ps(206kW)を発生させる2L水平対向4気筒DITターボ。2つめは、最高出力148ps(109kW)を発生させる2L水平対向4気筒DOHCだ。
直噴技術やアイドリングストップ機能の搭載で、燃費性能はターボ車が13.2km/L、自然吸気車が13.4km/L~16.0km/Lとなっている。

ミッションはCVTを中心に、自然吸気エンジン搭載車には6速MTが設定されている。駆動方式は、スバル独自の「シンメトリカル4WD」が採用されている。

フォレスターは、Xモードと呼ばれる制御システムを搭載している。
雪道での発進時やラフロードでの登坂時など、タイヤが空転するようなシーンでは、このXモードが役に立つ。4輪の駆動力やブレーキを適切に制御し、スムーズな走行をサポートしてくれるのだ。

5代目(現行型)スバル フォレスターのスペック

5代目となるSK型フォレスターは、2018年にデビューした。基本的には、先代SJ型フォレスターの美点をそのまま引き継いでいる。
スバルのデザイン哲学である「DYNAMIC x SOLID」に基づき、SUVらしい存在感、力強さ、機能性が表現されている。

速いSUVとして、フォレスターの象徴だった2Lターボエンジンは姿を消し、2.5Lエンジンが追加された。
さらに、2.0Lに1モーター式のハイブリッド車である、e-BOXERも登場した。このe-BOXERは、スバルXVに搭載されているものと同様のものだ。
燃費性能(JC08モード)は、2Lが14.4㎞/Lもしくは14.6㎞/L。e-BOXERは18.6㎞/Lとなっている。

ミッションは、MTが廃止され、全車CVTとなった。CVTのマニュアルモードは、6速から7速になっている。
予防安全装備では、最新の「アイサイトver.3」が全車に標準装備されており、優れた安全性能を誇る。

スバル フォレスターの中古車相場の傾向

フォレスターは日本国内だけでなく、海外でも人気が高い。これが影響して、中古車相場は値上がり傾向が続いている。
スバル車というとマニア向けのクルマというイメージが強かったが、スバル独自の水平対向エンジン+シンメトリカル4WDによって、その人気はマニアだけでなく、世界中のユーザーに広がっている。
フォレスターの特徴は、年式が古くても人気が衰えない点だ。

こうした世間の人気に敏感に反応し、査定価格に反映できるのが買取店だ。
フォレスターのように、新車の販売台数だけでは人気が把握できないクルマは、下取りより買取の方が査定価格は高くなりやすい。

3~5代目のモデルごと査定相場

【3代目フォレスター】
3代目SH型フォレスターの前期モデルは、そろそろ価格が付くか付かないかギリギリラインに入っている。
しかし、10年以上経過したモデルでも、価格が付くことがある。世界的にSUV人気が高いためだ。
そのため、積極的に買取店で査定してもらうと良いだろう。下取りでは、こうした低年式のモデルは価格が付かないケースがほとんどだ。

【4代目フォレスター】
4代目SJ型フォレスターは、非常に高いリセールバリューを維持している。いつ売っても高値売却が期待できる状態だ。
とくに高値が期待できるのは、ターボエンジンを搭載したXTグレードだ。
5代目フォレスターにはターボモデルがないため、速いSUVを望む顧客が集中しているのだ。程度が良ければ、新車価格に近い値段がつく可能性まで秘めている。

【5代目フォレスター】
5代目となるSK型フォレスターも高値傾向だ。デビューしたばかりの新型車なので、しばらくの間は極端な価格の下落はないと思われる。
ただし、デビューから2年程度経ち、中古車の流通台数が増えていくにつれて、買取価格は若干下がるのがセオリーだ。
それでも、一般的なクルマと比べると、非常に高いリセールバリューを維持するだろう。

フォレスターのプラス査定要素

フォレスターでプラス査定が期待できるのは、人気のボディカラーである白&黒系だ。
グレードは、5代目がハイブリッドのアドバンスとXブレイク。4代目はXブレイクとターボのXT系だ。
装備は、4代目はアイサイトが必須。純正ナビやサンルーフ、電動リヤゲートなども高値査定につながるケースが多い。

ガリバーの高額理由は車査定情報に掲載しています。

ガリバーが選ばれる4つの理由

  • 1 近くにお店がある安心感。

    ガリバーの店舗は全国に約550店舗。車査定のご相談で気軽に立ち寄れる拠点として、皆様のお住まいの近くに展開しております。
  • 2 クルマ業界最大規模の販売ルート

    ご売却いただいた愛車は全国のガリバーで再販されるほか、国内のオークション会場と、国内最大のネットワークで新しいオーナーのもとへ届けられます。
  • 3 実績に裏付けされた適正査定額。

    年間取引台数28万台※1累計取引台数333万台※2の実績で積み重ねたノウハウをご提供。もちろん、メーカーや車種を問わず適正な査定価格を算出できます。

    ※1:当社調べ2016年3月〜2017年2月の累計販売台数 累計買取台数の合計

    ※2:当社調べ2018年1月現在創業からの累計販売台数 累計買取台数の合計

  • 4 いいとこ探しのプラス査定。

    あなたの車の”いいとこ探し”で、どんどんプラス査定!車ごとの細やかな人気ポイントを熟知しているガリバーだから可能な査定手段です。

簡単4ステップであなたの愛車を査定します

STEP1

お問い合わせ

WEB・お電話のどちらからでもお気軽にご相談ください。

STEP2

概算価格をご連絡

お問い合わせ後、24時間以内にお電話にてご連絡いたします。

STEP3

査定額の算出

お車を実際にチェックし、正確に査定額を算出いたします。

STEP4

ご売却

査定金額にご納得いただきましたら、ご売却となります。

お住いの地域の買取査定相場をチェック ガリバーの都道府県別の買い取り相場の情報をお教えします。