スマートフォン専用サイトはこちら

車を高く売るポイント|中古車買取実績No.1のガリバー

ガリバーの査定士が教える、クルマを高く買い取ってもらうコツ! ガリバー査定のメリット ガリバーの査定士が教える、
クルマを高く買い取ってもらうコツ

どうせクルマを売るなら、高く買い取ってもらいたいもの。「何月ごろに売りに行こうか」「修理や車検を済ませておいた方が得なのだろうか」とあれこれ気になるものです。日々、車買取相場が変わる中古車。季節や地域、新型車の登場など様々な要因で1ヶ月で20万円も下がってしまうケースもあります。一方で、初年度登録から新しい方が車査定相場が高くなるのも基本です。車買取相場は、需要と共有のバランスで日々車査定相場が下落するため、愛車を高く売りたい、査定額に納得しているのであれば、1日でも早く売却する方がお得です。いつ、どんな状態で査定を受けると高く買い取ってもらえるのか、過去10万台以上の査定経験があるベテラン査定士がわかりやすく解説します。

クルマを賢く売るためのポイントは全部で7つ

POINT 1 時期は1~3月か9~10月が高く売れる

高く売りたいのなら、1年の中でも1~3月か9~10月がおすすめです。理由は簡単で、この時期は新車、中古車を問わずクルマを買う人が多い時期なのです。特に3月は、進学や就職、異動の時期でもあるため、他の月の比ではないほどクルマを買う人が多いです。

中古車販売店の立場で捉えると、クルマが売れるのは分かっている状態。そのため、その時期には在庫を確保しておきたいという気持ちが強く、その分だけ中古車買い取り価格が高くなるのです。

この時期はディーラー、中古車販売店とも決算や半期決算の時期ということもあり、新しいクルマも安く購入できます。そのためクルマの買い替えを考えている人は、1~3月や9~10月というタイミングが狙い目です。

「乗り換えに最適な時期は?」の記事をチェック

POINT 2 走行距離や車検のタイミングで乗り換えるとお得

車検や走行距離は、高値で買い取ってもらうためにも、そして車の維持費なども含めてトータルの費用を安く抑えるためにも、考えておきたいポイントです。

車検はまとまった出費になるため、このタイミングでクルマを買い替えることを考える人は多いです。その時に迷うのが「車検を済ませてから売るべきなのか」という点ではないでしょうか。しかし実際には、車検の分は買い取り価格に転嫁されるため、トータルでの収支はどちらでも変わりません。

また中古車の市場価値は日に日に下がっていくので、売却は一日でも早い方が高値で買い取ってもらえます。車検のせいでクルマを売るのが遅くなるくらいなら、車検前に早く売ってしまった方がお得でしょう。

もう一つの目安が、走行距離です。走行距離に関して、特に覚えておいてほしいのが5万kmと10万kmという二つの数字。走行距離がこの数値を超えたタイミングで買取金額が下がることが多いので、クルマを手放すことを考え始めたら、この大台に乗る前に査定を受けて手放してしまいましょう。

高値で買い取ってもらえるタイミングには、他にも新型発売からの期間やモデルチェンジの有無も影響します。本当にお得で賢い乗り換えには、ライフステージの変化など、その人に合ったタイミングなども重要です。さらに詳しく知りたい人は、買い替えのタイミングをご案内しているこちらのページもご覧ください。

乗り換えのタイミングに関する詳細はこちらをチェック

POINT 3 下取りではなく買取してくれるお店を選ぶ

ディーラーで新しいクルマを買おうとすると、打診されるのが下取り。「下取りも含めると○○万円まで値下げします」などと持ち掛けられたことがある人も多いのではないでしょうか。

しかしクルマを高く売りたいのなら、注意が必要です。というのも、ディーラーは新車を売るのが主な仕事であり、中古車の相場やニーズには詳しくないため、折角の高く売れるポイントを見逃してしまうのです。その点、買取店なら「四輪駆動は雪の多い地域でなら高値で売れる」といった判断ができ、その分だけ高値でお客さまのクルマを買い取ることができるのです。

下取りではなく買取してくれるお店を選ぶ

またディーラーによって下取りされたクルマはその後、展示場において販売されるため、買取店に比べると販売まで時間が掛かってしまいます。中古車は新しいほど高く売れるため、売れるまでに時間が掛かるということは売値が下がるということであり、つまりは中古車としての買取価格も下がることを意味しているのです。ガリバーは全国で約520の店舗、約18000の販売拠点を持っており、さらに販売事業者向けオークションにも出品しているため、在庫として持つ期間は2週間前後。これが、高値で買い取ることができる理由です。

ディーラーの方が何かと便宜を図ってくれるイメージがあるかもしれませんが、今は買取店であっても、次のクルマが納車されるまで代車を貸してくれるお店もあります。お店を選ぶ際は買取店の中でも、代車などのサービスが充実しているお店を選ぶとお得にクルマを買い替えることができます。

代車が必要な方も査定お申し込みいただけます

POINT 4 純正オプションの安全装備や付属品はプラス査定

メーカーオプションやディーラーオプション、また純正の付属品がある場合は、買取の際にしっかりアピールしましょう。ただし、プラスになりやすいオプションと、マイナスになりやすいオプションがあるので注意が必要です。

一番プラスになりやすいのは、後からつけられないメーカーオプションやディーラーオプション。エアバックやブラインドモニターなどの安全装備、サンルーフ、純正ナビなどはその代表例です。また、購入時についていた取扱説明書や整備手帳(保証書)、スペアキーなどの付属品があると、これも高値で買い取ってもらうのに有効です。

逆に、スタッドレスタイヤや行き過ぎたドレスアップはマイナスに見られる場合があるため注意しましょう。

「買取価格をアップするオプションパーツとは?」の記事をチェック

POINT 5 傷は小さなものなら消しておくと査定額アップ

クルマに乗っていると、ちょっとしたキズやヘコミなどはできてしまうもの。修理してから売った方が得なのかと迷うこともあるでしょう。

板金修理が必要な大きなキズやヘコミは、修理代の方が高くつく場合があるため、おすすめしません。修理にかかるコストと中古車としての価値のバランス買取店の方が詳しいため、直さずに査定を受けて手放した方がお得でしょう。

ただし鍵穴付近の擦り傷やステッカーの跡に代表されるような小さなキズ、浅いキズなら市販の研磨剤などで消せるため、費用はほとんど掛かりません。その割に査定額がアップしやすいため、ちょっとしたひと手間をかけて、高値で買い取ってもらいましょう。

その他にもバッテリー切れやエンジンのオイル切れといった場合もあるでしょう。これらは中古車買取店にとっては何でもないことなので、そのまま査定を受けてしまうのが正解です。エンジンがかからずお店にも行けないという人には出張買取のサービスもありますので、こういうサービスを活用してください。

出張買取サービスのお申し込みはこちら

POINT 6 自分で可能な範囲できれいにしておくと高く買ってもらえる

高く買い取ってもらいたいなら、査定を受ける前に、車内をきれいにしておきましょう。といっても、お金を払ってクリーニングを受ける必要はなく、あくまで掃除機や脱臭剤などで対応できるレベルで大丈夫です。

またガソリンを満タンにしておくと高く買い取ってもらえるのではないか、タイヤを交換しておくと査定額がアップするのではないかといった話を聞きますが、どちらも不要です。査定額には影響しないため、そのままお店に持ち込みましょう。

POINT 7 気持ちよく買い取ってもらうコミュニケーションも大事

最後に、査定士とのコミュニケーションのコツもご紹介します。本当に売ってくれると分かれば、営業マンもギリギリまで査定を上げてくれます。ただ価格比較をされているだけだと思うと、最後の一声は出にくいものなのです。

ですので、高く売りたいと思うのなら、本気で売る気があることを伝えましょう。なぜ手放すことになったのか、いつ頃を考えているのか。また必要な金額が明確なら、それを伝えるのもいいでしょう。またそのまま手放せる状態でクルマを持ち込む、必要な書類を持参してお店に行くなどすると、更に本気度が伝わります。

査定の時の価格交渉のポイントは、こちらでさらに詳しくご紹介しています。あとは交渉のみという人は、ぜひ参考にしてください。

価格を交渉するときのポイントをチェック