スマートフォン専用サイトはこちら

車買い替えの手続きと流れ|中古車買取実績No.1のガリバー

ローンが残っている車も乗り換えられる! 乗り換えの基礎知識 クルマ買い替えの手続きと流れ

クルマを買い替える時には、名義の変更に始まり、様々な手続きがあります。必要な書類も多いが、何をしたらいいのかが詳しく分からず、何となく面倒に感じている人も多いのではないでしょうか。しかしちゃんと必要な手順や手続きを押さえておかないと、後で大変な思いをしたり、知らず知らずのうちに損をしてしまうことも。そこで、車の買い替えに必要な手続きや最適な手順を、長年お客様の買い替えをお手伝いしてきたガリバーならではのノウハウと共にご紹介します。

クルマの買い替え・乗り換えを決める前にすること

新しいクルマがほしい。思い立ったら吉日とディーラーに駆け込むのは、クルマに関してはあまりオススメできません。お得な乗り換えをするためには、まずは「今、乗り換えるのが本当に得なのか?」「どこで、どんなクルマを買うべきなのか?」をしっかり調べて、賢い買い物をしましょう。

まずは、今乗っているクルマを査定してもらう

クルマを買い替えるということは、今乗っているクルマがあるということ。そのクルマがどんな状態であれ、まずは一度、中古車買い取り業者に査定をしてもらいましょう。今のクルマを手放すことで得られる金額がわかれば、新しいクルマの予算も立てやすくなるでしょう。

この段階で査定をおすすめするのには、もう一つ、理由があります。新車を買おうとディーラーに行くと、ディーラーから下取りの話を持ち掛けられます。今のクルマの価値が分からないと、その下取り金額が妥当なものなのかわからないまま、何となく営業マンの話に流されてしまいがちです。買い取り専門店に買い取ってもらった方が実際にはお得である場合も多いため、予め査定を受けて、買い取り金額を把握しておきましょう。

更に
差がつく!
クルマ選び、お店選びのポイント

もっとお得にクルマを買い替えたい。そんな人には、自分に合ったクルマについて調べてみましょう。その人の家族構成やライフスタイルに合ったクルマを選ぶことで、長く乗れたり、維持費が安くなったりと、結果的に一番お得になるものです。こちらのページでは様々な切り口でクルマの選び方をご紹介しています。参考にしながら、自分に合ったクルマを見つけてください。

クルマ選び、お店選びのポイント

新しいクルマしか考えていないけど、少しでも安く買いたい。そんな人には「新古車」や「未使用車」と呼ばれるクルマがおすすめです。未使用車とは、登録を済ませてナンバーがついているために、制度上は中古車となるものの、実質は新車と変わらない状態のクルマです。車両価格がお得なだけでなく、税負担も軽くなるため、ディーラーで新車を買うよりもお得な乗り換えができます。

特に未使用車や中古車を購入する時は、お店選びも重要です。修理歴(事故歴)があるクルマは故障のリスクが高いことが分かっており、せっかく安く車両を購入しても、修理代が高くついてしまうことも。修理歴がないクルマを取り扱っていて、点検が充実しているお店で購入することをおすすめします。

ローン残債がないか確認を

今のクルマのローンを払い終えているかどうかも、この段階で確認しておきましょう。ローンが残っている場合、それを買い取り店に伝えると、買い取り金額からローン残債を一括返済してもらえます。そしてあなたの手元に、残債額を差し引いた金額が支払われるという仕組みです。

ローン残債がないか確認を

査定額よりもローンの残債額の方が大きい場合は、
1. 不足分を買い取り店に現金で支払う、
2. 不足分をローンで支払う、
3. 次のクルマの代金と併せてローンを組んでもらう

など、様々な方法があります。買い取り店は色々な形で力になってくれるので、まずは相談してみましょう。

※ガリバーでは、クルマ乗り換え専用のおまとめローン「プラスローン」があります.。

ローン残債の手続きについて 詳しくはこちら

クルマの買い替え・乗り換えが決まったら

欲しいクルマが決まった。あとは価格を交渉して、契約をするだけ。そんな段階になったら、予め必要な書類や手続きの準備を進めておくと、買い替えがスムーズにいきます。きちんと段取りをしないと、なかなか契約ができず納車が遅れてしまうので、先手を打って進めていきましょう。

自動車税の支払い忘れがないか確認を

クルマを売却する時は、自動車税納税証明書が必要です。つまり、自動車税を支払い忘れていると、名義変更ができないということであり、クルマを売却できなくなってしまいます。

自動車税は、その年の4月1日時点でのオーナーに課されています。毎年4月下旬~5月上旬に送られてきて、滞納すると、通常の自動車税に加えて遅延金も請求されます。まずは早急に自動車税の納付を済ませ、それから査定など、クルマの売却のための手続きをとることをおすすめします。

クルマにかかる税金について 詳しくはこちら

自動車保険の「車両入替手続き」をしよう

購入するクルマが決まり、大体の納車の時期を決めたら、早々に自動車保険会社に連絡をして「車両入替手続き」をしましょう。車両入替手続きとは、自動車保険に登録されている車両を、今までのクルマから、新しいクルマに切り替えるための手続きで、これを忘れると、新しいクルマで事故にあった場合に補償が受けられない場合があります。

「自動担保特約」という特約があるため、乗り換え後30日間は無保険にはなりませんが、古いクルマに設定していた補償しか得られないため、納車日に保険対象の車両が切り替わるのが理想的です。そのためには、処理に必要な日数を見越して、納車より前に切り替え手続きを済ませる必要があります。

手続きはそれほど難しくはなく、必要な書類は新しいクルマの車検証(の控え)。まずは自動車保険の代理店やウェブサイトから、車両入替手続きを申し込み、納車日を連絡。その上で、指定の方法で新しい車検証を保険会社に共有しましょう。最後に、車両切り替えによる差額を支払えば手続き完了です。

クルマの買い替え時に必要な保険の変更手続き 詳しくはこちら

クルマの売買に必要な書類を準備しよう

購入したいクルマの目星がついたころから、クルマの売買に必要な書類の準備を始めましょう。クルマの売買に必要な印鑑証明書などを準備していることをサラリとにおわせると、ディーラーや買い取り専門店に本気度を伝えることもできます。こちらのページで必要な書類とその役割をご紹介していますので、契約直前に慌てないよう、予め準備しておきましょう。

買い替えに必要な書類 詳しくはこちら

クルマの名義変更をしよう

今のクルマを売却したり、新しいクルマを購入したりする際には、移転登録(クルマの名義変更)をする必要があります。移転登録とは、クルマの持ち主を変える手続きです。

実際には、ディーラーや買い取り店が手続きを代行してくれることがほとんどですので、上記の必要書類を用意して、あとはお任せしてしまいましょう。ガリバーでもクルマの購入、売却の際の移転手続きを代行しており、手続きが完了したら「名義変更通知書」を発行しています。この「名義変更通知書」はお客様の元にお送りしています。

いよいよ納車!その時に確認することは?

待ちに待った納車の日。はやる気持ちを押さえつつ、営業マンと一緒にクルマをしっかりと確認しましょう。クルマのヘコミやキズを確認しやすいよう、明るい時間に納車してもらうのがおすすめです。

また、今まで使っていたETCを新しいクルマに付け替える場合、そのセットアップもお願いしてしまいましょう。ETCにはクルマの種類(軽自動車、普通自動車、大型車など)やクルマのナンバーが登録されているため、クルマを買い替えた際は再セットアップが必須です。うっかり忘れがちですし、自分で設定するのは面倒なので、営業マンにお願いしてしまうのがおすすめです。

ETCセットアップに関する記事を読む