【新車購入のバイブル】 損をしない! 新車購入3つの掟|中古車買取実績No.1のガリバー

新車購入時の値引き術 損をしない、新車購入の3つの掟

クルマ販売は不平等

クルマを購入するというのは、決して簡単な行為ではない。商談、登録、税金や保険、さらにはローンはどうするなどなど、やらなければならないことが山ほどある。しかし、これらをひとつひとつクリアしていくことで、晴れて念願のマイカーを手にすることができ、楽しいカーライフを過ごすことができるのだ。

ご存じの通り、クルマというものは安いものではない。車種によって価格はさまざまだが、人気のミニバンクラスなどでは購入時にかかる諸費用、オプションを含めると約100万円近くにもなる。物を買うときに「少しでも安く」というのはクルマにも当てはまる。クルマも他の物と同じように「車両本体価格」という定価が付けられている。

しかし、定価はあるものの「値引き」がクルマ販売の商習慣。この額の大きさが、クルマを購入するにあたって、得するか否かの分かれ道となる。同じクルマであっても、その値引き額は購入する人それぞれで違う。5万円しか値引きしてもらえない人もいれば30万円も値引きしてもらえる人もいる。ポイントは営業マンとの商談。簡単に言ってしまえば、商談の上手な人は得をして、苦手な人は損をするというわけだ。しかし、それって、とっても不平等! そこでココでは、知らないと損をする新車購入基本テクニックを紹介しよう!!

掟 1 きょうごう競合

写真:必ず競合させろ!イメージ
必ず競合させろ!

どのクルマにも少なからず他メーカーで販売されているライバル車が存在する。商談の際に、このライバルを引き合いに出すというのは値引きを効果的に引き出すための常套手段。

欲しいクルマのライバルに該当するクルマはどれかを調べ、そのクルマの見積もりを入手しておくなどの手を打つことによって、商談をグッと有利に進めることができるのだ。

写真:営業マン同士を競わせろ!イメージ
営業マン同士を競わせろ!

欲しいクルマのライバル車の見積もりも必ずもらうこと。別にライバル車に興味がなくとも必ず1度は商談すること。ライバルの存在は値引きの拡大につながる。本命車種の営業マンに、『うかうかしているとライバル車種の営業マンにお客を取られる』という緊張感を与えることで商談も有利に展開できるのだ。値引き額をベースに競い合わせれば、さらに大幅値引きが期待できる。

写真:本命車種を見破られるなイメージ
本命車種を見破られるな!

商談中は、競合させているどちらの営業マンにもあなたの本命車種を悟られないことが大切だ。なぜなら、あなたが狙っている本命車種が何であるかを営業マンに悟られた瞬間から、値引き金額が上がらなくなる可能性があるからだ。営業マンの前ではあくまでクールに振る舞い、なおかつどちらのクルマにしようか迷っているという態度を貫き通すべし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他おすすめページ