車の買い取りと車下取りの違い

close
車売却の基礎知識 「買い取り」と「下取り」の違い

車売却の基礎知識 「買い取り」と「下取り」の違い

クルマの買取りと下取りの違いとは?どちらも耳にする言葉ですが、その違いについてきちんと理解している人は意外と少ないのではないでしょうか。買取りと下取りの違い、買取価格が高くなる理由といった基礎知識を解説します。ガリバーの買取りと、ディーラーの下取りのメリット・デメリット、結局どちらがお得なのかについて、わかりやすく図解で説明します。

POINT 1

買取りは、下取りと比べて目に見えないコストが低い

お店側の視点に立って見ると、買取りと下取りでは、買取りの方がかかるコストを低く抑えられます。
具体的には、お客様のクルマを買い取ったあと、売却するまでの期間が短いのが買取りの特徴です。
一方、下取り車は、そのまま商品化のための整備が施されることが多いため、在庫期間が長くなりがちです。
このように、在庫として保持している期間が短いほど管理コストが低くなり、その分を買取価格に反映することができます。つまり、買取価格の方が高くなる傾向があるということです。

  • ガリバー「買取り」の場合


    徹底した在庫管理でコストをカット

    ガリバーは、小売向きと判断した車両以外の買取り車両を、原則2週間程度で売却しています。余分なマージンや在庫管理の経費をカットし、買取り金額に反映しています。

    ガリバー「買取り」の場合のコスト
  • ディーラー「下取り」の場合


    在庫販売は管理コストがかかる

    下取りの場合、店が在庫として持つ期間が長く、駐車スペースや、管理経費、中間マージンの補填が必要となります。これらの費用は下取り価格にプラスされるため、高額での下取りは難しくなります。

    ディーラー「下取り」の場合のコスト
POINT 2

買取りでは人気車は高く売れる

中古車の買取り価格には、相場価格の動きや市場での人気が、大きく影響を及ぼします。
これらの情報をリアルタイムで正確に把握しているため、相場価格の動きをダイレクトに買取り価格に反映できます。
ガリバーが高値での買取りを実現できる理由は、ここにあります。

  • ガリバー「買取り」の場合


    中古車市場の相場を熟知している

    市場のニーズは、地域によって違います。
    例えば「冬の北海道では4WDが高い」といったように、全国各地の相場情報から「この時期、一番高い」相場データをリアルタイムに把握しています。
    こういったニーズも買取り金額に反映し、おクルマを買い取っています。

    全国展開しているガリバーでは、全国統一基準で査定を行っています。店舗や地域によるばらつきのない、高い買取り金額を提示できるのです。

  • ディーラー「下取り」の場合


    中古車よりも新車販売が主

    ディーラーは、新車を販売することが主な業態です。
    そのため、全国の中古車相場やニーズをリアルタイムに把握することは、買取店よりも苦手な傾向があります。
    つまり、高い下取り金額を提示が提示されない場合があるということです。

    下取り査定は、基準が曖昧だと感じたことはありませんか?ディーラーによって、新車購入とのセットで対応していることもあるため、下取り提示額にばらつきが出てしまう恐れがあります。

POINT 3

販路が多ければ、高く売れる可能性も高い

お店側が「こんなクルマを欲しがっている人がいる」という情報を把握していれば、買取り価格は当然高くなります。
ガリバーには全国約の店舗に加え、約18,000件の販売拠点があり、クルマのリクエストが毎日届いています。
このように、ニーズや人気車種を把握できる仕組みが整っているため、高値で買取りができるのです。

  • ガリバー「買取り」の場合


    全国のオークション流通網と独自の流通網

    ガリバーでは、お客様から買取った愛車をオークションに出品し、販売するルートも構築しています。
    クルマのオークションには、全国や海外から多数の中古車ディーラーが仕入れに来ます。国際的なオークションでは、求められるクルマも多種多様です。
    ガリバーはオークションで売れるクルマの傾向も把握しているため、オークションでもクルマを効率的に販売できます。
    お客様にとっては、買取り価格に市場の人気を反映しやすくなります。

    ガリバー「買取り」の場合の流通
  • ディーラー「下取り」の場合


    ディーラー単独の販売網と少ない選択肢

    ディーラーでは基本的に、下取りしたクルマを展示場に展示して販売しています。
    展示場では、オークションを利用した販売に比べ、クルマが売れるまでに時間がかかります。
    先に述べたように、ディーラーは新車を売るのが主なサービスです。そのため、日々動いている中古車相場を正確に把握できていない恐れがあります。
    こういった理由で、下取り価格に中古車相場を反映するのは難しいと言えます。

    ディーラー「下取り」の場合の流通