車の買い取りと車下取りの違い

車売却の基礎知識 「買い取り」と「下取り」の違い

車の買取と下取りの違いとは?どちらも耳にする言葉ですがその違いについてきちんと理解している人は意外と少ないものです。買取価格が高くなる理由とは?結局どっちがお得なの?など、買取店のガリバーとディーラーでの下取りの違いとメリットデメリットについてわかりやすく図解で説明します。

POINT 1

買取は目に見えないコストが低い

車の買取価格提示後、売却するまでの期間が短いのが買い取りの特徴。下取りの場合、買い替えの車が納車されてから、車が入庫して商品化されるので、在庫期間が長くなりがちです。在庫している期間が短いほど管理コストが低くなり、買取価格に反映可能になります。

  • ガリバー「買い取り」の場合
    無在庫流通なら管理コストをカット

    ガリバーは無在庫流通で、買い取り車両は2週間程度で売却。余分なマージンや在庫管理の経費をカットし、買い取り金額に反映しています。

    ガリバー「買い取り」の場合 無在庫流通なら管理コストをカット
  • ディーラー「下取り」の場合
    在庫販売では管理コストがかかる

    下取りの場合は在庫期間が長く、駐車スペースなど、在庫管理の経費や中間マージン分の補填が必要となり、下取り価格に折り込まれるため、高価での下取りが困難。

    ディーラー「下取り」の場合 在庫販売では管理コストがかかる
POINT 2

買取では人気車は高く売れる

中古車の買い取り価格には、相場価格の動きや市場での人気が、大きく影響を及ぼします。これらの情報を、リアルタイムで正確に把握していれば、相場価格の動きをダイレクトに反映できます。
ガリバーが高値での買い取りを実現できる理由は、ここにあります。

  • ガリバー「買い取り」の場合
    中古車市場の相場を熟知している

    市場のニーズは地域によってもまちまち。例えば「冬の北海道では4WDが高い」など、全国各地の相場情報から、「その時期、一番高い」相場データをリアルタイムに把握していれば、買い取り金額に反映できます。

    全国展開しているガリバーでは、全国統一基準で査定を行っているので、店舗や地域によるばらつきのない、高い買取金額を提示できるのです。

  • ディーラー「下取り」の場合
    中古車販売に詳しくない

    新車販売が専門のディーラーでは、全国の中古車相場やニーズをリアルタイムに把握することが難しく、高い下取り金額を提示することは、リスクが大きくなります。

    下取り査定は、基準が曖昧だと感じたことはありませんか? 各ディーラーによって、新車購入とのセットで対応しているため、下取り提示額にばらつきが出てしまうのです。

POINT 3

販路が多ければ、高く売れる可能性も高い

お店側が「こんなクルマを欲しがっている人がいる」という情報を把握していれば、買い取り価格は当然高くなります。
ガリバーには、全国約550の店舗に加え、約18,000件の販売拠点から、欲しがられているクルマのリクエストが毎日ぞくぞくと届いています。だから、高値で買い取りができるのです。

  • ガリバー「買い取り」の場合
    全国のオークション流通網と独自の流通網

    ガリバーでは買い取ってからすぐにオークション販売します。オークションは、お客様の様々なニーズを集めた、多数の中古車ディーラーが仕入れに来るため、短期間でクルマを販売でき、市場の人気を反映しやすくなります。

    ガリバー「買い取り」の場合 全国のオークション流通網と独自の流通網
  • ディーラー「下取り」の場合
    ディーラー単独の販売網と少ない選択肢

    ディーラーでは下取ったクルマを展示場に展示して販売します。展示場では、オークションの販売に比べ、販売までに時間がかかるため、日々動いている中古車相場を反映するのが難しくなってきます。

    ディーラー「下取り」の場合 ディーラー単独の販売網と少ない選択肢