スズキ ジムニーの買取・査定相場

close

10552002

1055

スズキ ジムニーの車買取相場

初めての方にも安心!!ネットでカンタン、ラクラク入力 無料!高額査定にチャレンジしよう!

カンタン35秒入力
過去6ヶ月での最高査定額
スズキ ジムニー
最高査定額
179.9万円
  • 過去約6ヶ月間の弊社査定実績の中での最高額。
    最高額:令和1年式 スズキジムニー XC(黒 走行距離1万km走行) 2019年11月査定。
  • 年式、グレード、走行距離、色、装備、その他車両状態などにより査定金額は変わります。過去6ヶ月間の実績で現在の査定金額を示すものではありません。画像はイメージで画像の車両の査定金額を示すものではありません。
ロボット頭
ご利用の愛車について
メーカー名
車種名

メーカーを先にご選択ください

年式
走行距離
お客様について
※以下の情報は、査定結果のお知らせ等の際にご利用いたします。
都道府県
お名前
(全角かな)
  • せい
  • めい
電話番号
(数字)

ハイフン「ー」なしでご記入ください

※お客様からご提供頂いた個人情報は、お車の買取、販売など当社サービスのご案内(電話・メール等)及びご提供のために利用いたします。
ロボット右腕 ロボット左腕 ロボット足
中古車販売・買取実績N0.1
  • 2018年9月、(株)日本能率協会総合研究所調べ(国内中古自動車販売業の主要小売企業を対象とした「中古自動車販売台数 No.1 調査」より)
  • 2018年9月、 (株)日本能率協会総合研究所調べ(国内中古自動車買取業の主要小売企業を対象とした「中古自動車買取台数No.1調査」より)
年式+走行距離でより正確な査定額がわかります!

ジムニーの買取相場情報

ガリバーの豊富な買取実績の中から、「ジムニー」の過去6ヶ月間の買取相場情報をご紹介します。「ジムニー」の買取相場は年式やグレード、走行距離の違いにより、大きく変わることがあります。

の買取取引データ
856件
車種・グレード名
カラー
年式
走行距離
査定時期
都道府県
査定額
ジムニー XC
令和1年式
(2019年式)
1万km走行
2019年11月
高知県
179.9万円
ジムニー XC
アイボリー
平成31年式
(2019年式)
1万km走行
2019年10月
千葉県
179.9万円
ジムニー XC
Lグリーン
平成31年式
(2019年式)
1万km走行
2019年6月
福岡県
179.9万円
ジムニー XC
ベージュ
平成30年式
(2018年式)
1万km走行
2019年6月
北海道
173.3万円
ジムニー XC
Dグリーン
平成31年式
(2019年式)
1万km走行
2019年11月
和歌山県
172.4万円
ジムニー XC
パール
令和1年式
(2019年式)
1万km走行
2019年8月
静岡県
171.5万円
ジムニー XC
平成30年式
(2018年式)
1万km走行
2019年7月
福岡県
170.5万円
ジムニー XC
令和1年式
(2019年式)
1万km走行
2019年9月
愛知県
169.6万円
ジムニー XC
Dグリーン
平成30年式
(2018年式)
1万km走行
2019年7月
山口県
168.6万円
ジムニー XC
平成30年式
(2018年式)
1万km走行
2019年6月
茨城県
168.6万円
ジムニー XC
パール
平成31年式
(2019年式)
1万km走行
2019年9月
和歌山県
167.7万円
ジムニー XC
平成30年式
(2018年式)
1万km走行
2019年11月
福岡県
167.7万円
ジムニー XC
平成31年式
(2019年式)
1万km走行
2019年11月
埼玉県
166.7万円
ジムニー XC
パール
平成30年式
(2018年式)
1万km走行
2019年6月
島根県
166.7万円
ジムニー XC
ベージュ
平成30年式
(2018年式)
1万km走行
2019年7月
佐賀県
165.8万円
ジムニー XC
ベージュ
平成31年式
(2019年式)
1万km走行
2019年7月
東京都
164.8万円
ジムニー XC
ベージュ
平成30年式
(2018年式)
1万km走行
2019年6月
青森県
164.8万円
ジムニー XC
平成30年式
(2018年式)
1万km走行
2019年6月
愛知県
164.8万円
ジムニー XC
アイボリーⅡ
平成30年式
(2018年式)
1万km走行
2019年7月
東京都
163.9万円
ジムニー XC
平成31年式
(2019年式)
1万km走行
2019年9月
大阪府
162.9万円

※これらの価格は過去の査定実績を元に、一部の査定情報を抽出した金額です。また、実際の買取価格を保証するものではありません。

ジムニーの買取相場の特徴

  • ジムニーは軽自動車で唯一のクロスカントリー4WD
  • ジムニーの査定相場は安定傾向
  • 10年落ち以上の3代目ジムニーは早めの売却がおススメ
  • 4代目は安定の高値傾向

スズキ ジムニーは、軽自動車で唯一のクロスカントリー4WDだ。ユニークな存在と言える。初代モデルが発売されたのは1970年なので、長い歴史を持つモデルだ。
この長い歴史の中では、ライバル車が存在した時期があった。三菱 パジェロミニやダイハツ テリオスキッドがライバル車に当たる。

しかし、現在も生き残っているのはジムニーだけ。そんなジムニーは、20年振りにフルモデルチェンジし4代目となった。

ジムニーは、軽自動車唯一のクロスカントリー4WD

ジムニーの悪路走破性は、とても優秀だ。これには、軽自動車の軽量ボディを生かしたクルマ作りが影響している。この軽量さが、オフロードの走破性に生かされている。
大型クロカン4WDでは走れないような超悪路でも、ジムニーなら走れるといったことも多いほどだ。

3代目ジムニーの改良ポイント

3代目ジムニーは、軽自動車の規格改正に合わせ、1998年に発売された。
それまでモデルに設定されていた、幌タイプのボディは廃止された。やや丸みを帯びたとはいえ、いかにも頑丈そうな外観デザインで、3ドアのみの設定となった。
また、全車が5ナンバーの乗用車仕様となった。

3代目ジムニーのボディは、伝統ともいえるラダーフレームを採用している。フレームは全面的に新設計され、衝撃吸収構造が加えられるなど、より強固なボディへと進化した。
また、足回りには、前後のリジッドアクスルが継承されている。
こうした設定によって、オンロードでの操縦安定性が高まり、一般道でも扱いやすくなった。同時に、オフロードでの走破性も向上させる足回りとなっている。
搭載されているエンジンは660㏄の直列3気筒ターボの1種類で、ミッションは5速MTまたは4速ATが選べる。

2002年の一部改良で、インタークーラーの大型化をはじめとするエンジンの改良が行われた。
2004年のマイナーチェンジでは、インパネの意匠が変更され、4WDの切り替えがレバー式からスイッチ式へ変更された。
また、リアシートのダブルフォールディング式収納が廃止され、背もたれのみが前に倒れる収納方式となった。
2008年にもエンジンと4WDが変更されるアップデートが行われている。

4代目ジムニーの改良ポイント

4代目ジムニーは、20年振りのフルモデルチェンジを行い、2018年に登場した。
歴代ジムニーの魅力だった悪路走破性能を、さらに向上させた。梯子(はしご)型に組んだ頑強なラダーフレーム構造を継承したのも、その理由の一つだ。
この新設計のラダーフレームは、X(エックス)メンバーと、前後にクロスメンバーを加えたことで、ねじり剛性(ねじりに対する抵抗力)を先代比約1.5倍も向上させている。

そして、車体とラダーフレームをつなぐ、ボディーマウントゴムも新設計されている。これによって乗り心地や、操縦の安定性も向上した。
サスペンションも、ジムニーではお馴染みの「3リンクリジッドアクスル式」を採用している。

他には、ステアリングダンパーが新たに採用された。これには、悪路走行時のステアリングへのキックバックを低減し、高速走行時の振動を減少させる機能がある。
ミッションは、機械式副変速機付きパートタイム4WDを引き継いでいる。
また、最新の電子制御技術である「ブレーキLSDトラクションコントロール」を全モデルに標準装備した。

搭載されているエンジンは、縦置きでFR(後輪駆動)レイアウトだ。660㏄のR06A型の直3DOHCターボのみの設定で、出力は64ps&96Nmとなっている。燃費は、16.2㎞/L。ミッションは、5MTまたは4ATが選択できる。
燃費性能は大幅に改善されたものの、最新の軽自動車と比較すると素晴らしいとは言えない。とくに先進国である日本マーケットでは、より低燃費性能を誇るパワーユニットが必要となるだろう。
燃費は、4代目ジムニーの課題の一つでもある。

オフローダーとしての性格上、修復歴無しが高価買取のポイント

スズキ ジムニーの中古車相場は安定している。

【3代目ジムニー】
しかし、4代目ジムニーが登場したことで、3代目ジムニーの中古車相場は緩やかに下降している。
他の軽自動車に比べると、非常に高いリセールバリューを維持していることには変わりない。

とはいえ、10年落ち以上となる2008年以前の3代目ジムニーは、そろそろ価格が付くか付かないかギリギリの境界線上に入ってきた。このあたりの年式は、早めの売却を検討しても良いだろう。

【4代目ジムニー】
4代目ジムニーは大量のバックオーダーを発生させるほど人気なため、中古車価格も高騰している。
人気カラーで高級グレード、オプション装備が充実しているものは、新車並みか、新車をやや超えた価格で売られている。
4代目ジムニーのリセールバリューが大幅に下落することは、しばらくの間ないだろう。

ジムニー売却時の注意

ジムニーという少々特殊な軽自動車は、売却時に注意が必要だ。
買取店では、中古車マーケットでのジムニーの相場を反映させた価格を提示してくれるだろう。
しかし、新車ディーラー系では年式で価格を計算することがあるため、買い取り店のような高値は期待しづらい。
古い年式やカスタマイズしたジムニーは、コンディションが良ければ、想像以上の査定価格が付く可能性が高い。ジムニー専門店や買取店であれば、この可能性がさらに高まるということだ。

高価買取が期待できるポイント

修復歴がないことが第一だ。そして、メンテナンス履歴がしっかりわかることだ。悪路走破性が重視されるクルマなので、機能に係わる部分のコンディションは重要となってくる。
もちろん、内外装に大きなダメージが無いことも重要なポイントになる。

高値が付くグレードは、3代目なら特別仕様車の「ランドベンチャー」や、上級グレードの「XC」。
ボディカラーは、ホワイトやブラック系が高値傾向だ。ナビが装備されていると、プラス査定になる。

ジムニーは、カスタマイズされているモデルが多いのも特徴だ。リフトアップを含め、大幅なカスタマイズがされているモデルは、ジムニー専門店での売却がおすすめ。
一般的な買取店で高値が期待できるのは、ライトなカスタマイズまでとなる。

ガリバーの高額理由は車査定情報に掲載しています。

ガリバーが選ばれる4つの理由

  • 1 近くにお店がある安心感。

    ガリバーの店舗は全国に約500店舗。車査定のご相談で気軽に立ち寄れる拠点として、皆様のお住まいの近くに展開しております。
  • 2 クルマ業界最大規模の販売ルート

    ご売却いただいた愛車は全国のガリバーで再販されるほか、国内のオークション会場と、国内最大のネットワークで新しいオーナーのもとへ届けられます。
  • 3 実績に裏付けされた適正査定額。

    年間取引台数28万台※1累計取引台数333万台※2の実績で積み重ねたノウハウをご提供。もちろん、メーカーや車種を問わず適正な査定価格を算出できます。

    ※1:当社調べ2016年3月〜2017年2月の累計販売台数 累計買取台数の合計

    ※2:当社調べ2018年1月現在創業からの累計販売台数 累計買取台数の合計

  • 4 いいとこ探しのプラス査定。

    あなたの車の”いいとこ探し”で、どんどんプラス査定!車ごとの細やかな人気ポイントを熟知しているガリバーだから可能な査定手段です。

簡単4ステップであなたの愛車を査定します

STEP1

お問い合わせ

WEB・お電話のどちらからでもお気軽にご相談ください。

STEP2

概算価格をご連絡

お問い合わせ後、24時間以内にお電話にてご連絡いたします。

STEP3

査定額の算出

お車を実際にチェックし、正確に査定額を算出いたします。

STEP4

ご売却

査定金額にご納得いただきましたら、ご売却となります。

お住いの地域の買取査定相場をチェック ガリバーの都道府県別の買い取り相場の情報をお教えします。