スマートフォン専用サイトはこちら

中古車のガリバー|中古車情報なら実績No1のガリバー

トヨタ アクアの値引き情報

アクア 新車値引き交渉の最新情報
ライバル車比較からディーラー攻略法まで

2016年8月31日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクアの特徴

2014年・2015年と2年連続で乗用車販売ランキングNo.1に輝き、2016年に入ってもその勢いは衰えるところを知らない超人気モデル、トヨタ・アクア。
その人気の理由はなんといってもその燃費のよさです。またコンパクトカーらしいかわいらしいデザインと、見た目より大きい車内空間の広さなど、普段づかいの街乗り用車にピッタリのモデルです。

ライバル車のスペック・価格比較

値引きする際の材料としてライバル車を引き合いにだすのは常套手段です。ディーラーで値引き交渉をするときに、ライバル車と比較するだけで価格を下げてくれる可能性がグッと高くなります。

トヨタ アクアの主なライバル車
  • アクア

  • フィット ハイブリッド

  • デミオ

コンパクトカー市場は現在もっとも売れているだけに競合も多数いますが、No.1のアクアを取り扱うディーラーが反応するのはホンダ・フィットハイブリッド日産・ノート、また値段勝負に持ち込みたい場合は2015日本カーオブザイヤーを受賞したマツダ・デミオなどの見積もりももらってくるといいでしょう。

メーカー・車種名 アクア フィット デミオ
車両価格 169万円〜185万円 169万円〜222万円 135万円〜172万円
現行モデル発売日 2011年12月 2015年9月 2014年9月
燃費(km/L) 35.4 27.6〜36.4 21.8〜24.6
JC08モード燃費 37.0 36.4 30.0(ディーゼル)
シフト 電気式無段変速機 7速オートマチック SKYACTIV-DRIVE
(スカイアクティブ・ドライブ)
:6EC-AT
or
SKYACTIV-MT
(スカイアクティブ・エムティー)
:5MT
駆動方式 FF フルタイム4WD、FF FF
排気量 1496 1496 1298
定員 5名 5名 5名
ドア数 5ドア 5ドア 5ドア
最小回転半径 4.8m 4.7m 4.7m

デミオの最廉価グレードがほかより安いのは、デミオにはクリーンディーゼルとガソリン車しかないからです。また、これ以外に日産ノートはハイブリッドモデルを2016年11月に追加する予定で、ヴィッツも2017年3月ごろにハイブリッド車を追加する予定なので、コンパクトカー市場はまだまだアクアの一人勝ちを許さないでしょう。

最新モデルチェンジ情報

アクアのモデルチェンジ情報

2016年8月 マイナーチェンジ 予定
2015年12月 一部改良 特別仕様車「20Xt エマージェンシーブレーキパッケージ」発売
2015年7月 特別仕様車「モード・プレミア」発売
2015年4月 エクストレイルハイブリッド発売

2016年8月にマイナーチェンジをしてさらに勢いがでるのではないかと予想されます。また、2011年の登場以来まだフルモデルチェンジがなく、2017年か2018年にはフルモデルチェンジがあるのではないかと考えれば、今後様子を見る価値は十分にあるでしょう。

フィットのモデルチェンジ情報

2015年12月 特別仕様車「Fパッケージコンフォートエディション」発売
2014年12月 一部改良
2013年9月 フルモデルチェンジ
2012年10月 特別仕様車「ファインスタイル」発売

フィットは2017年4月にマイナーチェンジをする予定です。これはヴィッツのハイブリッドともタイミングが一致するため、この時期にコンパクトカー市場は一気に荒れる可能性が十二分にあります。

デミオのモデルチェンジ情報

2016年11月 一部改良 予定
2015年12月 一部改良 特別仕様車「ブラック レザー リミテッド」発売
2015年9月 グレード追加
2015年4月 特別仕様車「ミッド・センチュリー」「アーバン・スタイリッシュ・モード」発売

デミオは2016年11月に一部改良が予定されている以外には特に目立った動きはありません。本来であればハイブリッドのないデミオをアクアと競合させるという発想はありませんが、コンパクトカー市場はなによりも利便性と値段という側面があるだけに、クリーンディーゼルの燃費性能でも説得材料となりえます。

ディーラーへ行く前に!下取り車売却のコツ

ライバル車の情報もわかったところで早速ディーラーへ、と思っている方は少々お待ちください。

値引き交渉の際、ディーラーはあなたが現在乗っている車の下取りをすると言ってくることがあります。これは一見便利なサービスのようにも思えますが、ここで提示される下取り額が必ずしも適正だとはいえません。まずは買取り専門店を回って自分の車の正しい価値を知り、その値段をベースに下取り価格と比べましょう。

買取店はディーラーより価格が高くないと商売にならないワケですから、必然的に買取店でもらう下取り額のほうが高くなります。この査定額を新車値引き交渉に入る前に絶対にもらっておき、ディーラーの営業マンが下取りをかってでたら買取店で出してもらった査定額を引き合いにだすことで、下取り額を吊り上げましょう。

また新車の見積もりをもらう場合には、下取り車アリとナシの2パターンを必ずもらいましょう。

このとき「下取り車ナシだと値引き額が少なくなる」と言われることがありますが、これは何らかの下取り車対策金がメーカーから支払われている可能性が高いと考えていいでしょう。

逆に買取り専門店の価格より明らかに高価な場合は、何らかの対策金か、値引き額を下取り車に当てている可能性があります。メーカーから数十万円ほどの下取り車対策金が出ていないかぎり、買取り専門店より異常に高い下取り価格がでることは、車市場の構造上考えられません。そういったトラップに引っかからないためにも、「新車値引き」と「下取り額」はしっかりと分けて商談に挑みましょう。

また、ディーラーは下取り車が入庫するのにかかる期間の値落ちを見越した下取り価格を提示します。対して買取り店は現在の価格を提示してくれるため、当然値落ちを見越しているディーラー下取りよりもいい条件が提示されます。買取店でもらった査定額をディーラーへもって行き、納得のいく金額を出してもらえないようであれば買取店で売ってしまいましょう。

ただ新車購入前に車を買取り店で売ってしまったら、新車が来るまで何に乗ればいいのかと心配なさるかたもいるでしょう。ところが、最近では代車サービスなどもある買取り専門店も多く、そういったサービスを積極的に利用することもできるので安心してください。

さらに、新車からカスタムしたい人や、購入資金に自由度が欲しい場合も買取り店をご利用することをオススメします。下取りとは違い、買取りの場合は現金が手に入るので、一部の現金をカスタム費用に回すなどすればローンを車の分のみで済ませることができます。カーショップのローンより、自動車ローンの方が金利も安い場合が多いので、結果そのほうがお得でしょう。

狙い目のグレードは?

狙い目のグレードは?



アクアはスポーツグレードであるG以外はエンジンも車体も同じで、価格帯も似ていることからどのグレードを選んでも値引き額はさほどかわらないでしょう。強いて言えば最廉価グレードのLを選ぶと、ハイブリッド以外の車との価格競争に持ち込みやすいので、「どうしても安くしたい!」という方はLを選ぶといいでしょう。

またカジュアルで充実装備の人気グレードSもおすすめです。それ以外にもホビー感覚のX-URBANなどのグレードがあるため、あなたの用途に合ったグレードを選ぶといいでしょう。

値引きに入る前、見積もりをもらう際の心得

実際にディーラー・販売店に行ったら新車見積もりをもらいます。ここでは全く値引きしていないものや、ある程度値引きされたものなど、お店、営業マンによって様々です。

まずは無駄なオプションに惑わされないように、付属品はフロアマットだけ、そして車庫証明費用と納車費用のカットを申し出ましょう。

納車費用は自分で営業所まで車を取りに行けばカットできますし、車庫証明費用は自分で車庫証明を取ればカットできます。車庫証明は簡単に最寄の警察署で取れますので、自分で取るようにしましょう。

こうして車両本体価格からいくら値引きしているのかをハッキリさせることで余計なことを考えずに済みます。その後、納得のいくだけの値引きができたらオプションを追加するようにしましょう。

これはライバル車の見積もりをもらう場合も同様です。すべての車を同条件で並べることで、車両本体価格の話にのみ集中すれば惑わされることもありません。

ディーラー・営業マンの思惑を分析

ディーラーの事情

ディーラーは、毎月(または週ごとに)目標販売台数が設定されており、この目標販売台数の達成具合によってメーカーから報奨金が出ます。つまり、もしも後1台で目標販売台数に達するといった状況であれば、いつも以上に値引き額を大きくしてくれる可能性が高くなります。

一方、すでにその月の目標販売台数を達成している場合は、わざわざ値引き額を大きくして販売する必要はありません。この辺りは調べようにも調べられないところなので、運に任せるしかありません。

ただここで押さえておきたいのが、「販売台数」の数え方です。

新車は陸運局で登録されてはじめて販売台数に数えられ、通常、契約から登録(納車)までには2、3週間ほど掛かります(人気車・モデルチェンジ後の車種はそれ以上かかることもあります)。

そこで狙い目となるのが、毎月15日前後です。単純計算して、15日に契約したものは2週間後の月末30日前後に陸運局に登録されるわけですから、その月の販売台数としてギリギリカウントされます。この時期はどのディーラーも目標販売台数が達成しているかどうかのギリギリのラインとなっていることが多いので、その辺りも考えながら契約日を考えましょう!

ただ車種によって納車までにかかる期間が違うので、商談序盤に「もしも購入する事となった場合、契約から納車までどれほど掛かりますか?」と必ず聞いておきましょう。

営業マンの事情

同じディーラーでも、営業マンによって新車の値引額は変わってきます。

ディーラー同様、各営業マンにも毎月ノルマが設定されていますが、すでにノルマが達成している営業マンは無理な値引きに応じる必要がないので、余裕を持って商談を進めてきて値引き額を抑えられる可能性が高いでしょう。

一方、ノルマをまだ達成していない営業マンは大幅の値引きに応じてくれる可能性が非常に高くなります。自分が与えられている値引き額を最大限利用するだけでなく、店長に掛け合って値引き額を上乗せするなどして必死に契約を迫ってくるので期待が持てます。

営業マンの売れ行きは、その人の必死さや年齢(新人であれば当然顧客も少ないのでノルマ達成に苦労している)などから判断しましょう。もちろん、相手も値引きをされないようにこうした態度を隠してきますので、それをどのように引き出すかがポイントです。

ちなみに、各営業マンは自分の判断で値引きできる額がお店のほうから決められている場合があります。当然、新人営業マンはこの値引額が小さく設定されているのですが、最終的には店長の判断で決められた値引額よりさらに下げてくれる可能性があるので、新人営業マンから店長に相談してもらうようにしましょう。

アクアの新車値引き交渉術

その1

フィット、ノートなどを徹底的に値引きしてから行く

コンパクトカー市場でNo.1を守り続けるアクア。加えて8月にマイナーチェンジをするとなると、値引き交渉にそんな簡単に乗ってはこないでしょう。

ただ、だからといってライバルがまったくいないわけではありません。

コンパクトカー市場はいわば「とにかく便利で安ければなんでもいい」という移り気な市場なので、各メーカーに対するこだわりはさほどありません。つまり「トヨタでなきゃいけない」というドライバーは少なく、条件次第ではいくらでもほかのメーカーに流れる可能性があるということです。

そこで、ホンダのフィットや日産のノートで徹底的に値引きをしてからアクアの値引きにかかれば、「もしかしたら他社に持って行かれるかもしれない」という危機感を十分にあおることができるということです。

ここで重要になってくるのが、ホンダと日産のディーラーからどのように大幅値引きを受けるかです。ここは逆にアクアの人気と性能をうまく利用しましょう。

アクアの最大の特徴はなんといっても燃費のよさです。ここを交渉材料にすれば、ホンダと日産のディーラーはかなりがんばった値引き額をだしてくれるでしょう。

ただ、これらと同等の値引き額をトヨタのディーラーが出すとは思わないでください。アクアは2年連続で販売台数No.1に輝いている超人気車です。値引きには応じてくれますが、フィットやノートより値段をさげることはまずないと思いましょう。それでも、何ももっていかないよりはいい条件を提示してくれるはずです。

その2

あまり乗る機会はないということを伝える

アクアの牙城を崩すには、ハイブリッド車以外をもっていくのも手。そこで使いたいのが、マツダ・デミオです。

アクアは燃費のよさが最大の売りですが、その分ハイブリッド車なので車体価格がクリーンディーゼル車より高く設定されています。そこにマツダのデミオのクリーンディーゼルを持っていきましょう。

燃費のよさは乗れば乗るだけ差が表れますが、逆にいえばそこまで乗らなければガソリンを使うこともあまりないですし、だったら車体価格の安いクリーンディーゼルでしかもカーオブザイヤーを受賞しているデミオのほうがお得ということになります。

これを言っただけで大幅に値引きをしてくれるというわけではありませんが、多角的に攻めるうえでこうしたカードも切っておきたいところです。

その3

2017年春まで待つ

もし今すぐに買い換えるというわけではないのであれば、2017年の春まで待つというのが最善の手かもしれません。前述のとおり、この時期はヴィッツやノートにハイブリッド車が追加され、さらにフィットがマイナーチェンジをするタイミングとも重なるため、交渉材料が大量にでてくる時期です。

理想としては、一年間で一番車の値引きがしやすい決算期にあたる3月を狙いたいところですね。

だまされないで!下取り車のカラクリとは?

ディーラーでの下取りは一見合理的で便利なサービスのようにも思えますが、営業マンたちはこれを利用して値引額を抑えようとしてきます。

たとえば総額300万円の車を50万円値引きしてもらい、さらに下取り額が50万円で実際の支払額が200万円になったとします。50万円もの値引きは大きいので、値引き交渉としては大成功といえますが、このような場合、下取り車の金額が10万円ぐらい安く査定され、その分を値引きに回していることがあります。つまり、本来であれば60万円の価値がある車を50万円で下取られてしまったことになります。

仮に300万円から50万円の値引きでディーラーに250万円支払い、それまで乗っていた車は下取りではなく買取り店で正当な価格(60万円)で売っていたとすればさらに10万円得していたということになります。

下取りと値引きは別々に商談しよう

こういったごまかしを回避するには、下取りなしで値引き交渉を行うことです。ディーラーのほうから下取り車の話がでたら、「今乗っているクルマは友人に譲るので、下取りはなしで」と言えば下取り車のない状態で値引き交渉を行えます。

その状態で値引き交渉を行い、納得のいくところまでいったら「やっぱり下取りしてください」と告げましょう。すでに車両本体の値引きは済んでいるので、営業マンも下取り車の値段のみを交渉することになります。ここで提示された下取り額を、事前に買取り店でもらっていた査定額と照らし合わせ、条件のいいほうを選べばお得です。