スマートフォン専用サイトはこちら

今売りどきのクルマランキング|中古車のガリバー

今すぐ査定!売り時のクルマランキング

買取査定するべき セダン

1位:アクセラ

マツダを代表する人気モデル

マツダ「アクセラ」は2003年10月デビューしたセダンです。現在までの累計生産台数は400万台を超えています。歴代マツダ車の中でも最短期間での400万台生産を記録したマツダの中心となる車種です。2回のフルモデルチェンジが行われ2016年初現在は3代目「アクセラ」が生産されています。自動車教習所でのシェアが3分の1と圧倒的なトップシェアであるため、自動車教習所での練習と同様の感覚で運転できると初心者にも人気の車種です。ラインアップにはハイブリッドモデルやディーゼルターボモデルがあります。また、ディーゼル、ガソリン、ハイブリッドと3種類のエンジンタイプの選択肢から選べるのも「アクセラ」の特徴です。幅広い年齢層に人気があるためリセールバリューも高い車です。

査定情報を見る

2位:レガシィ

世界に広がる日本を代表するレガシィ

3位:インサイト

先進的デザインと、当時リッター35kmを誇ったホンダハイブリッドカーの技術の結晶

査定情報を見る
査定情報を見る

スカイライン

長年の歴史を誇る、日産を代表するスカイライン

査定情報を見る

セルシオ

ラグジュアリーとは、まさにこの車のこと。

査定情報を見る

買取査定すべきセダン一覧

買取査定するべき ミニバン

1位:リバティ

東南アジアでも人気のファミリーカー「リバティ」

2004年まで日産自動車が製造していたワゴン型のミニバンが「リバティ」です。このリバティ、生産されていた当時は日本だけではなく、近隣諸国へも積極的に輸出されていたモデルです。その名残から東南アジアなどでの人気が高く、現在でも現役として道路でもよく見かけることのある車です。走行性や運転のしやすさに対しての評価は高いものがあり、初心者でも運転がしやすい車として位置づけられてきました。家族でのお出かけなどに使える「ファミリーカー」として親しまれてきた車種です。コンパクトな7人乗りタイプのミニバンで荷物もたくさん積むことができ、買い物などにも大変便利な作りになっています。また、たくさんの人が乗ることを想定している車のため、どのドアからでも乗り降りがしやすいという特徴を持っている車です。

査定情報を見る

2位:ステップワゴン

安定した人気が安心の快適なファミリー向け車

3位:エルグランド

ミニバンモデルで不動の人気を誇る日産エルグランド

査定情報を見る
査定情報を見る

ヴェルファイア

高級感あふれるヴェルファイア

査定情報を見る

オデッセイ

洗練されたフォルムがファミリーカーを思わせないオデッセイ

査定情報を見る

買取査定すべきミニバン一覧

買取査定するべき クーペ・オープン

1位:S2000

ホンダの誇るピュアスポーツ

ホンダ「S2000」は1999年にデビューしたFRレイアウトの2シーターオープンスポーツカーです。走行性能はスポーツカーの中でもかなり高く、前後重量配分50:50、エンジンはNA2,000ccでありながら250馬力を絞り出し、許容回転数は9,000回転といったスポーツスピリットにあふれる1台となっています。2004年のマイナーチェンジでエンジンは仕様変更され、2,200cc・最高出力は242馬力となりましたが、低速トルクが向上し乗りやすさと速さの両立が達成されました。トランスミッションは6速MTのみとなっており、ATの設定がないことからも、かなり走りに割り切ったクルマといえます。生産終了から7年程経ちますが、その人気は現在も根強く、スポーツカー好きにとっては伝説のクルマと評されています。

査定情報を見る

2位:86

育てる楽しみが味わえるカスタム向けスポーツカー

3位:BRZ

スバルの技術が詰まったスポーツカー

査定情報を見る
査定情報を見る

GTO

スタイリッシュなフォルムが美しいクーペ

査定情報を見る

ロードスター

日本で一番有名なスポーツカー、マツダロードスター

査定情報を見る

買取査定すべきクーペ・オープン一覧

買取査定するべき コンパクト

1位:デミオ

マツダを代表するコンパクトカー

「デミオ」はマツダが販売するコンパクトカーです。初代モデルは1996年に販売開始。コンパクトな車体ながら広い室内と荷室を実現し、人気車種になりました。2代目のデミオは初代モデルのコンセプトを引き継ぐ形で2002年に登場。天井部が開閉するキャンバストップを搭載したモデルや、スポーティーなグレードも用意され、バリエーションが広がりました。2007年に発売を開始した3代目では、これまでのコンセプトを大きく転換。ボディサイズの小型化と、車体の軽量化が図られました。2011年にはSKYACTIV TECHNOLOGYを搭載するモデルを市場投入。ハイブリッドを搭載しないガソリン車でありながら、30.0km/Lの低燃費を達成します。4代目デミオは2014年に発売。ディーゼルエンジンを搭載したモデルが日本仕様車としては初めて用意されました。デザインの全面刷新や4灯式LEDヘッドランプの採用、安全性能の向上など、多くの部分に改良が施されたモデルとなっています。

査定情報を見る

2位:キューブ

こだわりの車内空間はまるで自分の部屋、快適なドライブを実現するコンパクトカー

3位:ノート

スタイリッシュなデザインと高い居住性を兼ね備えたハッチバック

査定情報を見る
査定情報を見る

マーチ

女性に人気のコンパクトカー

査定情報を見る

フィットハイブリッド

低燃費が嬉しいハッチバック型ハイブリッド車

査定情報を見る

買取査定すべきコンパクト一覧

買取査定するべき ステーションワゴン

1位:レヴォーグ

スバルブランドの新しい世界を魅せるレヴォーグ

「レヴォーグ」は、スバルブランドとして2013年より販売開始されたステーションワゴンタイプの車種です。レヴォーグは、2013年に東京モーターショーで4代目インプレッサーをベースとしたスポーツmixで、レガシィよりもスタイリッシュでスポーティなボディデザインと高い運動性能が日本人ウケしたことにより爆発的な人気を誇っています。また、レガシィやインプレッサと違いガソリン仕様とすることで、経済的にも優しい20代から30代の男性中心に愛用者が多くいます。レヴォーグは特にエンジンやホイールなどのパーツにこだわりがあり、他のスバルブランド車にはなかったスペシャリティモデルカーとして、欧米などでも販売開始されています。今までのスバルブランドにない洗練されたスポーティーカーです。

査定情報を見る

2位:カローラフィールダー

レジャー目的で人気の高いモデル

3位:フィットシャトル

スタイリッシュで運転しやすいステーションワゴン

査定情報を見る
査定情報を見る

レガシィツーリングワゴン

ステーションワゴンの象徴的な車種

査定情報を見る

フィットシャトルハイブリッド

フィットを超えたフィットシャトルハイブリッドの良さ

査定情報を見る

買取査定すべきステーションワゴン一覧

買取査定するべき 軽自動車

1位:MAX

いまだ人気の高いMAX

「MAX」はダイハツの軽自動車で主に2001年から2005年まで製造、販売されていました。ダイハツの人気軽自動車であるミラと2代目ムーヴの中間に位置し、四角いスタイリッシュなボディとその当時の軽自動車では少ない高級感がありながらスポーティな走るを実現する運動性能を誇っていましたが、ムーヴなどの好調の陰に隠れて、一代で製造中止となった車種です。ただし、一代限りということでプレミア感があり、30から40代のコアな男性ファンが多く、中古販売車として人気が高い傾向にあります。 昔でもあまりなかったボディラインに自分の好みのカラーリングや改造をして、MAX愛好家たちが集まり、街中を快走する光景を見かけることもあるようです。 今ではない、軽自動車の良さとプレミア感で人気のある車種です。

査定情報を見る

2位:ジムニー

乗る人を選ばず長く乗れるジムニー

3位:ハスラー

カラフルなデザインが特徴的なスズキのハスラー

査定情報を見る
査定情報を見る

ミラ

歴史の長い軽自動車

査定情報を見る

ミライース

第3のエコカーであるミライース

査定情報を見る

買取査定すべき軽自動車一覧

買取査定するべき SUV・クロカン

1位:ハリアー

高級感溢れるスタイリッシュなモテ車

トヨタ「ハリアー」は97年に発売開始した高級クロスオーバーSUVです。発売開始から人気を博し、新たなジャンルを切り開きました。2003年に現在でも多くのファンを持ち人気になった2代目、12年の2代目生産中止後ファンの要望を受け販売実現した3代目が13年に発表されています。全てのモデルを通し高級感のあるスタイリッシュなフォルム、高級な質感を感じさせる内装が魅力です。2500ccエンジンを搭載したハリアーハイブリッド車はもちろん、3500ccでも驚くほど静かな走行を実現し、住宅街でも乗りやすいのが特徴の一つ。いわゆるモテ車として特に独身男性に人気の「ハリアー」ですが、安定した走りが可能なので女性にもおすすめな車です。

査定情報を見る

2位:ヴァンガード

アウトドア派のための高級SUVであるヴァンガード

3位:アウトバック

オールマイティなクロスオーバーSUV

査定情報を見る
査定情報を見る

デュアリス

シティーユーズもできるSUV

査定情報を見る

アウトランダーPHEV

電気自動車のように乗れるアウトランダーPHEV

査定情報を見る

買取査定すべきSUV・クロカン一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加