スマートフォン専用サイトはこちら

車は下取りよりも買取がお得?|中古車買取実績No.1のガリバー

査定額に影響する事故車とは?事故車の見分け方と定義 車下取りの基礎知識 車の下取りと買取はどっちがお得?

クルマを買い替えるときによく耳にする下取り。実は、中古車の下取りと買取は全く違うものなのです。「下取りと買取はどう違うの?」「下取り価格はどうやって決まるの?」「違うメーカーのクルマに乗っていると下取り価格が低くなるって聞いたんだけど・・・」「下取りのメリットとデメリットは?」そんな疑問質問に、ガリバーがまとめてお答えします。

クルマの下取りとは?買取との違いは?

実は全く異なる、クルマの下取りと買取。端的にいうと、新車を購入するために行ったディーラーで持ち掛けられるのが「下取り」で、中古車専門店が行うのが「買取」です。

ディーラーに買い取ってもらうということからもわかるように、下取りは新車の購入が前提です。そのため、売却したお金をクルマの購入以外に使うことはできませんし、買う車も新車に限定されてしまいます。売るのも買うのも同じお店なので手間が省ける一方で、今のクルマに対する査定額は低くなる傾向があります。

写真:クルマの下取りとは?買取との違いは?

それに対し中古車専門店が行う「買取」の場合、新車または次の車を買わなくても利用できます。もちろんディーラーで新車を買う費用に使うこともできますし、よりリーズナブルな新古車や中古車を買うという選択肢もあります。また、全国展開の買取店だと「雪が多い地方では四輪駆動のクルマは高く売れる」など、各地のニーズや人気をしっかり把握しているため、ディーラーと比べて査定額が高くなることが多いです。

ガリバーでは中古車の買取と販売の両方を行っているため、中古車専門店ならではの高値買取を実現しながら、ディーラー同様のワンストップでの買い替えもサポートしています。ディーラーに行くと「そのまま下取りに」という流れになりやすいため、損をしないためにも、まずは買取店の査定を受けて車両の価値を見極めましょう。

ディーラーの「下取り」は査定してもらうだけでお金がかかる!

ディーラーの「下取り」に関して意外に知られていないのが、査定してもらうだけでお金がかかるということです。クルマを買い替えた時の見積書を確認すると、「下取り査定料」といった名目で数千円程度が計上されています。

買取専門店の場合には、このような査定料金はかからない場合がほとんどです。もちろんガリバーでも査定は無料ですので、まずは自分のクルマの価値を正確に把握して、それからディーラーの「下取り」を受けるか決めるという手もあります。

ディーラーの下取り価格はどう決まるの?

ディーラーで下取りを検討する際に気になるのが、下取り価格はどのよう決まっているのかということ。実はディーラーの下取り価格算出ロジックはメーカーごとに異なるのではなく、ディーラーが加盟している社団法人日本自動車査定協会によって定められた統一のロジックがあるのです。

そのロジックが、こちら。

基本価格 + 加点(装備、車検残、色) - 減点(ダメージ、内外装、修理歴)

ただし、ロジックは統一ですが、それぞれにどのような価格を設定するかはメーカーごとに異なります。特に大きな差が出るのが、業者の間では中値とも呼ばれる基本価格。これは近隣都道府県の自動車販売会社中古車部の担当者が、流通状況をもとに、メーカー、モデル、年式ごとに決めています。

実はこの基本価格、自社ブランドが高く、他社ブランドは安く設定される傾向があります。というのも、自動車メーカーやディーラーにとって、一番のゴールは自社の新車を買ってもらうこと。「このブランドは高く売れるのね」というイメージをつけるためにも、他社ブランドの車両には安い基本価格を設定するのです。

写真:クルマの下取りとは?買取との違いは?

ディーラーが他社ブランドを高く買い取れないのには、他にも理由があります。

ディーラーが買い取ったクルマは、基本的には自社の中古車センターで販売します。ディーラーの横で、中古車が売られているのを見たことはないでしょうか。しかし、自社の中古車センターで他社のクルマは売りにくいのです。日産の中古車センターでホンダのクルマを熱心にすすめる営業マンがどれくらいいるでしょうか。

また、ディーラーの営業マンは新車を売るのが仕事で、中古車の査定、まして他社のクルマには詳しくありません。そのためディーラーの査定品質にはどうしてもブレが生じてしまいます。「修理歴を見落としていた」「パーツが変わっていることに気づかなかった」といったブレ幅を吸収するために、特に他社ブランドは初めから基本価格を低めに設定せざるをえないのです。

下取りを受ける場合は買取店の見積もり持参で!

ディーラーの「下取り」を考えている人には、まずは買取店の査定を受け、その見積もりを持ってディーラーに行くと良いでしょう。そうすることで、ディーラーに下取りをしてもらうかどうか判断する材料になります。

また、買取店の見積もりがあると、最初から高い下取り金額を引き出すこともできます。ディーラーは「あと少し値引きしてくれたら契約するよ」「オプションか何かをサービスしてくれたら」と言われた時に備え、最初は少し低めの査定額を提示して、最後の値引きに使える金額を残しておく傾向があります。最初から買取店の高い査定額を提示することで、交渉がスムーズに進みます。

まずは買取専門店の査定を受け、自分のクルマの価値をちゃんと把握しましょう。先述のように下取りには手数料もかかるため、それも踏まえて、下取りを受けるかどうか判断することをおすすめします。