クルマ買い替えの時期・決算月

close
クルマ買い替えの時期とスケジュール

狙い目はいつ?決算月? クルマ買い替えの時期とスケジュール

人生の買い物の中でも、かなり高額な部類に入るクルマ。金額が大きいだけに、できるだけお得に買い替えたいもの。どうせなら、クルマが安く購入できる時期に加えて、クルマを高く売却できるタイミングや税金のことも踏まえた上で、最適な時期を選びましょう。

1

狙い目の時期の見極め方

大前提として、クルマは新しいほど高く売れます。
そのため「高く売る」ことだけが目的なら、早く売ることをおすすめします。

逆に、新しいクルマが安く買えるのは、販売店が実績を求められる決算期の3月や9月です。
「クルマをお得に乗り換えたい」という人は、直近の決算期やボーナス時期を狙うのがおすすめです。

  • 高く売れる時期

    • クルマは1日でも早い方が高く売れる
    • 中でもクルマを買う人が多い12~2月は、買取価格がやや高めになる
    • 3月後半になってしまうと、買取価格が下がることも多いので注意

  • 安く買える時期

    • 決算期の3月や9月は値引きが期待できる
    • 7月や12月はボーナス商戦でセールをしていることも
    • 販売店は「納車日」で実績をカウントするため、月末までに納車できるタイミングで買いに行くのが値引きしてもらうポイント

更に
差がつく!
買い替え時期と税金の話

軽自動車税納税証明書

クルマに関わる税金の中で、買い替えタイミングに関わるのは自動車税と自動車重量税の2つです。自動車税は、「4月1日時点の車の保有者」がその日から1年分を支払います。一方、自動車重量税は車検時に次回までの2年分を先払いします。

【今までのクルマを買い取ってもらう場合】

今までのクルマを下取り・買取してもらう場合、自動車税も自動車重量税も国や自治体から還付されません。
しかし、ガリバー含め買取店の多くは、こういった未経過分の税金も踏まえて買取金額を算出しています。税金分もきちんと考慮した上での買取価格となっています。

【今までのクルマを廃車にする場合】

普通自動車を廃車にした場合は、自動車税と自動車重量税を月割りにして還付してもらえる制度があります。
ただし軽自動車の場合、一度支払った軽自動車税は還付されませんので、手放す予定がある場合は3月末日までに手続きを終えるようにしましょう。

2

乗り換えのモデルスケジュール① 9月納車

8月上旬 新しいクルマの情報収集開始
8月下旬 クルマに目星をつけ、お店を訪問
9月上旬 1~2週間ほど価格交渉し購入
9月中旬 納車

値引きを引き出すには「決算月の間に納車できそう」と営業マンに思ってもらう必要があります。
そのため9月決算を狙うのであれば、余裕を持って8月上旬には情報収集を開始しましょう。

8月の中旬までに「このクルマが欲しい」「この中で、一番安く買えるクルマにしよう」など候補が絞られている状態を目指してください。

そして8月の下旬には一度お店に顔を出し、クルマのチェックをしましょう。
その時には営業マンの名刺を貰い、「近いうちに購入するつもりであること」「他のメーカーと迷っていて決めきれていないこと」をさりげなくアピールしてください。

9月に入ったら、いよいよ価格交渉開始です。
他社の見積もりを引き合いに出しつつ、値引きを迫りましょう。予め印鑑証明や車庫証明を用意しておくと「価格さえ折り合えば確実に売れる」と思ってもらえるため、「もう一声」が引き出しやすくなります。

3

乗り換えのモデルスケジュール② 3月納車

12月下旬 新しいクルマの情報収集開始
1月下旬 クルマに目星をつけ、お店を訪問
2月 1~2週間ほど価格交渉し購入
3月中旬 納車

3月決算での購入を目指している場合も、基本的には9月と同じ流れです。 ただし3月の場合、早めに動き出すのが重要です。

3月は進学や就職、引っ越しが重なる時期ということもあり、クルマがよく売れます。どこのお店も忙しく、欲しいモデルやカラーの在庫が少ないこともあります。

「納車が3月に間に合わない」となると、営業マンは値引きをする大きな理由がなくなってしまいます。
そうならないよう、早めのアクションを取る必要があります。

更に
差がつく!
下取り価格が適切か見極めを

ディーラーにクルマを買いに行くと、営業マンから提示されるのが「下取り」。
しかし「新しく買うクルマの値引き」と「今までのクルマの下取り」が混同され分かりにくくなるため、下取り価格を安く抑えられてしまうケースがあります。

適切な価格で下取りしてもらい、その上で値引きを引き出すためには、他社の買取価格を把握してからディーラーに行くことが大切です。
ディーラーでは「下取りあり」「下取りなし」で見積もりをそれぞれ作ってもらい、お得な方を選ぶと良いでしょう。