【新車購入のバイブル】損をしない! 新車購入3つの掟(下取りの掟)

close
損をしない、新車購入の掟その2 下取りの掟
損をしない、新車購入の掟その2 下取りの掟

下取りこそは購入時の最大の交渉カード。うまく使わない手はない。ディーラーでも特定車種(ライバル車種など)の場合、かなりの高額で下取ることもある。これは主に、メーカーなどからの下取り車に対する対策費が援助されている場合が多い。下取り車がなくなることで、値引き金額がどう変わるかを知る上でも「下取り車あり」「下取り車なし」二通りの見積もりを取ることが大切。

買い取り専門店には必ず行け!

買い取り専門店には必ず行け!

新車を買おうと思ったとき、現在乗っているクルマをどうするか。一般的には現在乗っているクルマは下取り車として売却することになるが、ここにも新車購入で得するノウハウがある。クルマの買取りは新車を購入するディーラーでも行ってくれるが、得したい!と考えるなら迷わず買取り専門店に行くべき!その理由を説明しよう。

下取りの本当の価値を知れ!

下取りの本当の価値を知れ!

下取り車がある場合、新車ディーラーはもちろん必ず複数の買取り店を訪れて本当の価格(クルマの価値)を知ることが大切。その中で一番高額で下取り車を処分してくれるところを選べばよい。多くの店を回れば回るほどよく分かるのだが、車種にもよるが店によって10万円単位で買取り価格が違うことがある。時間があればじっくりと色々なお店を回ってみるとよいだろう。時間がない人向けに、自宅まで査定に来てくれる買取り店もあるので、そういったサービスを積極的に使ってみよう。

見積もりは「下取り車あり」「下取り車なし」の二通り作ってもらおう!

見積もりは「下取り車あり」「下取り車なし」の二通り作ってもらおう!

最近ではディーラーでも特定車種(ライバル車種など)の場合、かなりの高額で下取ることもある。これは主に、メーカーなどからの下取り車に対する対策費が援助されている場合が多い。
また、解体車や限りなく0円に近い価格の下取り車に対しても対策費がある場合がある。

こういった対策費はディーラーによって値引きに計上したり、下取り価格に計上したりとマチマチ。下取り車がなくなることで、対策費が使えないなんてことになり、値引き金額も抑制されてしまうケースもあるのだ。

下取り車がなくなることで、値引き金額がどう変わるかを知る上でも「下取り車あり」「下取り車なし」二通りの見積もりを取ることが大切。総支払額などをベースに、どこに下取り車を売却すれば一番お得かを判断しよう。