普段の生活環境から車選び

0120-22-1616 中古車探しも無料査定も、まずは相談!

メーカーも車名も。クルマのコト、わからなくても探せる。
生活(独身・ファミリー)から見つける。

ライフスタイルやライフステージによって、ぴったりのクルマの条件は異なります。

例えば、生まれたばかりの赤ちゃんがいるなら、ベビーカーがそのまま乗せられて、ドアの開閉がしやすいスライドドアが便利。それに対して独身で金銭的に余裕がある人なら、趣味や好みに合わせて選ぶのがオススメ。長距離を走るなら低燃費のクルマを選んだ方が良いし、年齢を重ねたら安全装備も重視したいところ。

このように、その時々の生活に合ったクルマ選びが重要です。ライフステージやライフスタイルごとに押さえておきたいクルマ選びのポイントをまとめました。

ライフステージから見つける

結婚する、子どもが生まれる、子育てが終わる。
ライフステージの変化によって、クルマに乗る人数も、必要な機能も、重視すべきポイントも変わります。「今」にピッタリの一台を見つけましょう。

ライフスタイルから見つける

ライフスタイルによって変わるクルマの使い方。単なる足で良いのか、乗れる人数や荷物の量が重要なのか。車両代金や維持費とどのように向き合うのか。今の暮らしや価値観に合ったクルマを見つけてください。

よくある質問

子どもの成長に合わせて頻繁にクルマを買い替えるのは、家計的に難しいのだけど…

子どもの成長は早いため、「子どもの誕生」「未就学児」「小学生」とライフステージに合わせて毎回新車を買い替えていたら出費がかさみます。「すぐに乗り替えるなんて勿体ない」と感じる人も多いでしょう。
しかし、たとえば子どもが小さいうちからミニバンを購入してしまうと、維持費も高く、無駄も多いのです。
そんな時には「上手く乗り替える」ことを考えてください。「子どもが小さいうちは中古の軽自動車を乗り潰して、クルマの代金や維持費を節約。小学校に入ったタイミングで、奮発してミニバンを購入する」「数年だけ新車に乗って、買取価格が高いうちに手放してしまう」など様々な方法があります。

「趣味を楽しみたい」というライフスタイルに合ったクルマの選び方は?

趣味に合わせたクルマ選びをする場合、趣味の性質によってチェックすべきポイントが異なります。
クルマを使わない趣味の場合は、できるだけクルマにお金をかけずに済むよう、車両代や維持費が安いクルマを選ぶと良いでしょう。
道具を使う趣味の場合は、その道具が載せられるクルマを選ぶのが重要です。また、趣味のためにクルマで寝ることがある場合には、車中泊を考えて「フルフラットになるのか」「眠るのに十分なスペースがあるのか」「車内用テーブルなど便利なアクセサリーは用意されているか」などもチェックしてみましょう。
以下では「アウトドア」「ドライブ」利用シーンに合わせたクルマ選びのポイントをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。