古い車の車検

ハイブリッドカーの費用と特徴

古い車の車検~費用、高くなる理由、合格基準、有効期間

更新日:2024/01/19

古い車は車検に合格するための部品交換もあり、また税金も高くなるため、費用が高くなりがちです。「車検に通りにくい?」「毎年車検が必要?」などの疑問も分かりやすく解説します。

【結論】古い車でも車検に通らない訳ではない

古い車について「車検に通らない」「車検に出すだけ損」と思っている人がいますが、「古い車だから」という訳で車検に通らない訳ではありません。保安基準を満たせば、車検は通ります。

「車検に通らない」「車検に出すだけ損」といわれることが多いのは、部品交換や修理が必要な場合が多く、結果として車検費用が高額になりがちだからです。

更に
差がつく!
古い車の車検頻度は2年?1年?

古い車の車検頻度は2年?1年?

自家用の普通自動車・軽自動車の場合、初回車検の有効期間が3年、初回以降の継続車検は2年です。そのため10年落ちや20年落ちの古い車であっても、車検は2年ごとです。

「10年を超えた車の車検は1年ごと」と思っている人がいますが、そのルールは1995年に廃止されています。

  • 1995年の道路運送車両法改正に伴い、自家用車で新車登録から10年を超えた車の車検は現行の2年ごとになった。

ただしタクシーやバス、レンタカーなどの商業車、特殊車両である8ナンバー車などは車検期間が異なるので注意が必要です。

また、最初のうちは混同しやすい車検と法定点検。法定点検は1年ごとです。
法定点検について詳しく知りたい方はこちらも確認してください。

古い車の車検費用と高くなる理由

車検の基本費用は、一般に以下が目安といわれていますが、車が古くなるほど相場の上限に近づくでしょう。また部品交換や修理が多い場合には、以下を超えた費用になるケースもあります。

  • 軽自動車…4.5万円~8万円
  • 1.0トン以下の普通自動車…6万円~9万円
  • 1.5トン以下の普通自動車…7万円~10万円
  • 2.0トン以下の普通自動車…8万円~11.5万円
  • 2.5トン以下の普通自動車…9万円~13万円

このように古い車ほど車検費用が高くなるのは、主に以下の2つの理由があります。

理由①自動車重量税が高くなるから

新車登録から13年と18年が経過したタイミングで、自動車重量税が高くなります。自動車重量税は車検時にまとめて先払いをするので、車検費用が上がるのです。
2年分の自動車重量税額は、具体的に以下のようになります。

エコカー エコカー以外
新規登録から13年未満 新規登録から13年から18年未満 新規登録から18年以上
普通自動車
(0.5トンごと)
5,000円 8,200円 11,400円 12,600円
軽自動車(1台ごと) 5,000円 6,600円 8,200円 8,800円

このようにエコカー以外の場合、13年と18年のタイミングで自動車税が大きくアップするため、車検費用も上がってしまうのです。

更に
差がつく!
13年のタイミングで自動車税もアップ!

13年のタイミングで自動車税もアップ!

車が古くなると税率が上がるのは、車検時に支払う自動車重量税だけではありません。毎年4月1日時点の所有者に課される自動車税・軽自動車税も13年を超えると重課されます。
自動車税の場合、ガソリン車やLPガス車は約15%税金が高くなります。

古い車の税率が上がる理由の1つとして、環境性能が高い車への乗り換えを促すことが考えられます。環境性能が高い車に乗り換えると、エコカー減税やグリーン化特例で各種税金が優遇されます。

理由②必要な部品交換が増えるから

車が古くなると、保安基準や今後の安全性を満たすために、部品交換や修理が増えます。そのため車検費用が高くなる傾向にあります。
以下のように、車の各部品は一定の期間や走行距離が経過すると、交換が必要です。

「車検費用が高い」と思った場合は、上記の目安を参考にしながら、部品交換が多すぎないか確認してみても良いでしょう。安全性や快適さのためには余裕を持った部品交換をおすすめします。ただし、「あまりに交換が早いのではないか」という場合は車検業者に相談してみてください。

古い車は車検と買い替えのどっちが良い?

古い車でも車検を通すことはできますが、費用が高くなりがちです。そのため、特に9年目や13年目の車検では「車検を通すべきか、買い替えるべきか」を悩む人が多いようです。
9年目の車検は4回目の車検となり、部品の交換が多くなる傾向があります。また、13年目の車検では自動車税と自動車重量税が高くなります。このことが買い替えをするかの検討材料になるようです。

少しでも出費を減らしたいなら車検

「トータルでの出費を1円でも減らしたい」と思うなら、車検を通して乗り潰した方が良いでしょう。
「部品が手に入らない」「20年以上前の車」といったケースでなければ、車検費用が多少高くなっても、車を買い替えるよりは安く済むからです。
ガリバーでは質の高い整備を提供するために、最新鋭の設備が充実した自社整備工場を有しています。車を乗り換え無い場合は、是非ガリバーの整備を検討に入れてみてください。

ライフスタイルが変わったなら買い替え

「車検を通しても今の古い車のままなのはちょっと」「どうせお金を払うなら、少し多めに払っても良い車に乗りたい」という場合は、買い替えた方が良いでしょう。
とくにライフスタイルが変わった人は、新しい車に買い替えることでムダがなくなる場合もあります。例えば「子どもが独立した」のでミニバンからコンパクトカーに乗り換えたとします。この場合では、税金やガソリン代などの維持費が抑えられます。また、「通勤で長距離を走ることが増えた」という人は、燃費が良いハイブリッドカーに買い替えればガソリン代が安くなるでしょう。

「今の車はライフスタイルに合っているの?」「自分のケースだと、買い替えと車検どっちがお得?」など迷ったら、ガリバーにご相談ください。車検も買い替えも取り扱っているガリバーだからこそ、お客様にピッタリの選択肢をご案内します。