【新車購入のバイブル】損をしない! 新車購入3つの掟(期末の掟)

close
損をしない、新車購入の掟その3 期末の掟
損をしない、新車購入の掟その3 期末の掟

営業マンが一番気にするのは、月内に何台販売(ナンバーと取り付ける)できるかということ。この心情を推し量って、ディーラーの商売の繁忙期である2-3月の決算期を利用して損をしない交渉を展開したい。この時期に「購入はまだ少し先だ」というような遠慮は無用。最初から購入意思があることを伝え、営業マンと購入(契約)という共同作業に入りたい。

2~3月が最もクルマが安くなる!

2~3月が最もクルマが安くなる!

新車を購入するもっともベストな時期が2月~3月。この時期はいわゆる決算期であり、各ディーラーとも通常の時期と比較して、かなり力を入れてくる。もちろん、値引きは拡大傾向だし、さまざまな特典も用意される。この時期に買わずして、いつ買う? というくらいオススメの時期なのである。そこで、決算期にクルマが安くなるカラクリに迫ってみよう。

メーカー&ディーラーとも、3月が決算期!

メーカー&ディーラーとも、3月が決算期!

3月はメーカー、ディーラーともに決算期となる。そのため、メーカーは1台でも多く売りたいので色々な施策をディーラーに対して展開する。ノルマを達成すると1台当り数万円なんていうバックマージンが、販売目標の達成率などによって売れば売るほどもらえる仕組みなどが代表的だ。1台当り数万円なんて少ない気もするが、これはディーラーとメーカーが期初にディーラーが年間何台売りますよ、という契約台数に対して支払われるケースが多い。

つまり、年間1万台売るディーラーなら、1台当り2万円のバックマージンで2億円の利益がでることになるのだ。そうなると、極端だが契約台数達成のために2億円すべてを値引きに当ててもいいということになる。

どうしても目標台数に到達しないディーラーは、3月末に自社登録という荒技でクルマを販売したことにして、契約台数を達成してより多くのバックマージンをもらおうとすることもある。そうした自社登録車が登録済未使用車と呼ばれる走行0kmの中古車となって、4月以降に中古車店舗の店頭にならんだりするのだ。

さらに、2~3月用の施策やライバル車の下取り施策などが複数で展開されるので、ディーラー側は少しでも多くのバックマージンをもらおうと必死になる。通常なら赤字となる値引き金額でも、複数のバックマージンで補填できれば「売ってしまえ!」ということになるのだ。クルマは登録して初めて販売台数としてカウントされるので、大幅値引きの対象は3月末登録車までとなる。特殊なオプションやボディカラーなどを選択して4月登録以降になるクルマは、大幅値引きの対象外となる。そういったクルマが欲しい場合は、2月からしっかりと商談することをオススメする。

また、セールスマンのノルマに対する報奨金も他の月と違い、それなりに上乗せされてくるから売る方も鼻息が荒くなる。クルマを買う側としては、こんなにおいしい時期を逃してはならない。売りたがるセールスマンを上手くコントロールして、大幅値引きを狙おう。

半期決算の9月、ボーナス期の6~7月も値引きが拡大する

半期決算の9月、ボーナス期の6~7月も値引きが拡大する

2~3月ほどではないが9月は半期決算、6~7月はボーナス商戦ということで値引き額が拡大する。この時期もすべて売る側の都合。クルマを買い換えたいが、2~3月まで今のクルマの車検がもたない・・・、という人は6~7月、9月をターゲットにするとよい。ただ、実際の商談は6~7月キャンペーンは2ヶ月間あるのに対し半期決算キャンペーンとなる9月は1ヶ月間の短期決戦。それゆえに、車種・グレード・オプションなどの組み合わせによっては9月登録できないため、大幅値引きの対象外となってしまうケースもあるので注意が必要だ。輸入車の場合、10月以降にかけて、翌年度のモデルが輸入されてくる。そのため、9月以降においては在庫車のセールを行なうケースが多い。「もう翌年度のモデルが入ってくるんだから、値引きして!」とダイレクトに要求するのもいいだろう。