故障したクルマの売却

0120-22-1616 中古車探しも無料査定も、まずは相談!
故障したクルマの売却方法と注意点

エンジンがかからなくても大丈夫! 故障したクルマの売却方法と注意点

更新日:2021/10/29

エンジンがかからないクルマも買い取ってもらえます。「ディーラー下取りの対象?」「事前に修理しておくべき?」「故障や不具合は黙っていても大丈夫?」などの疑問にもお答えします。

POINT 1

故障したクルマも買取対象

「エンジンがかからないクルマは廃車しかない」と思いがちですが、中古車として買取してもらえることもあります。バッテリー切れでエンジンがかからない場合はもちろんのこと、それ以外の故障や不具合でも買い取ってもらえることが多いです。

Q なぜ故障していても買取してもらえるの?

故障していても、修理をすることで「中古車」として販売可能な状態になる場合が多いからです。日本では値が付かないようなクルマも、販路が多い会社であれば、海外に売ることができます。
また「どうしても修理できない」場合にも、解体して部品として活用されます。

Q エンジンがかからなくてもディーラーで下取りしてもらえる?

一般に、故障したクルマの買取やその査定額はお店による差が大きいといわれています。海外への販路、部品としての販路がないお店だと、買い取ってもらえない場合もあります。
軽微な不具合であればディーラー下取りの対象になる場合も多いですが、「全く動かない」「廃車しかないかも」というクルマは、中古車買取店に査定してもらうことをオススメします。

Q ボロボロなクルマでも買取してもらえるの?

大事故でボロボロになったクルマは、買取専門店でも値が付かず、廃車にするしかない場合もあります。
しかし「消費者から見たボロボロ」が「買取不能」とは限りません。買取前提で査定をしてくれるお店を選ぶことをオススメします。買取査定も廃車代行も可能なお店を選んでおけば、「どうしても買取できない」という場合でも廃車までがスムーズに進んで手間が省けます。

POINT 2

高値で買い取ってもらうポイント

故障したクルマ、エンジンがかからないクルマを高く買い取ってもらううえでは、「すべきこと」と「すべきでないこと」があります。

すべきこと

  • 査定の前に車内に掃除機をかけ、換気しておく
  • 擦り傷やステッカーの跡など小さなキズは、市販の研磨剤などを使ってきれいにする
  • 購入時についていた取扱説明書や整備手帳(保証書)、スペアキーなど付属品を揃えておく

すべきでないこと

  • 大きなキズやヘコミなどの板金修理を済ませてから査定を受ける
  • 自分でお金を払って、バッテリーやオイルを交換しておく
売却額

自宅にあるものや市販のグッズで可能なメンテナンスは、査定前に済ませておくと良いでしょう。大きな出費にはなりませんし、「きちんと管理された良いクルマ」として査定額が上がります。
一方でバッテリーやオイルの交換、板金修理などはすべきではありません。買取価格は上がりますが、上がり幅は修理代やバッテリー代金ほどにはならない可能性が高いからです。

Q 故障や不具合を言わずに売ったらどうなるの?

故障や不具合に気づいているのに、それを黙ったまま売却するのはオススメできません。なぜならクルマを売る人には「契約不適合責任」があります。売却時の契約内容と実際に相違があった場合には、クルマを売った人が賠償などの責任を負わなければならないからです。
査定士は中古車のプロなので、故障や不具合はすぐに気付きます。たとえ最初は気付かれなくても、後で契約内容との相違に気付かれる恐れがあります。損害賠償金や契約の解除料などを支払うことになり、追加で手間やお金がかかることになりかねません。

POINT 3

出張査定で損をしないための注意点

エンジンがかからないクルマを売却する場合は、自宅まで査定に来てくれる出張査定が便利です。ただし「ここまで来てもらったんだから」と気兼ねし、価格交渉をせずに損してしまう人が多いので注意しましょう。

スムーズに価格交渉をするには、事前に買取相場を確認しておくことをオススメします。そのうえで査定価格が安い場合には「一般にはこれくらいで買い取ってもらえると聞いたのですけど」と持ち掛けてみましょう。
ガリバーはサイト上で買取相場を公開しているので、まずは愛車の買取相場をチェックしてみてください。