クルマの個人売買で必要な手続きと書類

0120-22-1616 中古車探しも無料査定も、まずは相談!
車の個人売買で必要な手続きと書類・注意点

トラブル予防法もチェック 車の個人売買で必要な手続きと書類・注意点

POINT 1

個人売買で必要な手続き

個人売買をするにあたって必須の手続きは名義変更と、そのために必要な書類である車庫証明の取得です。また多くの場合は、任意保険の手続きも必要です。

必須の手続き 手続きする人
車両の名義変更 買主または売主
(※一般的には買主が行うことが多い)
自賠責保険の名義変更 買主または売主
(※一般的には買主が行うことが多い)
車庫証明の取得
(※一部地域の軽自動車を除く)
買主
人によっては必要な手続き 手続きする人
任意保険の契約解除
(※新しいクルマは買わない場合)
売主
任意保険の車両入替手続き
(※クルマを乗り換える場合)
買主、売主
任意保険の加入やその検討
(※新たにクルマを買う・買い足す場合、保険の更新時期の場合)
買主、売主
やっておいた方が良い手続き 手続きする人
売買契約 買主、売主

名義変更などの手続きは、買主と売主のどちらが行っても構いません。しかし手続きしないまま放置されるとトラブルの原因になります。そのためフリマアプリなどで出会った人と取引する場合などは、細かな契約を交わしておくと安心でしょう。
車庫証明の取得方法は、以下でご紹介しているので確認してみてください。

Check! 手続きは「いつ」「誰が」するの?

クルマの個人売買は以下のような流れで進みます。契約は代金を払う前、名義変更・自賠責・任意保険の手続きはクルマの引き渡し後に行うのが一般的です。

  1. クルマの状態、代金、自動車税の未経過分の扱いなどに合意
  2. 契約書を交わす
  3. 代金の支払い
  4. クルマの引き渡し
  5. 車両、および自賠責保険の名義変更(※買主がすることが多い)
  6. 任意保険の手続き(※売主、買主がそれぞれで行う)
POINT 2

個人売買時に用意する書類

クルマを個人売買する場合、中古車を手放す人(=売主)が書類とクルマをまとめて引き渡すのが一般的です。
一方、中古車を買う人(=買主)は、受け取った書類に加え自分でも書類を用意し、手続きを行います。

具体的に必要な書類は、以下の通りです。

【中古車を売る人(=売主)が用意する書類】

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 委任状
  • 譲渡証明書
  • 印鑑証明書
  • リサイクル券
  • 住民票・戸籍謄本(※車検証に記載されている住所と現住所が異なる場合)

【中古車を買う人(=買主)が用意する書類】

  • 車庫証明(※警察署にて取得)
  • 印鑑証明書

上記には名義変更に必要な書類のほかに、リサイクル券といったクルマと一緒に保管する書類も含まれています。
個人売買をする際には、これら一式が揃っていることを確認しましょう。

POINT 3

名義変更の方法

クルマの名義変更は、管轄の運輸支局で以下の流れで行います。
その際、先ほど紹介した必要書類に加え、移転登録料(500円程度)、ナンバープレート代(数千円以内)を持参しましょう。

  • 必要書類・費用の準備をする(旧所有者・新所有者の委任状など)
  • 管轄の運輸支局で書類を記入する。持参した書類、必要費用を添えて提出する
  • 新しい車検証の交付を受ける
  • 税申告窓口に自動車税・環境性能割(※)申告書と車検証を提出する。
    環境性能割が課税される場合はその場で納税する
  • ナンバーを返却し、新しいナンバーの交付を受ける(※必要な場合)
  • 自動車にまつわるこれまでの「自動車取得税」は廃止されました。2019年10月以降は「環境性能割」が導入されました。

自賠責保険の名義変更手続きや、任意保険の諸手続きは、加入している保険会社によって書類や流れが異なります。
保険会社のサイトで詳しい手続きの流れや、最寄りの営業所の場所を確認しましょう。

POINT 4

売買契約書(念書)の作り方

個人売買でのトラブルを避けるためにも、予め売買契約書を交わしておくと安心です。契約書を作る過程で細かな条件について話し合う機会にもなりますし、それぞれの責任を確認することにも繋がります。

契約書には、以下のような項目を含めるようにしましょう。

必ず含めたい項目

  • 目的物(対象となるクルマ)
  • 売買代金
  • 売買代金の支払時期およびその方法
  • 引渡しの時期およびその方法
  • 本体代金以外の費用負担(支払い済みの自動車税や車検代、クルマの陸送費など)

可能なら入れたい項目

  • 危険負担
  • 契約不適合責任
  • 協議事項

契約書の作成というと難しいイメージを持たれがちですが、クルマの売買価格、支払いや引き渡し、車両代金以外の費用の負担について決めておくだけでも安心です。売買契約書のテンプレートなども多く公開されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

「法律や契約はちょっと不安」という場合は、個人売買をサポートしてくれるサービスを利用するのも一つの方法です。POINT6でもご紹介しているガリバーフリマでは、代金の支払いやクルマの引き渡し、名義変更などをガリバーが責任を持って代行しています。(名義変更・車両の引き渡しは、直接取引の場合では除外となります)

POINT 5

クルマの個人売買はトラブルの元!よくある事例

親族や知人と取引するなら問題ありませんが、赤の他人との個人間でのクルマを売買すると、トラブルに巻き込まれる可能性があります。以下のようなトラブルもあるようなので、気を付ける必要があります。

トラブル① 買った人が名義人の変更をしてくれない

個人でクルマを売買する場合、買主が名義変更するという段取りで合意し、必要書類を託すケースが多いです。しかし、その買主が名義変更をしたかどうかを確認しないことが多いため、売主の名義のままクルマを乗り続けることもできてしまうのです。

名義変更をしないと納税通知書は名義人である売主に送られてきますし、そのクルマで事故を起こした場合に売主も責任を問われる可能性があります。

トラブル② 買ったクルマが事故車だった

個人売買の場合、クルマの状態を客観的に査定する人がいません。最近はインターネットで取引することも多いため、「実際の車両を見るのは代金支払い後」というケースも多いです。

そのため「買ったクルマが実は事故車だった」といったケースもあるようです。その他にも故障しているところがあった、買ってすぐに不具合が見つかったといった話もあります。「売主も不具合に気づかないまま出品してしまった」といったケースもあるでしょうが、他方で知っていながら隠して出品する人もいないとは限りません。

トラブル③ 売主・買主と連絡が取れなくなった

トラブルがあっても、相手と連絡が取れて真摯に話し合いができればいいのですが、連絡すら取れなくなってしまうケースもあるようです。

「代金を払ったのにクルマが届かない」「届いたクルマが動かなかった」「クルマを売ったのに納税通知書が届いた」という時に相手に連絡がとれなくては困ってしまいます。契約書があればトラブルが全て防げるわけではありませんが、泣き寝入りしないためにも最低限の自衛策をとるようにしましょう。

POINT 6

個人間のやり取りをサポートするガリバーフリマ

フリマサイトやアプリで出会った相手と売買をするためには、トラブルを避けるための工夫が必要です。取引について後で揉める可能性もありますし、見ず知らずの相手に印鑑証明や住民票といった個人情報を託すのは不安が伴うものです。

「 5つの特徴 」

トラブル防止のためにも、状態の査定をしてくれたり、名義変更を代行してくれたりするサービスを使うことをおすすめします。きちんとした企業に代行を依頼することで「名義変更されずに放置されていて、翌年も自動車税納付書が届いてしまった」といったトラブルが避けられます。

ガリバーでも、ガリバーフリマという個人売買をサポートするサービスをご用意しています。名義変更をガリバーが代行するほか、確実にクルマや必要な書類が引き渡され、代金が振り込まれるように仲介しています。