ローン残債がある車の売り方

ローンが残っている車の売り方

ローンが残っている車の売り方と残債の処理方法

更新日:2022/03/23

ローンが残っている車でも、売ることはできます。ただし車の名義人によって売り方や流れが変わってくるので、所有権の確認方法、残債の処理方法など確認していきましょう。

ローン支払い中の車は所有権が自分ではないことも

「購入した車の名義人は自分」と思いがちですが、ローン支払い中の車の場合、完済までは車がローン会社などの名義になっていることがあります。
一般に、金融機関で組んだローンの場合は返済中も名義人は自分、ディーラーや信販会社で組んだローンの場合は返済中の名義人はローン会社になっていることが多いようです。

まずは車の所有権を確認!

まずは車の所有権を確認!

車の所有権は、車検証の「所有者の氏名又は名称」の欄を確認すると分かります。 そこに書かれた名前が自分のものであり、かつ契約書にも「ローン完済までは信販会社が所有権を留保する」といった条項がなければ、ローンが残っている車でも自由に売却することができます。
他方で所有者のところにディーラーやローン会社の名前が記載されている場合は、ローン残債を完済した上で所有権を自分に変更する「所有権の解除」という手続きが必要です。

所有権が自分の場合の売り方

所有権が自分にある場合でも、まずは念のために契約書を確認してみましょう。契約書に「信販会社が所有権を留保する」などの記載がある場合、ローンの支払いが滞った時のために、車が担保になっていることを意味しています。
その場合、ローン完済までは自由に車を売却することはできないので、次の「ローン会社が車の所有権を持っている場合の売り方」と同じ手続きが必要です。

所有権の留保もない場合は、ローンが残っていても自由に車を売却することができます。売却によって手に入ったお金でローンを返済しても良いですし、これまで通り月々で返済しても構いません。

ローン会社が車の所有権を持っている場合の売り方

ローン会社が車の所有権を持っている場合、車の売り方は大きく以下の2つの方法があります。

  • 方法①ローン残債分のお金を自分で用意し、一括返済。所有権を自分に変更してから売却
  • 方法②中古車販売店に車を売却し、所有権を中古車買取店に変更してローンを清算

方法①のように自分でローンを一括返済し名義変更できればシンプルで分かりやすいですが、「ローン残債分を全て自分で用意するのは難しい」という人もいるでしょう。

そういう場合は、ガリバーのような中古車買取店に、車の売却を前提にして、ローン返済・名義変更などをまとめて行ってもらう方法②がオススメです。ローン残債があると返済や名義変更の手順が複雑ですが、買取店はこうした手続きにも慣れているため、査定額を踏まえてスムーズに進めてくれます。

方法②のように買取店に依頼する場合、車の買取額がローン残債を上回るか下回るかでその後の手続きが変わってきます。

車の買取額がローン残債を上回るケース

中古車買取店は、車の買取額からローンを返済します。そのため買取額がローン残債を上回る場合、その差額は車を売る人に支払われるのが一般的です。

例えばローン残債が100万円で車の買取額が150万円の場合、中古車買取店はローン会社に100万円を一括返済します。その後、名義を買取店に変更し、車の売り手に差額の50万円を支払います。

車の買取額がローン残債を下回るケース

車の買取額がローン残債を下回るケース

査定の結果、車の買取額がローン残債を下回る場合、車を引き渡すだけではローン残債が返済できません。そのため車の売り手が不足分を買取店に支払うことで、買取店がローン残債を返済します。

例えば、車のローン残債が200万円で買取額が150万円の場合、完済するには50万円足りません。不足分を車の売り手が支払うことでローンが完済され、同時に車の名義は買取店に変更されるのです。

更に
差がつく!
買取額だけではローンが残り、差額を一括返済できない場合

「買取額がローン残債を下回りそうだけど、不足分を一括で用意するのは難しい」という場合もあるでしょう。中古車買取店によっては、この不足分を分割して支払うことができるローンを用意しているお店もあります。そのため不足分の用意に不安がある場合は、中古車買取店が用意するローンもチェックしてみてください。

ガリバーでも残債整理ローン(プラスローン)を用意しています。現在利用しているローン会社へはガリバーがまとめて返済し、車売却後の差額分をローンで少しずつ払うことができます。

愛車のローン残債が買取額を上回り追加費用が必要になるのかは、査定を受けてみないと分かりません。査定額の方が高ければローン残債との差額を受け取ることもできるので、まずは査定を受けてみてください。

  • ローン契約には審査があります。審査の結果ご期待に添えない場合もあります。詳しくは店舗スタッフにお尋ねください。

残債を次の車のローンにまとめられるケースも

残債を次の車のローンにまとめられるケース

ローン残債がある車を売って新たな車を購入する場合、販売店によってはローンをまとめることができます。

例えばローン残債が200万円で車の買取額が150万円の場合、車を売却するためには通常は不足分の50万円を一括で支払う必要があります。この50万円の不足分を、次の車の購入代金とまとめて少しずつローンで支払うことができるのです。

ガリバーでも、ローン残債と新しい車の代金をまとめられる「プラスローン」というプランを用意しています。「まとめた場合の月々の負担が心配」「ローンをまとめた時に負担にならない値段の車が欲しい」といったご相談も承っていますので、お気軽にご相談ください

  • ローン契約には審査があります。審査の結果ご期待に添えない場合もあります。詳しくは店舗スタッフにお尋ねください。

車を高く売るコツも併せてチェックを!

ローンが残っているのであれば、できるだけ高く車を売って返済に当てたいもの。だからこそ、高く売るためのコツも併せてチェックしておきましょう。特に以下は簡単にできるので、可能なものから取り入れてみてください。

  • 高く売れる1~3月や9~10月を狙う
  • 走行距離が大台に乗る前に手放す
  • 純正オプションは積極的にアピールする
  • キズは小さなものなら査定前に自分で直しておく
  • 査定前に簡単に掃除をしておく

以下の記事ではその他のコツやポイントも含めて具体的に解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。