事故車、修復歴車の見分け方と売り方

close
事故車、修復歴車の見分け方と売り方

事故車?修復歴車? 「事故車」の買取価格に影響する3つのポイント

事故車は買取価格が安くなる。そもそも買い取ってもらえない。そんな話を聞いて、自分が乗っているクルマは事故車になるのだろうかと気になる方もいるのではないでしょうか。査定額に影響するのはどんな「事故車」なのか、それをどう見分けるのか。年間査定台数以上のガリバーが査定士の判断基準を解説します。

POINT 1

査定に影響するのは「修復歴」

骨格部位とは?

買取価格に影響するのは「事故歴」ではなく、正しくは「修復歴」です。

修復歴とは、画像にあるような骨格(フレーム)部位等を、交換したり修復したりしたことがあるかどうかを指します。
こういった「クルマの骨組み」に当たる部分を修理している場合は、買取価格が数十万円以上、下がってしまう場合があります。

一方、「ちょっとした接触事故でクルマを擦った」くらいであれば、「修復歴車」にはならないことがほとんどです。
キズやヘコミがあれば査定は少し下がってしまいますが、POINT3でご紹介しているような対策をすることができます。ぜひ参考にしてください。

注意! 修復歴を隠すと責任を問われることも

「自分のクルマは修復歴車ではないから大丈夫」と思っている方でも、そのクルマを中古で買っている場合は注意が必要です。
前オーナーのフレーム修理を、中古車屋さんが見落としているケースもあるからです。

故意に正しい申告をせずクルマを売却した場合、瑕疵(かし)担保責任を負う可能性や、譲渡後の解約・解除につながる可能性もあります。
「うちのクルマは大丈夫だろうか」と心配な場合は、まずは査定を受けてみましょう。
ガリバーでは「修復歴があるのか分からないのだけど」というクルマの査定も承っています。

POINT 2

修復歴車は販路が多い買取店に

「修復歴があると安全性に影響がある」と言われているため、日本国内では修復歴車は敬遠されがちです。
そのため買取価格も、場合によっては数十万円以上も下がってしまいます。

しかし世界には、修復歴をそれほど気にしない国もあります。
そういった国に販路を持っている買取店であれば、修復歴による査定額ダウンを最低限にすることができます。

そのため修復歴があるクルマがある場合には、販路が多い買取店で査定を受けることをおすすめします。
ガリバーは海外にも拠点があり、業者向けオークションを通じて海外にもクルマを輸出しています。

POINT 3

小さなキズを修理して査定額アップ

修復歴の有無に関わらず、クルマに乗っていると小さなキズやヘコミはできてしまうものです。
ほかにも、ステッカーの跡、バッテリーやエンジンのオイル切れ、タイヤのパンクといった不具合があるかもしれません。

このうち、市販の研磨剤できれいにできる程度のキズや汚れは、自分で直しておくことをおススメします。
少しの費用で、査定額のアップにつながるからです。

しかし、板金修理やタイヤの交換などは、買取店に任せた方が良いでしょう。修理や交換に必要な費用の方が、買取額の上がり幅よりも大きくなってしまうことがあるからです。
クルマを高く売るコツを押さえて、できるだけ高く買い取ってもらいましょう。

ガリバーでは出張査定も承っています。「バッテリー切れでエンジンがかからない…」といった場合でも、お気軽にご連絡ください。