傷や凹みの買取査定への影響

0120-22-1616 中古車探しも無料査定も、まずは相談!
目立つ傷や凹みの、買取査定額への影響

目立つ傷や凹みの、買取査定額への影響

車に目立つ傷があったり、傷だらけだったり、凹みがある場合。そのような場合の買取査定額への影響、また査定後に傷をつけた場合の対応法についてご紹介します。

POINT 1 傷の大きさと査定への影響

傷による買取査定額への影響は、傷の大きさと深さによって決まります。爪が引っ掛からないような細かな傷であれば、車を日常利用している以上は仕方がないものですので、買取額にはほとんど影響しません。

画像:細かな傷

それに対して、左記の画像のように「爪が引っ掛かる程度の深さ」はあるものの「凹み」というほどではない傷の場合には、再塗装が必要になるため、査定額が下がります。塗装箇所や塗装方法により異なりますが、10センチくらいまでの傷なら1万円程度、それを超えるような大きな傷なら数万円程度の減額が一つの目安です。

傷だらけの場合は?

傷だらけの車の場合、傷の大きさや数、また再塗装に必要な面積に応じて査定額が下がっていきます。
また爪が引っ掛からないような細かな傷であっても「車全体が傷だらけ」など「古い」「汚い」といった印象を与える場合には、査定額が下がる場合があります。

POINT 2 凹みを伴う傷と査定への影響

画像:凹みがある傷

左記の画像のように「凹み」を伴う傷の場合には、板金修理が必要になるので買取査定額が大きく下がります。小さなものであれば数万円程度の減額で済みますが、車内に大きく広がる凹みの場合には十万円単位で査定額が下がる場合もあります。

POINT 3 傷・凹み以上に査定への影響があるもの

傷や凹みに加えて、以下のような損傷も買取査定額に大きな影響があります。

画像:サビ、腐食、亀裂、修理や交換の跡

大きな錆、腐食、亀裂といった損傷がある場合、パーツ交換が必要になるため買取査定額は大きく下がります。車の裏や内部が傷んでいることもあり、安全性や走行性能に関わる場合はこれも査定額が下がる要因になります。

修理や交換の跡については、「どこを修理・交換したのか」によっても査定額への影響が変わります。タイヤやナビなどのアクセサリーの交換であれば、交換したこと自体による減額はほとんどないでしょう。ただし交換跡が目立っていてクルマの見た目を損ねている場合には、傷に近い扱いとなり査定額が下がる可能性があります。
それに対して、車の骨格部位を修理・交換している場合は「修復歴あり」という扱いになるため、査定額が十万円単位で下がることもあります。例えば、骨格部位の修理とドア交換を行っていた場合、車両によってはかかった修理費用(一般的には10万円以上)が、査定額から減額される可能性があります。

  • ねじ止めしている箇所の交換は修復歴に含まれません。そのため、大幅な減額はされない場合もあります。

POINT 4 買取査定後にぶつけて傷・凹みがついた場合は?

買取査定後の傷や凹みについては、既に売却契約を結んでいるかどうかによって対応が変わります。

「ただ査定をしてもらっただけ」「どこに買い取ってもらうか決まっていない」という場合については、再度査定を受けると良いでしょう。過去の事故や修理について聞かれたら、正直に答えてください。

「売却契約を結んだ後に傷や凹みを付けてしまった」という場合には、引き渡しの際に申告をしましょう。買取店は査定のプロですので、新たな傷や凹みはすぐに気づかれてしまいます。「契約時の状態と違う」となれば後から返金請求をされるなど手間が増えるだけですので、正直に伝えることをお勧めします。