古い車の下取りと廃車

0120-22-1616 中古車探しも無料査定も、まずは相談!
古い車の下取りと廃車

車下取りの基礎知識 古い車の廃車や下取り費用と交渉方法

古い車から乗り換える時、廃車しか選択肢がないのでしょうか。ディーラーで「下取りできない」と言われた時の交渉方法、廃車費用の目安と無料にする方法など解説します。

POINT 1

古い車、「廃車にするしかない」と言われたら「買取」へ

ディーラーで下取りを断られ「廃車にするしかない」と言われた車も、中古車買取店を利用すれば買い取ってもらえたり、廃車費用なしで引き取ってもらえる可能性があります。
というのも中古車買取店の中には、「日本では買い手がいない車」も売れる海外販路があったり、部品の価値を適切に査定した買い取れるお店もあるからです。

新車に買い替える場合

新車に買い替える場合、古い車の処分は大きく分けて2つの方法があります。

一つ目がディーラーによる「下取り」です。
この場合はディーラーに相談しましょう。状態が良い車なら、その価値の分を新車代金の一部として充当して貰えます。買取専門店の買取相場を確認してからディーラーに行くと、「あのお店ではもっと高い値段で買い取ってくれる」と交渉することができるでしょう。
他方で状態があまり良くない場合、「下取り対象外」と値段が付かないばかりか、場合によっては廃車費用が必要になることもあります。そんな時はそのまま納得するのではなく、「新車を買う」という強みを活かして「新車を買うんだから廃車費用くらいおまけして」と交渉してみましょう。

もう一つの方法が、中古車買取店による「買取」です。新車を購入する場合にも、この「買取」を利用できます。
お店により買取基準には幅がありますが、海外にも販路があるお店、古い車の査定も得意なお店では、条件が悪い車でも買い取ってもらえることがあります。
そのため「ディーラーで下取りを断られた」「費用が必要だと言われた」という場合は中古車買取店による「買取」を検討してみましょう。

中古車に買い替える場合

次の車を中古車にする場合は、ディーラーの「下取り」は使えません。そのため中古車買取店で査定を受け、その価格に納得出来たら買い取ってもらうという流れになります。
多くの中古車店では車両の販売も行っているので、ディーラーの下取りと同様にワンストップで乗り換えをすることも可能です。必要書類が少なく手続きがスムーズなほか、「新しい車もここで買うから割引して」と値引き交渉もできるでしょう。

もし今の車があまりに古く「今の車は買取できない」と言われた場合には、念のため別のお店でも買取査定を受けてみることをお勧めします。

POINT 2

廃車を検討すべき状態と古い車の買取実績

ガリバーの廃車実績では、「10年落ち以上で、走行距離は10万km前後」という車のお問い合わせが多いです。
しかし実際にこのような車を査定してみると、廃車ではなく、買取ができる車もあります。
以下はガリバーの買取実績の一部です。

メーカー 車種名 年式 走行距離 成約金額
BMW BMW 116i 2010年 4.6万km 183,367円
日産 セレナ 2001年 9.2万km 83,062円
トヨタ シエンタ 2006年 8.6万km 46,473円
スズキ ワゴンR スティングレー 2008年 13.2万km 46,291円
ダイハツ ミラ 2010年 10.4万km 46,240円
マツダ デミオ 2004年 13.0万km 10,780円
日産 マーチ 2003年 10.9万km 10,010円
  • 2021年1月のガリバー買取実績より

他方で、事故歴や浸水したことがある車、年式も古く10万kmを大幅に超えている車などは値段が付かない場合もあります。そのような場合にも「買取はできないけど、廃車費用なしで引き取る」など可能な場合もあります。

POINT 3

廃車費用っていくら?

通常の廃車を利用した場合、以下の廃車費用が必要です。

解体費用 1万~2万円
リサイクル料金
(※新車購入時に預託済みの場合は不要)
軽自動車:約8000円
普通自動車:約1万円
輸入車:約2万円
  • 自走不能な場合は、上記に加えて運搬費用(5000円~1万円程度)が必要です。
  • 上記費用は「永久抹消」の廃車費用です。

解体費用は廃車を引き受けるお店が自由に設定することができ、その後の手続きまで含めて「手続き費用」という名目にしているお店もあります。金額はお店によって違いはあるものの、ディーラーも含めて数万円で収まることが多いです。

リサイクル料金とは法律で定められた費用で、現在は新車購入時に予め支払う制度になっています。手元に「リサイクル券」がある場合は支払い済みの証ですので、追加で支払う必要はありません。紛失した場合でも再発行ができます。
ただし2005年以前に製造された古い車にはリサイクル料金を預託していない場合があり、その場合には廃車時に支払います。

POINT 4

廃車にする前に「査定」を受けてみよう

既にご紹介した通り、通常の廃車の場合、解体費用などの料金を支払う必要があります。そのため廃車を考えたら、まずは中古車専門店の「査定」を受けてみることをお勧めします。

「廃車だと思っていた車に値段が付く」「廃車費用なしで引き取ることができた」というケースはガリバーでは珍しくありません。
ディーラーとは異なり、買取専門店のほとんどは無料で査定を行っています。「古い車だし買い取ってもらえない」と諦めず、まずは気軽に査定を受けてみましょう。