傷・凹みがある車の下取り

0120-22-1616 中古車探しも無料査定も、まずは相談!
傷や凹みがある車の下取り

車下取りの基礎知識 【注意点】傷・凹みがある車の下取り、査定後に傷つけた場合

「傷や凹みがある車はディーラーで下取りしてもらえるの?」「査定額にどれくらい影響あるの?」「修理してから下取りに出すべき?」など、車の傷や凹みと下取り価格の関係、注意点をご案内します。

POINT 1

傷や凹みがある車の下取りへの影響

傷や凹みがあっても、車を下取りしてもらうことはできます。ただし傷は凹みの大きさに応じて、下取り額が大きく変わってきます。

  • 軽度の傷

    軽度の傷
  • 塗装が必要だが軽度な傷

    塗装が必要だが軽度な傷
  • 塗装と板金の両方が必要な傷

    塗装と板金の両方が必要な傷

爪で触っても引っ掛からない程度の「軽度の傷」の場合には、年式による評価に折り込み済みであり、追加で下取り額が大きく下がることは少ないでしょう。ただし細かな傷や擦れが無数にあり、全体として非常に傷んだ印象を当たる場合には下取り額は更に下がるでしょう。

指で触っても分かるような傷の場合、凹みがあるかどうかが大きな分かれ目になります。大きな凹みがなく、塗装が剥げているだけの場合、「塗装は必要だが軽度な傷」となります。このような傷の場合は、修理も再塗装だけで済むため、数万円程度の減額で済むことも多いようです。

それに対して大きく凹んでいて「塗装と板金が必要な傷」の場合、下取り額は時に十万円単位で減額されることもあります。板金修理は専門の工場でないとできないため、修理費用が高額になるからです。

POINT 2

自分で修理に出してから査定してもらった方がお得?

市販の研磨剤や塗料で簡単に修理できるような傷、洗車や消臭剤でとれる汚れやにおいは、査定前にきれいにしておくと良いでしょう。費用もあまりかかりませんし、「きちんと管理された車」に見えて好印象です。

それに対して、修理工場に持っていく必要があるような傷や凹みは修理せず、そのまま査定を受けることをオススメします。修理にお金がかかるだけでなく、査定額がアップしたとしても修理費の方が高くついてしまう可能性があるからです。

POINT 3

新車購入時のディーラーの下取り査定における注意点は?

ディーラーで下取り査定を受ける時には、以下の点に注意すると良いでしょう。

  • 簡単に落ちる汚れで減額されないように、洗車や車内の掃除をきちんとしておく
  • 傷や凹みがあった場合は、隠さずに伝える
  • 予期せぬ事故などで下取り額が下がらないよう、代車の利用も考える
  • 下取り額に納得できない場合は、買取相場を確認してみる

「傷や凹みがあるとはいえ、あまりに下取り額が安すぎる」と思うこともあるでしょう。その場合は中古車の買取査定を受けてみて、下取り額が妥当であるか確認することをお勧めします。

POINT 4

査定後に傷をつけてしまった場合は?

新車購入は納車まで時間がかかることも多く、査定を受けてから車を引き渡すまでに期間が空くことも珍しくありません。その間に「車に傷をつけてしまった」ということもあるでしょう。

普通に利用していてもつくような細かな傷や凹みであれば実際の下取り額は下がらないこともあります。しかし、板金修理が必要になるような大きな傷や凹みならば、下取り額が十万円単位で下がる可能性があります。

いずれにしても、車を引き渡す際にきちんと報告をすることが重要です。
ディーラーも買取業者もプロなので、新たな傷や凹みが増えていることは隠せるものではありません。引き渡し時には気づかれなくても、引き渡し後の点検で気付かれることがほとんどでしょう。後から返金請求をされるなど手間が増えるだけですので、正直に伝えておいた方が良いでしょう。

こういった予期せぬ傷や凹みを防ぐためにも、代車を利用し、今の車は早めに下取りしてもらうというのも一つの選択肢です。

POINT 5

傷や凹みがある車は下取り前に「買取査定」を

車の下取り査定時に「傷がある車なので、この金額が精一杯です」と言われると、ついつい納得してしまうもの。傷がある車なら、なおさらです。

しかし「本当に下取り額が妥当なのか」は、相場を確認しなければ判断できません。
そのためにも、ディーラーに行く前に「買取査定」を受けておくことをおすすめします。あらかじめ査定を受けておくと、下取り価格が妥当かどうかわかります。下取り価格に満足できなければ、より高い金額で引き取ってくれる買取店に売ればよいでしょう。

ガリバーでは、過去6か月間の買取実績を公開しています。ぜひ参考にしてみてください。
愛車の正確な査定額を知りたい場合は、査定を受けてみることをお勧めします。