車の買取サービスが高い理由|中古車買取実績No.1のガリバー

車の買取が高い理由。車買取実績NO.1のガリバー 車買取サービスの豆知識 車の買取が高い理由。車買取実績NO.1のガリバー

※2001年~2014年主要買取専門店7社における中古車買取台数 株式会社矢野経済研究所調べ 2015年5月現在

クルマを売ろうと思うと、「下取り」や「買い取り」といった言葉が思い浮かぶ人もいるのではないでしょうか。実は全く意味が異なるこの2つですが、ディーラーによる下取りと専門店による買取は何が違うのか、買取専門店や業者の中で比較するのはどんなポイントなのか。そしてガリバーはなぜ高く買い取れるのかをご説明します。

中古車の買取店とディーラーの下取りの違いは?

どちらも同じような言葉に見える、買い取りと下取り。しかしこの2つは全く異なるものです。中古車を買い取ってもらうということは、つまりクルマという資産を現金化することです。手に入った現金の使途は決められていないので、クルマを買わなくてもいいですし、安いクルマを買って残りを生活費や娯楽費に充ててもいいのです。

それに対し、下取りの場合は、ディーラーでクルマを買うことを前提にしています。そのため、手に入るはずのお金は、その全てが次のクルマの頭金になってしまいます。ですので、2台あるクルマを1台に減らしたい、クルマに掛けるお金を減らしたいと思っている人には向きません。

どうせ次もクルマを買うからで大丈夫。そう思う人も注意が必要です。下取りは、メーカーが自社ブランドの新車を買ってもらうため、買い続けてもらうために実施しています。自社ブランドの印象を良くするためにも、他社ブランドのクルマだとそれなりの価格でしか買い取ってもらえないことが多いのです。

写真:中古車の買取店とディーラーの下取りの違いは?

ディーラーは新車を売るのが仕事で中古車相場に明るくないので、人気の車種、カラー、装備などプラス加点できる部分も見落としがちです。その点、中古車を専門にする買取店なら「四輪駆動なら雪の多い地域で売れる」「このメーカーは安全性能が高いからファミリーに売れる」といった判断ができるので、ブランドを問わず高額で買い取ることができるのです。
こちらのページでは買取と下取りのメリットデメリットについてわかりやすく図で説明していますのでチェックしてみてくださいね。
買取と下取りの違い

最近よく耳にする一括査定って何?

最近、色々なサイトで紹介されている一括査定。愛車のデータを入力すると、多くの買取業者が見積もりを出してくれるサービスです。「一番高いお店がわかってお得」と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、一括査定でギリギリまで高値の見積もりをもらえる人は限られているので注意が必要です。中古車は、新しければ新しいほど高値で売れるものです。ですので、売却してもらえるタイミングがわからない場合、買い取った時にはクルマの価値が下がっている可能性を見込み「やや低め」の価格を提示せざるを得ないのです。

そのため、次の納車日が決まっている人や、手放す日を決めている人以外は、一括査定を利用すると損をしてしまう可能性があります。

こちらのページでは一括査定サイトのメリットデメリットと注意点についてまとめていますので参考にしてみてください。

一括査定サイト利用時の注意点

業者によって買取価格が異なる理由

同じクルマなのに、なぜ買取価格が違ってくるのでしょうか。既にご紹介したとおり、中古車は新しければ新しいほど、高い値段で売れます。なので、在庫として持つ期間が長ければその分だけ利益率が下がるため、クルマの買取価格が下がってしまいます。

そこで重要なのが、販路の豊富さ。同じ日本の中でも気候や流行、人口構成などにより人気のクルマは異なっており、高く売れるクルマも違います。全国や海外にまで拠点を持っていると、需要のある地域でそのクルマを販売できるため高い値段で売ることができますし、在庫を抱えてしまう可能性も下げられます。高値で再販できるため、その分、高値で買い取ることができるのです。

写真:業者によって買取価格が異なる理由

またもう一つの要素が、相場を見通す力です。この先、中古車の相場がどう動くのか分からないと、値崩れが怖くて、高額で買い取ることができません。逆に相場が見通せれば、買取日が少し先でも、相場を見越した上で買取価格を提示することができます。

ちなみにガリバーは、全国約550の店舗、約18000件の販売拠点があります。また買取実績No.1※に証明される豊富なデータと経験値があるため、値崩れを恐れずに高値で買い取ることができます。

※2001年~2014年主要買取専門店7社における中古車買取台数 株式会社矢野経済研究所調べ 2015年5月現在

全国のクルマ買取専門店

街中にもクルマ買取を謳うお店は数多くありますし、インターネットでも様々な広告を見かけることでしょう。どうせなら信頼できるお店に買い取ってもらいたい。そう思う人にとって一つの目安になるのが、JADRI(日本自動車流通研究所)に加盟している以下のお店です。

写真:全国のクルマ買取専門店

ガリバーもJADRIに加盟しており、中古車買取などを始めて22年になる、業界でも最も歴史のある会社の一つです。
これまで蓄積された膨大なデータベースとノウハウをもとに、正確で適切な買取を行い、よりわかりやすく安心してクルマを売却いただけるよう努めています。
お客様の信頼が積み重なり、買取実績も14年間連続でNo.1の称号を頂いています。

※2001年~2014年主要買取専門店7社における中古車買取台数 株式会社矢野経済研究所調べ 2015年5月現在

JADRI加盟企業

  • 株式会社アイランドオート
  • 株式会社アイル
  • アドバンスオートモービル株式会社
  • アップルオートネットワーク株式会社
    (一部店舗のみ対応)
  • 有限会社アラジンファクトリー
  • 株式会社ENG
  • 市原自動車センター株式会社
  • 株式会社インディオ富山
  • 株式会社ASK(エーエスケイ)
  • 株式会社エスビーティー
  • 株式会社オークショントレード
  • 株式会社オートコミュニケーションズ
  • 有限会社オートショップオーエス
  • 株式会社オートスタイルトレーディング
  • 株式会社オートスピリット
  • 株式会社オートベル
  • 株式会社オートプラザ
    (カウカウ桐生店)
  • 株式会社オートランド
  • 株式会社扇
  • オンリーワン株式会社
  • 有限会社ガッツ
  • 株式会社IDOM
  • カーコンビニ倶楽部株式会社
  • 株式会社カーズネット
  • 株式会社カーセブンディベロプメント
  • カーチェンジA1株式会社
  • 株式会社カーチス
  • 株式会社カーネーション
  • Car-bb.com
  • 株式会社カーリンク・ラボ
  • 株式会社ガレージカレント
  • 北山自動車株式会社
  • 有限会社クール
  • 株式会社くぼ田
  • 株式会社コンチネンタルオートス
  • 三共自動車販売株式会社
  • 株式会社ジーアフター
  • 株式会社ジーエフシーサービス
  • 株式会社ジェイボーイ
  • 株式会社シティライト
  • 株式会社シマダオート商事
    (株式会社ホンダネットナラ)
  • 株式会社シマ商会
  • 株式会社JUCC
  • 株式会社シーリーフ
  • 株式会社ジャンプジャパン
  • 株式会社ジング
  • 有限会社ステージワンモータース
  • 株式会社タックス本部
  • TAX鳥栖
  • 株式会社トップランク
  • 有限会社トライアングルオート
  • 株式会社DreamCompany
  • 道央自動車株式会社
  • 株式会社石長グローバルモータース
  • 株式会社チャレンジオート名古屋
  • 株式会社翼エンタープライズ
  • 株式会社東京assess
  • 有限会社トラストレーディング
  • 株式会社ナック
  • 日豊オート株式会社
  • 株式会社ニーズ
  • 株式会社ネクサス
  • 株式会社ネクステージ
  • 株式会社ネクスト城南
  • 株式会社ノースグラフィック
  • 株式会社バジェットホールディングス
  • 株式会社ハナテン
  • 株式会社はなまる
  • 有限会社ビーライン
  • ビッグウェーブホールディングス株式会社
  • 株式会社ビッグモーター
  • 株式会社POEM
  • ホームネットカーズ株式会社
  • 有限会社ムラタ商事
  • 株式会社明治屋自動車
  • ユナイト株式会社
  • 株式会社レッツ
  • 有限会社ロイヤル
  • ロデオドライブ
  • 株式会社ロペライオ

関連情報