スバル インプレッサの買取価格・査定相場

close

10451005

1045

スバル インプレッサの車買取相場

初めての方にも安心!!ネットでカンタン、ラクラク入力 無料!高額査定にチャレンジしよう!

カンタン35秒入力
過去6ヶ月での最高査定額
スバル インプレッサ
最高査定額
217.8万円
  • 過去約6ヶ月間の弊社査定実績の中での最高額。
    最高額:平成25年式 スバルインプレッサ WRX STI スペックC 18インチタイヤ仕様車(青M 走行距離1万km走行) 2020年3月査定。
  • 年式、グレード、走行距離、色、装備、その他車両状態などにより査定金額は変わります。過去6ヶ月間の実績で現在の査定金額を示すものではありません。画像はイメージで画像の車両の査定金額を示すものではありません。
ロボット頭
ご利用の愛車について
メーカー名
車種名

メーカーを先にご選択ください

年式
走行距離
お客様について
※以下の情報は、査定結果のお知らせ等の際にご利用いたします。
都道府県
お名前
(全角かな)
  • せい
  • めい
電話番号
(数字)

ハイフン「ー」なしでご記入ください

※お客様からご提供頂いた個人情報は、お車の買取、販売など当社サービスのご案内(電話・メール等)及びご提供のために利用いたします。
ロボット右腕 ロボット左腕 ロボット足
中古車販売・買取実績N0.1
  • 2020年1月(株)日本能率協会総合研究所調べ(国内の大手自動車買取事業者を対象とした「中古自動車買取台数No.1調査」より)
年式+走行距離でより正確な査定額がわかります!

インプレッサの買取相場情報

ガリバーの豊富な買取実績の中から、「インプレッサ」の過去6ヶ月間の買取相場情報をご紹介します。「インプレッサ」の買取相場は年式やグレード、走行距離の違いにより、大きく変わることがあります。

全国の買取取引データ
453件
車種・グレード名
カラー
年式
走行距離
査定時期
都道府県
査定額
インプレッサ WRX STI スペックC 18インチタイヤ仕様車
青M
平成25年式
(2013年式)
1万km走行
2020年3月
千葉県
217.8万円
インプレッサ WRX STI スペックC 18インチタイヤ仕様車
青M
平成25年式
(2013年式)
1万km走行
2020年3月
千葉県
215.9万円
インプレッサ WRX STI スペックC 18インチタイヤ仕様車
青M
平成25年式
(2013年式)
1万km走行
2020年3月
新潟県
197.4万円
インプレッサ WRX STI
パール
平成23年式
(2011年式)
2万km走行
2020年5月
大阪府
176.7万円
インプレッサ WRXタイプR STiバージョンⅥ リミテッド
平成11年式
(1999年式)
3万km走行
2020年6月
岡山県
175.8万円
インプレッサ WRX STI
パール
平成25年式
(2013年式)
5万km走行
2020年2月
愛知県
172.7万円
インプレッサ WRX STI
パール
平成22年式
(2010年式)
2万km走行
2020年2月
東京都
171.8万円
インプレッサ WRX STI スペックC 18インチタイヤ仕様車
パール
平成24年式
(2012年式)
4万km走行
2020年1月
大分県
171.0万円
インプレッサ WRX STI
平成23年式
(2011年式)
4万km走行
2020年1月
大阪府
170.8万円
インプレッサ WRX STI スペックC 18インチタイヤ仕様車
平成23年式
(2011年式)
4万km走行
2020年2月
福島県
166.2万円
インプレッサ S203
シルバー
平成17年式
(2005年式)
8万km走行
2020年1月
静岡県
159.9万円
インプレッサ WRX STI スペックC 18インチタイヤ仕様車
平成23年式
(2011年式)
5万km走行
2020年2月
神奈川県
154.9万円
インプレッサ WRX STI
パール
平成23年式
(2011年式)
5万km走行
2020年6月
奈良県
151.0万円
インプレッサ WRX STI
平成25年式
(2013年式)
6万km走行
2020年3月
埼玉県
146.3万円
インプレッサ WRX STI
パール
平成25年式
(2013年式)
6万km走行
2020年3月
福岡県
145.7万円
インプレッサ WRXタイプRA STiバージョンⅥ
平成12年式
(2000年式)
4万km走行
2020年1月
千葉県
145.7万円
インプレッサ WRXタイプRA STiバージョンⅥ
平成12年式
(2000年式)
4万km走行
2020年1月
千葉県
145.7万円
インプレッサ WRX STI スペックC 16インチタイヤ仕様車
青M
平成19年式
(2007年式)
4万km走行
2020年2月
石川県
145.1万円
インプレッサ WRX STI
パール
平成24年式
(2012年式)
6万km走行
2020年1月
群馬県
144.8万円
インプレッサ WRX STI
パール
平成25年式
(2013年式)
6万km走行
2020年3月
福岡県
143.9万円

※これらの価格は過去の査定実績を元に、一部の査定情報を抽出した金額です。また、実際の買取価格を保証するものではありません。

インプレッサの買取相場の特徴

  • 5代目インプレッサには予防安全装備「アイサイト」が全車標準装備された
  • 4代目インプレッサ、特に前期モデルは早めの売却がおススメ
  • 5代目の査定相場は高値を維持
クルマ評論家 CORISM代表 大岡智彦氏

クルマ評論家 CORISM代表 大岡智彦氏 CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員

スバル インプレッサは、WRC(世界ラリー選手権)参戦車として開発されたモデルだ。
1992年に登場した初代インプレッサ(GC/GF系)は、4ドアセダンとスポーツワゴンというラインナップに、後年リトナ(2ドア車)を加え、8年という長いモデルとなった。中でもWRC参戦車のベース車となったWRX STは、絶大な人気を誇った。

2~5代目インプレッサの改良ポイント

【2代目インプレッサ】
2000年に登場した2代目インプレッサは、セダンとスポーツワゴンという、初代と同じラインナップだった。しかし、セダンが3ナンバーサイズ、スポーツワゴンが5ナンバーサイズと、差別化された。
また、年式によって丸目、涙目、鷹目と3つの異なるフロントマスクも特徴となっている。

【3代目インプレッサ】
先々代にあたる3代目インプレッサ(GE/GH/GR/GV系)は、2007年に登場した。
スポーツワゴンに変わって登場した5ドアハチバックが導入され、セダンはそれから約1年後に発売された。
BL/BP系であるレガシィのシャシーを流用したことで、すべてのモデルが3ナンバーとなった。
また、サスペンションは、前後ストラット式からフロントのみストラット式に変更され、リアはダブルウィッシュボーン式となった。これによって、走行性能が向上した。

【4代目インプレッサ】
4代目となる先代インプレッサ(GP/GJ系)は、2011年に登場した。5ドアハッチバックがスポーツ、4ドアセダンはG4というサブネームが付けられている。
新世代の水平対向エンジンが搭載され、1.6Lと2Lのガソリンエンジンが用意された。5ドアのスポーツには、2Lガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドのモデルもあった。
ハイブリッドの燃費性能は20.4km/Lで、低燃費と走行性能を両立した「スポーツハイブリッド」という売り出しだった。

【5代目インプレッサ】
5代目インプレッサ(GT/GK系)は、2016年にデビューした。
新世代プラットフォームであるSGP(スバルグローバルプラットフォーム)が採用され、運動性能や衝突安全性能が大幅に向上した。
また、予防安全装備「アイサイト」を全車標準装備化している。歩行者エアバッグも標準装備化し、世界トップレベルの安全性能を誇るコンパクトカーとなった。
こうしたことなどが高く評価され、2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

4~5代目インプレッサのエンジンと燃費性能

【4代目インプレッサ】
4代目インプレッサ(GP/GJ系)には、1.6Lまたは2Lの水平対向エンジンが採用されていた。両エンジン共に、FF(前輪駆動)か4WDが選べる。
ミッションはCVTで、1.6Lの一部グレードでは5MTを選択することもできた。
1.6Lエンジンの出力は115ps&148Nmで、燃費は15.4~17.6㎞/L。2Lエンジンは150ps&196Nmで、燃費は16.2㎞/Lもしくは17.6㎞/Lとなった。

4代目インプレッサのリヤサスペンションは、1.6Lのエントリーグレード(廉価版)でもダブルウィッシュボーン式で、贅沢さがあった。
路面追従性も高く、スポーティな走行が可能だ。走りにこだわるスバルらしいスポーティな装備となっている。

2015年には、スポーツハイブリッドがラインナップに加わった。2Lの1モーター式のハイブリッド車だ。
燃費は20.4㎞/Lとなったが、やや歯切れの悪い仕様で、モーター出力が小さくほとんどEV走行できなかった。

【5代目インプレッサ】
2016年にデビューした5代目インプレッサ(GT/GK系)には、先代と同じ1.6Lと2Lの水平対向4気筒エンジンが搭載された。
燃料噴射システムを直噴化し、部品の見直しを行うことで、1.6Lエンジンは最高出力115ps(85kW)、燃費性能は18.2km/l(2WD車)とパフォーマンスが大幅に向上した。
2Lエンジンは最高出力154ps(113kw)、燃費性能は17.0km/L(2.0i-Lアイサイト2WD車)と、こちらも優れた数値を残している。

また、運転支援システム「アイサイト」の最新バージョン3が標準装備化された。先行車だけでなく、人や自転車などもステレオカメラで検知して、ドライバーをサポートしてくれる。

4~5代目インプレッサの査定相場

【4代目インプレッサ】
4代目インプレッサの前期モデルは、早めの売却をおすすめしている。
とくに、1.6LのFF(前輪駆動)モデルは、価格が付かなくなるレベルに突入しているのだ。

ただし、同じ前期モデルでも、2.0Lで4WD、アイサイト付きのモデルは、高値を維持している。
スバルのウリである4WDとアイサイトがあると無しとでは、売却価格に大きな差が出ている状況だ。

【5代目インプレッサ】
5代目インプレッサは、高値を維持。4代目同様、2Lで4WD車だと、さらに高値傾向だ。
プラス査定が期待できるのは、ボディカラーだと白&黒、もしくはシルバー系となる。
4WD車で純正ナビ、バックカメラ、アイサイトセーフティプラスの装備があれば、より高価買取が期待できる。

インプレッサ売却の注意点

インプレッサの売却には、買取店をおすすめする。高年式であれば、スバルディーラーの下取りでも、高値が付く可能性が高い。
しかし、他メーカーディーラーでの下取りや低年式車種の売却だと、あまり期待できない。スバル車は少々マニアックなため、中古車としての再販が難しく、ディーラー下取りでは適正な価格がつきにくいのだ。

買取店であれば、中古車市場の状況をリアルタイムに価格に反映しているので、高値で買取ってもらうことが可能だ。
とくに、インプレッサの4WD車は降雪地域で高く評価されている。こうした地域で多くの中古車店をもつような買取り店は、とくに高値で買取ってくれるだろう。

インプレッサの人気は依然高い

アイサイトは、「ぶつからないクルマ」というキャッチフレーズでスバルブランドをメジャーにした。スバルマニアだけでなく、一般のユーザーにもスバル車が認知されるようになったのだ。
それまで安全装備は中古車の評価に含まれていなかったが、アイサイトの登場によって、安全装備の有無が査定価格にも大きく影響を与えるようになった。

先代モデルとなった4代目インプレッサの中古車相場は、横這いから値上がりしており、人気の高さが伺える。
走行性能だけでなく、安全性能も高い水準にあるインプレッサの価値は、買取金額の高さで証明されるはずだ。

ガリバーの高額理由は車査定情報に掲載しています。

ガリバーが選ばれる4つの理由

  • 1 近くにお店がある安心感。

    ガリバーの店舗は全国に約500店舗。車査定のご相談で気軽に立ち寄れる拠点として、皆様のお住まいの近くに展開しております。
  • 2 クルマ業界最大規模の販売ルート

    ご売却いただいた愛車は全国のガリバーで再販されるほか、国内のオークション会場と、国内最大のネットワークで新しいオーナーのもとへ届けられます。
  • 3 実績に裏付けされた適正査定額。

    年間取引台数28万台※1累計取引台数333万台※2の実績で積み重ねたノウハウをご提供。もちろん、メーカーや車種を問わず適正な査定価格を算出できます。

    ※1:当社調べ2016年3月〜2017年2月の累計販売台数 累計買取台数の合計

    ※2:当社調べ2018年1月現在創業からの累計販売台数 累計買取台数の合計

  • 4 いいとこ探しのプラス査定。

    あなたの車の”いいとこ探し”で、どんどんプラス査定!車ごとの細やかな人気ポイントを熟知しているガリバーだから可能な査定手段です。

簡単4ステップであなたの愛車を査定します

STEP1

お問い合わせ

WEB・お電話のどちらからでもお気軽にご相談ください。

STEP2

概算価格をご連絡

お問い合わせ後、24時間以内にお電話にてご連絡いたします。

STEP3

査定額の算出

お車を実際にチェックし、正確に査定額を算出いたします。

STEP4

ご売却

査定金額にご納得いただきましたら、ご売却となります。
ご売却いただいた後、必要書類が揃いましたら、最短2日でご入金いたします。

  • 但し、銀行営業日により入金日が異なります。詳しくは弊社スタッフにお尋ねください。

お住いの地域の買取査定相場をチェック ガリバーの都道府県別の買い取り相場の情報をお教えします。