ポルシェ カイエンの買取価格・査定相場

close

20452501

2045

ポルシェ カイエンの車買取相場

初めての方にも安心!!ネットでカンタン、ラクラク入力 無料!高額査定にチャレンジしよう!

カンタン35秒入力
過去6ヶ月での最高査定額
ポルシェ カイエン
最高査定額
530.1万円
  • 過去約6ヶ月間の弊社査定実績の中での最高額。
    最高額:平成28年式 ポルシェカイエン カイエンGTS(黒 走行距離5万km走行) 2019年12月査定。
  • 年式、グレード、走行距離、色、装備、その他車両状態などにより査定金額は変わります。過去6ヶ月間の実績で現在の査定金額を示すものではありません。画像はイメージで画像の車両の査定金額を示すものではありません。
ロボット頭
ご利用の愛車について
メーカー名
車種名

メーカーを先にご選択ください

年式
走行距離
お客様について
※以下の情報は、査定結果のお知らせ等の際にご利用いたします。
都道府県
お名前
(全角かな)
  • せい
  • めい
電話番号
(数字)

ハイフン「ー」なしでご記入ください

※お客様からご提供頂いた個人情報は、お車の買取、販売など当社サービスのご案内(電話・メール等)及びご提供のために利用いたします。
ロボット右腕 ロボット左腕 ロボット足
中古車販売・買取実績N0.1
  • 2020年1月(株)日本能率協会総合研究所調べ(国内の大手自動車買取事業者を対象とした「中古自動車買取台数No.1調査」より)
年式+走行距離でより正確な査定額がわかります!

カイエンの買取相場情報

ガリバーの豊富な買取実績の中から、「カイエン」の過去6ヶ月間の買取相場情報をご紹介します。「カイエン」の買取相場は年式やグレード、走行距離の違いにより、大きく変わることがあります。

全国の買取取引データ
67件
車種・グレード名
カラー
年式
走行距離
査定時期
都道府県
査定額
カイエン カイエンGTS
平成28年式
(2016年式)
5万km走行
2019年12月
北海道
530.1万円
カイエン カイエンGTS
平成28年式
(2016年式)
5万km走行
2019年12月
北海道
530.1万円
カイエン カイエン
平成29年式
(2017年式)
2万km走行
2019年12月
大阪府
479.8万円
カイエン カイエンGTS
平成28年式
(2016年式)
3万km走行
2020年5月
埼玉県
426.8万円
カイエン カイエンS
平成27年式
(2015年式)
2万km走行
2020年3月
愛知県
426.8万円
カイエン カイエン
パール
平成29年式
(2017年式)
2万km走行
2020年1月
北海道
411.4万円
カイエン カイエン
平成28年式
(2016年式)
2万km走行
2020年2月
兵庫県
404.7万円
カイエン カイエン
平成27年式
(2015年式)
5万km走行
2019年12月
兵庫県
370.2万円
カイエン カイエン
平成29年式
(2017年式)
3万km走行
2020年4月
三重県
366.2万円
カイエン カイエン
平成27年式
(2015年式)
5万km走行
2019年12月
大阪府
355.2万円
カイエン カイエンS E-ハイブリッド
平成27年式
(2015年式)
6万km走行
2019年12月
東京都
354.3万円
カイエン カイエンS E-ハイブリッド
平成27年式
(2015年式)
6万km走行
2019年12月
東京都
349.5万円
カイエン カイエン
平成27年式
(2015年式)
3万km走行
2020年2月
群馬県
339.5万円
カイエン カイエン ターボS
平成25年式
(2013年式)
5万km走行
2020年4月
東京都
278.0万円
カイエン カイエンGTS
平成27年式
(2015年式)
8万km走行
2020年4月
大阪府
272.7万円
カイエン カイエンGTS
平成27年式
(2015年式)
8万km走行
2020年4月
大阪府
272.7万円
カイエン カイエンS E-ハイブリッド
平成27年式
(2015年式)
6万km走行
2020年3月
三重県
242.3万円
カイエン カイエンS ハイブリッド
平成23年式
(2011年式)
7万km走行
2020年4月
広島県
199.2万円
カイエン カイエンGTS
シルバー
平成24年式
(2012年式)
9万km走行
2020年3月
広島県
192.5万円
カイエン カイエンS ハイブリッド
平成23年式
(2011年式)
7万km走行
2020年4月
山口県
173.9万円

※これらの価格は過去の査定実績を元に、一部の査定情報を抽出した金額です。また、実際の買取価格を保証するものではありません。

カイエンの買取相場の特徴

  • カイエンはポルシェ初の5ドア車
  • 初代カイエンはモデルによって買取額に差がつく
  • 2代目は全体的に高値維持。前期モデルは価格にばらつきが出てきている
  • ディーラーより買取店での査定がおススメ

初代カイエン(955型)は、新しいスポーツカーとして2002年にデビューした。ポルシェ初の5ドア車だ。
クロスオーバーSUVへの参入を考えていたポルシェと、フォルクスワーゲンの思惑が合致し、共同開発したモデルとなる。

カイエン(955型)は、フォルクスワーゲン トゥアレグと同じFF(前輪駆動)系のプラットフォーム(車台)が使用されている。
しかし、ポルシェブランドの魅力を重視し、エンジンや車両剛性(ボディの強さ)、サスペンションなどの多くの部分が変更されている。高級スポーツ系SUVらしさが徹底追求されているのだ。

これまでポルシェは、2人乗りもしくは2+2の4人乗りしか設定してこなかった。カイエン(955型)は、そんなポルシェが作ったプレミアムSUVとして大ヒットした。
それまでのポルシェユーザー以外から、多くの顧客を取り込むことに成功した。

初代カイエンの強みは「SUVとは思えないパワフルな走行」

初代カイエンの駆動方式は、全車4WDとなっている。これには、FF系プラットフォームであることが関係している。
主力モデルのカイエンSに搭載されているエンジンは、4.5LV型8気筒だ。これは、ポルシェのラグジュアリーモデルである928と同様の配置となっている。
カイエンターボには、最高出力450ps(331kW)を発生させる4.5L V型8気筒ターボが搭載された。
当時のSUVとしては、異例なほどパワフルな走行が可能だった。

また、遅れて登場したベーシックなカイエンには、3.2リッター狭角のV型6気筒エンジンが搭載されている。

2006年のマイナーチェンジで、エクステリアやエンジンが変更され、初代カイエンは955型から957型へ進化した。
カイエンは、最高出力290ps(213kW)を発生させる3.6L V型6気筒に変更された。
カイエンSは排気量が4.8Lに拡大され、最高出力は385ps(283kW)に向上した。
追加されたカイエンGTSは、カイエンSと同じ4.8リッターV型8気筒だが、405ps(298kW)まで出力が高められている。
カイエンターボも4.8Lに排気量がアップしたV型8気筒ターボが搭載され、最高出力500ps(368kW)となった。
カイエンターボはティプトロニックのみだが、カイエンやカイエンS、カイエンGTSには6速MTが用意されているのが特徴だ。

2代目にはハイブリッドモデルを投入し、環境性能と走行性能を両立

2代目カイエン(958型)は、2010年3月に登場した。
初代に比べてボディサイズは大きくなっているが、アルミニウムといった軽量素材を使用することで、軽量化に成功している。
さらに、アイドリングストップ機構やエネルギー回生システムが採用されたことで、燃費性能が向上した。
エンジンは全て直噴化され、3.6L V型6気筒が最高出力300ps(220kW)を発生させ、燃費は11.0km/Lを実現した。
4.8L V型8気筒エンジンは、400ps(294kW)を発生させる。
4.8L V型8気筒ターボエンジンは、500ps(368kW)を発生させる。

2代目カイエンには、ハイブリッドモデルが設定された。このモデルには、Sハイブリッドと呼ばれる3L V型6気筒のエンジンが搭載されている。
最高出力333ps(245kW)を発生さる一方、燃費は14.0km/L(10・15モード)を達成している。

2014年にマイナーチェンジが行われ、カイエンSのエンジンはそれまでの4.8L V型8気筒から、3.6LV型6気筒ツインターボへ変更された。
最高出力は420ps(309kW)、燃費は9.5km/Lを実現している。他のエンジンも、燃費性能や出力、トルクが向上している。

ポルシェは値落ちしにくいが、初代カイエンはモデルによって明暗が別れる

ポルシェは値落ちしない車種で有名だが、中古車相場を見れば、その人気ぶりがわかる。特に、現行モデルは流通台数が増えているにも関わらず、値落ち幅は非常に微々たるものだ。

ただし、初代カイエンの前期モデルは、価格が付きにくくなってきている。初代の中期モデルや、エントリーグレードの過走行気味モデルも同様だ。
そのため、初代カイエンの前期・中期モデルは、早めの売却がよいだろう。
反対に、カイエンターボ、GTS系は全般的に高値査定となっている。これだけ古くても価格が付くこと自体が異例だ。

2代目カイエンはポルシェの人気SUVということもあり、超高値維持

2代目カイエンは、全体的に高値維持といったところだ。
しかし、2代目であっても前期モデルだと、価格にばらつきが出始めている。具体的には、エントリーグレードで、過走行気味だと価格が安価になってきている。
こうした車両は、走行距離が増えれば増えるほど査定価格がマイナスになるため、なるべく早めの売却を考えたほうがよいだろう。

2代目カイエンの高年式は、ターボ、GTS系の人気が高く、より高値傾向になっている。
好まれるのは、走行距離が少ない車種だ。走行距離が少なければ少ないほど、プラス査定になる。
黒、白のボディカラーの人気が高く、こちらもプラス査定が見込める。
本革シートやサンルーフといったオプションが多く装備されているほど、高値査定が狙えるだろう。

カイエンを売却する際の注意点

カイエンは年式が古くなっても価格が付いているが、8年以上が経過した低年式車は、ディーラー下取りよりも買取店での査定がおススメだ。
ディーラー系中古車店では、年式の古いモデルを扱わないケースがほとんどだからだ。売れない車に値は付きづらい。
買取店なら中古車相場をしっかり査定額に反映することができるため、「思ったより値がついた」ということが起こりやすいのだ。

ガリバーの高額理由は車査定情報に掲載しています。

ガリバーが選ばれる4つの理由

  • 1 近くにお店がある安心感。

    ガリバーの店舗は全国に約500店舗。車査定のご相談で気軽に立ち寄れる拠点として、皆様のお住まいの近くに展開しております。
  • 2 クルマ業界最大規模の販売ルート

    ご売却いただいた愛車は全国のガリバーで再販されるほか、国内のオークション会場と、国内最大のネットワークで新しいオーナーのもとへ届けられます。
  • 3 実績に裏付けされた適正査定額。

    年間取引台数28万台※1累計取引台数333万台※2の実績で積み重ねたノウハウをご提供。もちろん、メーカーや車種を問わず適正な査定価格を算出できます。

    ※1:当社調べ2016年3月〜2017年2月の累計販売台数 累計買取台数の合計

    ※2:当社調べ2018年1月現在創業からの累計販売台数 累計買取台数の合計

  • 4 いいとこ探しのプラス査定。

    あなたの車の”いいとこ探し”で、どんどんプラス査定!車ごとの細やかな人気ポイントを熟知しているガリバーだから可能な査定手段です。

簡単4ステップであなたの愛車を査定します

STEP1

お問い合わせ

WEB・お電話のどちらからでもお気軽にご相談ください。

STEP2

概算価格をご連絡

お問い合わせ後、24時間以内にお電話にてご連絡いたします。

STEP3

査定額の算出

お車を実際にチェックし、正確に査定額を算出いたします。

STEP4

ご売却

査定金額にご納得いただきましたら、ご売却となります。

お住いの地域の買取査定相場をチェック ガリバーの都道府県別の買い取り相場の情報をお教えします。