スマートフォン専用サイトはこちら

スバル レガシィランカスター の車査定・車買取

レガシィランカスターの車査定・車買取

ワゴンとSUVの中間をとった新ジャンルの開拓車

リセールバリュー ★★★★

リセールバリューはガリバーの登録商標です。(登録商標 第4888249号)

ワゴンとSUVの中間をとった新ジャンルの開拓車

「レガシィツーリングワゴン」の派生車種として1995年に誕生した「レガシィグランドワゴン」を、マイナーチェンジに伴い改名して97年にデビュー。98年にフルモデルチェンジし、2代目が2003年まで発売されました。基本仕様はレガシィツーリングワゴンの2,500cc版とほぼ変わりませんが、専用サスペンションで全高を高くし装備などでSUV風のイメージとしているのが特徴です。水平対向4気筒の2,500ccエンジンにフルタイム4WDを組み合わせ、ミッションは5MTと4ATがありました。2000年には6気筒3,000ccエンジンの「ランカスター6」も追加されています。ワゴンやハッチバックをSUV風に装う「クロスオーバービークル」が世界的に流行しましたが、そのブームのきっかけを作ったクルマといわれています。

特に査定価格を期待できるのは・・・

"3,000ccよりは2,500ccが有利。古めのクルマゆえ、少走行で程度がよいことは一定条件。ボディカラーは、ホワイトが希少ですが人気。"

高額査定が買取実績No.1の証 あなたの愛車をカンタン査定してみませんか?

今すぐ査定!売り時のクルマ ランキング トップへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加