安全な車ランキング2017 ミニバン編

自動車ニュース / ガリバー

2017.6.29

安全な車ランキング2017 ミニバン編

安全な車ランキング2017 ミニバン

ミニバンの安全性

 大きく重いミニバンのようなクルマほど、歩行者との接触は大きな事故につながる。それだけに、このクラスは歩行者検知式の自動ブレーキは必須アイテムと言える。人気の高い5ナンバーミニバンで、初めて歩行者検知式自動ブレーキを装備したのは、日産セレナ。すでに、先代モデルから用意されていた。こうした高い安全装備もあり、モデル末期でもセレナはよく売れた。
その後、ホンダ ステップワゴンがフルモデルチェンジ。デビュー直後のステップワゴンには、このクラスではトップレベルの安全性能をもつ「ホンダセンシング」を用意していたものの、全車にオプションという腰が引けた設定だった。しかし、販売台数が不調であることや、ライバルのセレナが歩行者検知式自動ブレーキである「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」が標準装備化されていることを受け、ステップワゴンは1グレードを除きホンダセンシングを標準装備化した。
遅れているのは、トヨタのノア/ヴォクシー/エスクァイア。この3台に用意されているのは、歩行者検知ができない自動ブレーキである「トヨタセーフティセンスC」。それも、一部車種はオプション設定という状況になっている。

BEST 1

ホンダステップワゴン

ホンダ ステップワゴン

ステップワゴンに搭載される「ホンダセンシング」は、歩行者検知式自動ブレーキや路外逸脱抑制機能、誤発進抑制機能などを含む先進予防安全装備の総称だ。まず、評価したいのは、ホンダセンシングが最廉価グレードを除き全車に標準装備化されていることだ。そのため、最廉価以外は、どのグレードを買っても高いレベルの安全性能が手に入る。また、サイドエアバッグやカーテンエアバッグも最廉価グレードを除き標準装備化されているので、乗員の安全を守る機能も充実している。
ミニバンのステップワゴンは、大切な家族や仲間を多く乗せて走るクルマだ。こうした装備の充実で、ステップワゴンは安心して運転できるクルマといえる。ただ、後側方の車両を検知し警報を発する機能は無い。

BEST 2

日産セレナ

日産 セレナ

セレナは、先代から歩行者検知式の自動ブレーキを用意していた。今回も同様に「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」を全車に標準装備化した。より安全なクルマが増えれば増えるほど、交通事故は減ることになるので、標準装備化は社会貢献になる。
ただし、セレナの場合、その他の安全装備がほぼオプション扱いになる。車線逸脱防止支援システムは、オプション設定で装備できないグレードも多い。また、アクセルとブレーキの踏み間違い衝突防止アシストサイドエアバッグやカーテンエアバッグも一部車種にオプションとなっている。より充実した安全装備の標準装備化に期待したい。ただ、セレナ独自の装備として、インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)がある。駐車時などでのうっかり接触事故などに効果を発揮する。

BEST 3

トヨタノア/ヴォクシー/エスクァイア

トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア
 

トヨタ ヴォクシー系のミニバンには、歩行者検知式の自動ブレーキが用意されていない。対車両のみ対応の自動ブレーキである「トヨタセーフティセンスC」が用意されている。本来ならば、ミニバンのように大きな車こし衝突は大きな事故になる可能性が高いので、歩行者検知式の自動ブレーキが必要だ。また、せめて乗員を守る装備の充実を願いたいところだが、サイドエアバッグやカーテンエアバッグは全車オプションで、安全装備が充実しているとは言い難い仕様になっている。

安全なミニバンの選び方と注意点

ホンダセンシングを得たステップワゴンは、最廉価グレード以外はどのグレードを買っても安心。全体的に高い水準の安全装備が標準装備化されていて、安心して乗れるミニバンに仕上がっている。

サイドエアバック対してセレナは、歩行者検知式自動ブレーキであるインテリジェント エマージェンシーブレーキこそ標準装備化されているものの、その他の安全装備はオプションの中から自ら選ばなくてはならない。オプションをケチると、ステップワゴンよりも安全性能は大幅に下回る。

そして、ヴォクシー系は、最新ミニバンとしての予防安全性能は水準以下となってしまっている。トヨタセーフティセンスCでは、ステップワゴンとセレナには太刀打ちできない状況だ。
こうした状況だが、実際の販売状況ではヴォクシー系が1位、2位がセレナ、3位がステップワゴンとなっていて、必ずしも安全なクルマが売れるという訳ではない。

安全装備比較表

全車標準装備

一部標準装備または一部オプション

× 標準装備なし

  ホンダステップワゴン 日産セレナ トヨタノア/ヴォクシー/エスクァイア
対車両自動ブレーキ

1グレードを除く

歩行者検知式自動ブレーキ

1グレードを除く

×

ブレーキ踏み間違い衝突防止アシスト

前方のみ(1グレードを除く)

オプション、一部設定なし

前方のみ
サイドエアバッグ

1グレードを除く

オプション、一部設定なし

全車オプション
カーテンエアバッグ

1グレードを除く

オプション、一部設定なし

全車オプション
車線逸脱警報

1グレードを除く

オプション、一部設定なし

車線維持支援

1グレードを除く

オプション、一部設定なし

×

後側方車両検知警報

×

×

×

後退時後方車両接近警報

×

×

オートマチックハイビーム

×

×

  • ※安全装備の詳細は各車メーカー公式サイトをご確認ください。

その他のボディタイプ別 安全なクルマランキング

  • 軽自動車
  • コンパクトカー
  • SUV
  • セダン
クルマ評論家 CORISM代表 大岡 智彦 氏

クルマ評論家 CORISM代表
大岡 智彦 氏

CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員

関連記事

安全なクルマランキング 2017
~ミニバン編~

ミニバンの安全性

大きく重いミニバンのようなクルマほど、歩行者との接触は大きな事故につながる。それだけに、このクラスは歩行者検知式の自動ブレーキは必須アイテムと言える。人気の高い5ナンバーミニバンで、初めて歩行者検知式自動ブレーキを装備したのは、日産セレナ。すでに、先代モデルから用意されていた。こうした高い安全装備もあり、モデル末期でもセレナはよく売れた。
その後、ホンダ ステップワゴンがフルモデルチェンジ。デビュー直後のステップワゴンには、このクラスではトップレベルの安全性能をもつ「ホンダセンシング」を用意していたものの、全車にオプションという腰が引けた設定だった。しかし、販売台数が不調であることや、ライバルのセレナが歩行者検知式自動ブレーキである「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」が標準装備化されていることを受け、ステップワゴンは1グレードを除きホンダセンシングを標準装備化した。
遅れているのは、トヨタのノア/ヴォクシー/エスクァイア。この3台に用意されているのは、歩行者検知ができない自動ブレーキである「トヨタセーフティセンスC」。それも、一部車種はオプション設定という状況になっている。

BEST 1

ホンダステップワゴン

ホンダ ステップワゴン

ステップワゴンに搭載される「ホンダセンシング」は、歩行者検知式自動ブレーキや路外逸脱抑制機能、誤発進抑制機能などを含む先進予防安全装備の総称だ。まず、評価したいのは、ホンダセンシングが最廉価グレードを除き全車に標準装備化されていることだ。そのため、最廉価以外は、どのグレードを買っても高いレベルの安全性能が手に入る。また、サイドエアバッグやカーテンエアバッグも最廉価グレードを除き標準装備化されているので、乗員の安全を守る機能も充実している。
ミニバンのステップワゴンは、大切な家族や仲間を多く乗せて走るクルマだ。こうした装備の充実で、ステップワゴンは安心して運転できるクルマといえる。ただ、後側方の車両を検知し警報を発する機能は無い。

BEST 1

日産セレナ

日産 セレナ

セレナは、先代から歩行者検知式の自動ブレーキを用意していた。今回も同様に「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」を全車に標準装備化した。より安全なクルマが増えれば増えるほど、交通事故は減ることになるので、標準装備化は社会貢献になる。
ただし、セレナの場合、その他の安全装備がほぼオプション扱いになる。車線逸脱防止支援システムは、オプション設定で装備できないグレードも多い。また、アクセルとブレーキの踏み間違い衝突防止アシストサイドエアバッグやカーテンエアバッグも一部車種にオプションとなっている。より充実した安全装備の標準装備化に期待したい。ただ、セレナ独自の装備として、インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)がある。駐車時などでのうっかり接触事故などに効果を発揮する。

BEST 3

トヨタノア/ヴォクシー/
エスクァイア

トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア

トヨタ ヴォクシー系のミニバンには、歩行者検知式の自動ブレーキが用意されていない。対車両のみ対応の自動ブレーキである「トヨタセーフティセンスC」が用意されている。本来ならば、ミニバンのように大きな車こし衝突は大きな事故になる可能性が高いので、歩行者検知式の自動ブレーキが必要だ。また、せめて乗員を守る装備の充実を願いたいところだが、サイドエアバッグやカーテンエアバッグは全車オプションで、安全装備が充実しているとは言い難い仕様になっている。

安全な5ナンバーミニバンの選び方と注意点

ホンダセンシングを得たステップワゴンは、最廉価グレード以外はどのグレードを買っても安心。全体的に高い水準の安全装備が標準装備化されていて、安心して乗れるミニバンに仕上がっている。

歩行者検知式の自動ブレーキ対してセレナは、歩行者検知式自動ブレーキであるインテリジェント エマージェンシーブレーキこそ標準装備化されているものの、その他の安全装備はオプションの中から自ら選ばなくてはならない。オプションをケチると、ステップワゴンよりも安全性能は大幅に下回る。
そして、ヴォクシー系は、最新ミニバンとしての予防安全性能は水準以下となってしまっている。トヨタセーフティセンスCでは、ステップワゴンとセレナには太刀打ちできない状況だ。
こうした状況だが、実際の販売状況ではヴォクシー系が1位、2位がセレナ、3位がステップワゴンとなっていて、必ずしも安全なクルマが売れるという訳ではない。

安全装備比較表

全車標準装備

一部標準装備または一部オプション

× 標準装備なし

ホンダステップワゴン 日産セレナ トヨタノア/ヴォクシー/
エスクァイア
対車両自動ブレーキ

1グレードを除く

歩行者検知式自動ブレーキ

1グレードを除く

×

ブレーキ踏み間違い衝突防止アシスト

前方のみ
(1グレードを除く)

オプション、
一部設定なし

前方のみ
サイドエアバッグ

1グレードを除く

オプション、
一部設定なし

全車オプション
カーテンエアバッグ

1グレードを除く

オプション、
一部設定なし

全車オプション
車線逸脱警報

1グレードを除く

オプション、
一部設定なし

車線維持支援

1グレードを除く

オプション、
一部設定なし

×

後側方車両検知警報

×

×

×

後退時後方車両接近警報

×

×

オートマチックハイビーム

×

×

  • ※安全装備の詳細は各車メーカー公式サイトをご確認ください。
クルマ評論家 CORISM代表 大岡 智彦 氏
クルマ評論家 CORISM代表
大岡 智彦 氏

CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。
日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員

関連記事