【2023年版】軽自動車おすすめ人気ランキング10選!外観・燃費・性能を比較

 

軽自動車おすすめランキング10選

軽自動車は小回りが利き、維持費も安く人気なボディタイプです。一方、安全装備面や走行性能に不安を思う人もいるでしょう。今回は軽自動車を各性能面を比較して選んだおすすめ車種をランキング形式で紹介します。

軽自動車おすすめ人気ランキング

2022年の新車販売実績や安全性能、走行性などを踏まえたおすすめランキングは以下の通りです。

順位 車種名 新車時価格 中古車相場

1位

日産「サクラ」

233.3万円~294万円

243.8万円~314万円

2位

三菱「eKクロスEV」

239.8万円~293.3万円

247万円~313.3万円

3位

日産「ルークス」

141.6万円~216.4万円

5万円~265万円

4位

スズキ「ハスラー」

128万円~183.4万円

32万円~202.4万円

5位

ホンダ「N-WGN」

127.4万円~170.3万円

12.8万円~174.8万円

6位

ダイハツ「ムーヴキャンバス」

149.6万円~192万円

53.8万円~212万円

7位

ホンダ「N-BOX」

131.5万円~206.8万円

9.9万円~213.9万円

8位

ダイハツ「タント」

122万円~202.4万円

5万円~222.4万円

9位

スズキ「ワゴンRスマイル」

129.7万円~171.6万円

104.8万円~191.6万円

10位

ダイハツ「タフト」

135.3万円~180.4万円

99.9万円~200万円

※各車種の情報はガリバーの「自動車カタログ」より引用しています。価格、サイズ、装備、相場は記事の加筆修正時の情報で、今後モデルチェンジなどの理由で変更される可能性があります。

軽自動車の種類と車種例

一口に軽自動車といっても、最近は様々な種類があります。

種類 特徴 車種例
スーパーハイトワゴン

・車高1.700㎜以上
・ベビーカーや自転車が乗るほどの広さ
・スライドドア搭載
・比較的車両価格が高め

・N-BOX
・ルークス
・タント

ハイトワゴン

・車高1,600㎜~1,700㎜程度
・広さと走行性のバランスが良い
・スライドドア搭載のクルマもある

・N-WGN
・ムーヴキャンバス

軽SUV

・走行性が高い
・オシャレな外観のクルマが多い

・ハスラー
・タフト

軽セダン

・車高は低め
・可愛らしい外観のものが多い
・低価格な車両が多い

・ラパン
・トコット

軽EV

・電気走行なのでガソリン不要
・一充電短距離が150㎞程度はあるので、短距離~中距離走行中心の人と相性が良い

・サクラ
・eKクロスEV

この中でも近年人気なのが、今回のランキングでも多数を占めているスーパーハイトワゴンです。利便性の高さではNo.1の選択肢でしょう。ただし他の軽自動車より車両価格が高く、特にカスタムモデルを選ぶと200万円前後することもあります。

軽自動車選びでは、利便性とともに外観や走行性、安全性、価格なども比較しましょう。

軽自動車のおすすめポイントと選び方

軽自動車は維持費を抑えたい、運転の足として使いたい人におすすめです。以下のように用途によっても様々な種類が選べます。

  • 小さい子供がいて、ちょっとした移動が多い→スライドドア付きの軽自動車
  • 休日で大きな買い物やアウトドアをする→スーパーハイト系軽自動車
  • 地域的に悪路を走行することが多い→4wd設定のある軽SUV

近年の軽自動車は安全装備の充実もあり、「利用年数が10年を超えてもOK」、「新車以外に中古車での購入も十分視野に入る」という認識が広まっています。その分、車両価格が高くなっているので用途を見定めて軽自動車を選ぶようにしましょう。

例えば、軽で人気のスーパーハイト系は車高が高い分、安定性や燃費が悪い傾向があります。高速道路での長距離移動が多く発生する場合はコンパクトカーといった他のボディタイプを検討することもおすすめです。

1位 日産「サクラ」

日産サクラ

  • 新車時価格:233.3万円~294万円
  • 中古車相場:243.8万円~314万円
【おすすめの理由】
軽自動車とは思えない、走行性能と静粛性。

2022年に満を持して発売された軽EVのサクラ。電気自動車は航続距離が課題になりやすいですが、サクラや後述の三菱「eKクロスEV」の一充電航続距離は約180㎞。短距離~中距離なら問題ありません。安全性能も標識検知など最新の装備を盛り込んでおり、運転支援機能も充実しています。

性能は同時発売のeKクロスEVと変わりませんが、サクラの方が電気自動車としての個性を押し出したデザインで、リセールバリューも高いので1位です。

2位のekクロスEVも軽自動車とは思えない加速性や操縦性があります。「用途的に軽自動車は欲しいけど、高速道路での走行性能が懸念」という人は是非、以下の試乗記も読んでみてください。

<関連記事>実は加速力もある!希少な軽EV日産「サクラ」試乗記

2位 三菱「eKクロスEV」

ekクロスEV

  • 新車時価格:239.8万円~293.3万円
  • 中古車相場:247万円~313.3万円

日産のサクラとともにデビューしたeKクロスEV。顔つきはeKクロスカスタムとほとんど変わらず、SUVライクな仕上がりです。「外観に新しさがない」という意見もありますが、サクラより逞しさがあり、またボディカラー次第では柔らかな雰囲気になります。

リセールバリューやデザイン性の違いからサクラと差をつけて2位ですが、どちらを選んでもその性能に充分満足できるでしょう。

<関連記事>性能が同じならサクラとの違いは?三菱「eKクロスEV」試乗記

3位 日産「ルークス」

ルークス

  • 新車時価格:141.6万円~216.4万円
  • 中古車相場:5万円~265万円
【おすすめポイント】
スーパーハイト系なのに走行性能が良い。 人気モデルは質感の高いハイフェイスター

スーパーハイトで特におすすめなのがルークス。先進安全装備や質感、走行性、操縦安定性など総合力の高さは軽自動車トップクラスです。

安全装備では、自動追従走行するプロパイロットや事故時のSOSコールなど、高級車に装備されるような機能を積極的に搭載しています。またハンズフリー電動スライドドアや撥水防水加工のシートも選択できるので、子育て世代にも安心です。

<関連記事>どっちがいい?日産「ルークス」VSダイハツ「タント」徹底比較

4位 スズキ「ハスラー」

ハスラー

  • 新車時価格:128万円~183.4万円
  • 中古車相場:32万円~202.4万円
【おすすめポイント】
マイルドハイブリッド搭載で燃費が良い。街乗りにも適した乗り心地。

デビュー時から「カッコ可愛い軽SUV」として絶大な人気を誇るハスラー。外装だけでなく内装も遊び心が詰まったデザインで、「乗る楽しみ」を味わえるクルマです。

ハスラーは見た目だけでなく、実用性も兼ね備えているのが魅力。スズキが得意とするマイルドハイブリッドを搭載し、最高燃費は25.0㎞/L(WLTCモード)と低燃費です。走りにもパワーがあり、ちょっとした凹凸のある道も難なく走ります。

2019年まで販売されていた初代のデザインも人気なので、購入を検討している場合は中古車もチェックしてみてください。

<関連記事>軽SUV対決!スズキ「ハスラー」VSダイハツ「タフト」徹底比較

5位 ホンダ「N-WGN」

N-WGN

  • 新車時価格:127.4万円~170.3万円
  • 中古車相場:12.8万円~174.8万円

N-WGNは軽自動車の中で安全性能がトップクラスのクルマです。元々ホンダの予防安全装備「ホンダセンシング」を全モデルで標準装備していましたが、2022年9月のマイナーチェンジで軽自動車初の急アクセル抑制機能をオプションで設定できるように。この他にも自動追従機能なども付いています。

N-WGNは使い勝手も良く、比較的低価格で手に入るところも魅力。コストパフォーマンスに優れた一台です。

6位以降も売れ行き好調の人気車種が並ぶ

惜しくもトップ5にランクインしなかった6位以降のクルマも、実力派ばかりです。

6位 ダイハツ「ムーヴキャンバス」

ムーヴキャンバス

【おすすめポイント】
男性も選びやすい色味が追加。 走行性能、乗り心地が大幅に改善。

6位にランクインしたのは、2022年夏にモデルチェンジしたダイハツ「ムーヴキャンバス」。全車で電動スライドドアを搭載しており、かわいさと実用性を兼ね備えたクルマが欲しい人に一押しのクルマです。

現在は未使用車も多く出回っているので、中古車もぜひチェックしてみてください。

<関連記事>何が変わった?ダイハツ「ムーヴキャンバス」新旧モデル比較

7位 ホンダ「N-BOX」

N-BOX

実力は充分な一台ですが、実はモデル末期のN-BOX。N-WGNやN-ONEよりわずかに安全性能が劣っています。それでも人気は圧倒的で、軽自動車の販売台数でも長らく1位に輝いています。

2023年にはモデルチェンジが予想されるので、新型車にも期待がかかります。

<関連記事>どっちがいい?ホンダ「N-BOX」VSスズキ「ワゴンRスマイル」徹底比較

8位 ダイハツ「タント」

タント

2022年にビッグマイナーチェンジをしたタント。助手席後方のBピラーを取り除いたミラクルオープンドアや、ワンタッチで手軽にアレンジできるシートなど、利便性の高さに磨きがかかっています。

SUV風のクルマが欲しい人は、新規投入のファンクロスを選んでも良いでしょう。

<関連記事>カスタムモデルも人気!ダイハツのおすすめ中古車5選

9位 スズキ「ワゴンRスマイル」

ワゴンRスマイル

丸くて大きなヘッドライトなど、アクティブで愛らしい印象を与えるワゴンRスマイルが9位。スーパーハイトワゴンほどの高さがない分、走行時の安定性は高いです。マイルドハイブリッド搭載で燃費も良いので、コストパフォーマンス重視の人におすすめです。

<関連記事>似ているようで違う!「ワゴンR」と「ワゴンRスマイル」の違い

10位 ダイハツ「タフト」

タフト

ハスラーのライバルとして投入されたタフト。ハスラーよりもSUVらしい逞しさを前面に押し出し、ぱっと見は普通自動車のような存在感があります。新しいクルマなので安全性能も高いです。また全車標準装備の「スカイフィールトップ」解放感を味わえます。

<関連記事>解放感を画像で確認!ダイハツ「タフト」購入ガイド

中古車なら人気車種も「ちょっとお得に」

元々は安さが大きなメリットだった軽自動車。しかし最近はハイト・スーパーハイトワゴンを中心に、購入価格が200万円を超えてしまうこともしばしば。「軽自動車でこんなに高いの?」と気になった場合は、ぜひ中古車もチェックしてみてください。

ガリバーではメーカー横断でお客様のクルマ選びをお手伝いします。「スーパーハイトとハイトワゴンならどっちがいい?」「コスパの良い軽自動車ってどれ?」など、お気軽にご相談ください。

ルークスのカタログ情報

日産,ルークス
現行モデル
令和2年3月(2020年3月)〜現在
新車時価格
141.6万円〜216.4万円

ルークスの在庫が現在61件あります

もっと在庫を見る

ルークスとライバル車を比較する

その他のクルマと比較する

ライター紹介

car-topics

221616 編集部

世の中の自動車ニュースとは一味違う視点でスローニュースを発信。編集部員はクルマ初心者からクルマをこよなく愛するマニアまで幅広いメンバーで構成。全国のガリバーで売れている中古車や車のスタッフレポートなど、生の情報をお届け中。