お得で賢い車の買い方

close
購入までの流れと押さえておきたいポイント
お得で賢いクルマの買い方まとめ!

購入までの流れと押さえておきたいポイント

「クルマがほしいと思っているが、買い方がわからない」「間違った買い物をしたくないので、正しい買い方を知りたい」「どうせならお得な買い方を教えてほしい」。クルマ好きの人なら、好きなメーカーや車種で選んで、迷わず買えるでしょう。しかし実用性や経済性もきちんと考えたいという人の場合、合理性にも目を向けたいのではないでしょうか。そこで今回は、お得に賢いクルマの買い方をご紹介します。

POINT 1 用途と条件を明確にする

画像:用途と条件を明確にする

クルマを賢く、しかもお得に買うために重要なのが、最初にクルマの用途をはっきりさせることです。何のためにクルマを買うのか。どのくらいの頻度で乗るつもりなのか。何人乗るのか。どのくらいのサイズの荷物を載せるのか。

この「用途」を基準に進めていくのが、お得な買い方のポイントなのです。

クルマが好きな人なら、色やスタイル、メーカーや車種から選ぶのが良いでしょう。自分が楽しむためにお金を払っているので、一番楽しめるものを買うのが「正しい買い方」です。しかし「クルマがある便利な生活が大事」「ムダなお金を使いたくない」という人の場合は、一番便利だと思えるものを買う、そのために必要なお金だけを払うというのが最も賢くお得な買い方です。

例:子育て中のママが選ぶクルマの条件

画像:片手でドアを開閉できる 画像:両側スライドドア(※車種びより異なる) 画像:ベビーカーをたたまずに積載

この段階では、「あったらいいな」という条件も考えてみましょう。長く乗るクルマなので、まずは要望を洗い出すことが大事です。子育て中のママなら、色やオプション、安全装備などがこれに当たります。「とにかく安くしたい」という人は、それを第一条件に入れておきましょう。

クルマの用途と条件をどうやって決めていけば良いのか、さらに詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

POINT 2 新車か中古車かを決める

画像:予算との相談

用途が決まり条件が決まると、予算との相談になってきます。条件を満たすクルマを買っても余りある予算があれば、このステップは飛ばして構いません。しかし「予算が厳しい」「できるものなら節約したい」という方は、ここがお得で賢い買い方のポイントです。

画像:迷わず中古車にしましょう

まず、できるだけ安く抑えたいという人は、迷わず中古車にしましょう

新車は、いわば新車であるという「プレミア代金」がついている状態です。車両登録だけは済ませた「未使用車」や「新古車」だと、それだけで価格がリーズナブルになります。新古車について詳しくはこちらもごらんください。

未使用車並んでる

「安さにもこだわりたいが、他の条件とのバランスも見たい」という人は、新車と中古車で見積もりを出してもらい、価格を比較してみましょう。この段階では、車種は仮で構いません。近くにあるディーラーで条件を伝え、条件を満たす新車の見積もりを貰います。次に、同じ車種、同じ条件を伝えて、近くの中古車屋さんで見積もりをもらいましょう。

各ボディタイプの、新車と中古車の平均的な価格はこちらでもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

よくある質問

新車だと燃費が良くなっているけど、中古車と比較する時はどう考えたらいいの?

最近のクルマは、燃費性能が大きく向上しています。ただし車両代に比べると、燃費向上による節約はそれほど大きくありません

例えばワゴンRの1か月あたりのガソリン代は3700円程度であり、燃費がさらに向上しガソリン代が安くなっても、新古車や中古車で車両代を節約するほどの効果はありません

※年間走行距離10,000km、レギュラー¥133、プレミアム¥144とする。表数値はJC08モードで走行した場合の値。

POINT 3 車種を絞り込む

新車か中古車かを決めたら、購入する車種を絞り込みましょう。先に「新車か中古車か」を決めること、そして車種は「絞り込むだけ」で「最終決定しない」のが、お得で賢い買い方のポイントです。

というのも、新車か中古車かを決めると、車両にかかる大まかな値段が決まります。中古車にすると決めて予算に余裕があった場合には、クルマに求める条件を付け足すことができるからです。中古車にした分、少し格が上のクルマを買う。少し可愛いデザインのクルマを買う。安全装備が充実したクルマにする。そういった調整をするのが、このタイミングです。

車種を最終決定しないのは、車種を決めてしまうことでお得なクルマを見落としてしまう可能性が高いからです。多くのメーカー、車種がある中で、その全てを網羅して知っている人は多くはありません。実際は気付いていないだけで、あなたの条件を満たす、もっとお得なクルマがある可能性は高いのです。だからこそ、「こんなクルマが欲しい。例えば○○」と言えるくらいになれば充分です。

どうやってクルマを選んだらいいかわからない。そんな人にはクルマの選び方をご紹介していますので、こちらも併せてチェックしてみてください。

POINT 4 買うお店を決める

画像:買うお店を決める

車種の候補が決まったら、次はお店を選んで相談しましょう。「車種も決まっていないのに相談なんて」と思うかもしれません。しかし数あるクルマの中から自分一人で選ぶのには限界があります。もっとお得なクルマがあるのに、見落としてしまっては損です。

「じゃあ近場にあるあのお店に」という前に、少し待ってください。そもそも、お店にはどんな種類があるのでしょうか。お店の種類をきちんと理解し、適切なお店を選ぶのもお得な買い方のポイントです。

  1. ディーラー
  2. 中古車販売専門店
  3. 中古車の買取/販売店
  4. 修理工場や板金工場

ディーラーは新車を買う場合の主なチャネルであり、トヨタ、ホンダ、日産などメーカーごとに扱っているお店の他、輸入車などの場合にはいくつかのメーカーのクルマを扱っているお店もあります。また下取りをしたクルマを中古車として販売もしています。ディーラーは保証やアフターサービスが手厚い一方で、価格は高いことが多いです。

中古車を購入する場合には、中古車の販売専門店や、中古車の販売と買取の両方を行っているお店といった選択肢もあります。中古車を扱うお店の場合、メーカー横断で取り扱っていることが多いため、「どのメーカーのクルマが良いのか」という相談ができるのもポイントです。

中古車を買うなら、お店の在庫数も非常に重要になってきます。また今までどのように使われてきたかわからないからこそ、査定や点検が充実したお店が安心です。さらに詳しいお店選びのポイントについてこちらで詳しくご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

最後に お得に買うポイントもあわせてチェック!

ここまで、クルマの買い方として大きく4つのステップをご紹介してきました。実は、この4ステップには入らないのだけれど、上手く使うとクルマをお得に買えるポイントやテクニックも存在しています。

例えばクルマを購入するタイミング。1年の間でも「買い時」の時期がありますし、そのクルマやライバルのモデルチェンジに影響を受けて値引きしてもらいやすいタイミングもあります。手放すときに高く売れるクルマを選ぶといったポイントも重要です。

他にも、価格交渉の方法、リセールバリューの活用などお得に買うポイントはたくさんあります。こちらのページで、お得に買うためのポイントやテクニックをご紹介しています。ぜひ、チェックしてみてください。