クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識

norico

SEARCH

ディーゼル車(クリーンディーゼル)とはどんな車?メリット・デメリットと、ガソリン車との違いまとめ

ディーゼル車(クリーンディーゼル)は、いったいどのような車なのでしょうか?ここでは、ディーゼル車とガソリン車の違いやメリット・デメリットについて詳しくご説明します。

f:id:noricoEditor01:20181102194429j:plain

ディーゼル車ってどんな車?

ディーゼル車は1893年にルドルフ・クリスチアン・カール・ディーゼル氏によって発明されたもので、軽油を燃料とする内燃機関(エンジン)を搭載されて車のことです。

  ディーゼルエンジン ガソリンエンジン
燃料 軽油 ガソリン
燃費性能
環境性能
〇(クリーンディーゼルの場合)
走行性能 初速から強いパワーを発揮 高速走行時の加速が安定
静粛性※ 高い 高い
車体価格 高い 安い

※年式・車種による

軽油とガソリンはいずれも石油を熱したときに発生する蒸気から精製されますが、分離される温度が違います。ガソリンは30度から230度の間、軽油は140度から380度に熱したときの蒸気から精製されます。

つまり、ガソリンは常温常圧でも燃えやすく、軽油は高温高圧の環境で燃焼するということです。

一般的にガソリンエンジンよりもディーゼルエンジンの方が燃費性能に優れていますが、エンジンが動作中の騒音や振動はガソリンエンジンの方が小さい傾向にあります。

このような性質がエンジンの違いにも関係しています。ガソリンエンジンは点火プラグで着火しますが、ディーゼルエンジンは空気を圧縮して高温にし、軽油を噴射して自然に着火させます。

また、ディーゼルエンジンはパワフルさが持ち味です。トルク(タイヤを回す力のこと)が大きいとも言います。軽油はカロリーが高く、圧縮比が高いので熱効率が良いため、重くて大きいものでも動かすパワーを持ちます。

一方で、もともと高回転は得意ではないためたくさんエンジンを回転させて加速するのは苦手(ガソリンエンジンの場合は、高回転をさせるのが得意です)。

そこで、現在使用されているディーゼルエンジンの多くにはターボチャージャーが組み合わせられており、ディーゼルエンジンの力強さに加速力がプラスされています。

海外ではディーゼル車の販売禁止?!

現在では欧州各国の政府をはじめ、排ガスをゼロにする運動「ゼロエミッション」が盛んです。

海外では一時期、新車販売数の50パーセントをディーゼル車が占めていた時期があったものの、今ではディーゼル車の新車販売数は減少傾向にあります。販売台数の減少は政策によるところが大きいということです。

クリーンディーゼルの開発で環境面の課題を克服

日本では一時期(2000年前後)、ディーゼルエンジンの排ガスが問題視されました。以前のディーゼルエンジンは粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOx)を排出していたため、大気汚染の問題があったからです。

しかし現在では技術開発によりクリーンディーゼルが開発され、ガソリン車よりも2割ほど二酸化炭素の排出量を抑えることに成功しています。

クリーンディーゼルでは、燃料の噴射タイミングや燃焼ペースを調整することで静かに効率よく燃料を使います。粒子状物質を集める濾過フィルター、NOxの浄化装置がついているので空気の汚れを抑制することができます。

国内のメーカーでは、マツダのSKYACTIV-Dというエンジン技術が有名です。CX-3、デミオやアクセラなどの車種に搭載されています。一方で、トヨタ、日産、三菱のほかメルセデスベンツやBMWなどの海外勢もクリーンディーゼルを搭載した車種を販売しています。

クリーンディーゼル搭載車については、エコカーとして減税措置がありますので経済面でもうれしいですね。

ディーゼル車の経済面・性能面でのメリットはまだまだ健在

ディーゼルエンジンはその良さを残しつつ、環境面での課題を克服して復活したと言えそうです。

今後、海外でのシェアが大きい国産メーカーが電気自動車の開発に注力し、電気自動車の台数が増えるということはあり得ますが、現段階ではディーゼル車の経済面・性能面でのメリットはまだまだ健在です。ディーゼル車は今後とも注目される存在となるでしょう。

ディーゼル車の4つのメリットについて

それでは、ガソリン車と比較した際の、ディーゼル車のメリットについてご紹介しましょう。

メリット1. 燃料代が安い

ガソリンと軽油の価格に違いが発生している理由は、軽油引取税がガソリン税よりも約20円安いから。この税金の違いにより、軽油の価格が安くなっています。

メリット2. ガソリン車よりも燃費が良い

そもそもの燃料代が安いことに加え、ディーゼル車は燃費が良いため、燃料の使用量が少なく済みます。一例として、マツダのCX-3ではLあたりの走行距離がディーゼル車(XD)は20.0km、ガソリン車だと16.0kmです(WLTCモード燃費による)。Lあたり4kmも違うのですから、仮に1ヶ月に50L消費すると仮定すると、ディーゼル車のほうが100km長く走れることになります。

比較対象車種:マツダ CX-3 20.0
【20.2】
16.0
【16.0】
WLTCモード燃費 (km/L) 軽油 ガソリン
WLTCモード燃費 市街地モード(WLTC-L) (km/L) 16.8
【16.3】
12.6
【12.4】
WLTCモード燃費 郊外モード(WLTC-M) (km/L) 20.0
【20.2】
16.7
【16.7】
WLTCモード燃費 高速道路モード(WLTC-H) (km/L) 22.2
【22.9】
18.0
【18.2】

軽油とガソリンのLあたりの差額が(147円-124円)23円としましょう。

先ほど例に挙げたマツダのCX-3で、1ヶ月に1,000km走る場合の燃料代は、

  • ディーゼル車:50L×124円=6,200円
  • ガソリン車:62.5L×147円=9,188円

 

差額は2,988円、年間にして35,856円にも上ります。

メリット3. 加速と坂道発進がスムーズで運転しやすい

バスやトラックの多くがディーゼル車なのは、加速や坂道発進がガソリン車より優れているからです。高速道路での加速、合流では心強いですし、パワーがあるため長い距離を安定して走りたいときに向いています。坂道が多い地形を走る場合も安心です。

メリット4. 静粛性が高く疲れにくい

ディーゼル車はその構造から、音や振動が大きいと言われてきましたが、現在のディーゼル車では静粛性がアップし、振動も少なくなりました。

スムーズな走行性能に加え、振動が少ないため、体が疲れにくく、運転が快適です。特に、長距離を走るときは運転疲れが少ないことが実感できるでしょう。

運転疲れを抑えることは、ドライブを楽しむことはもちろん、事故防止にもつながります。

ディーゼル車の2つのデメリット

良いこと尽くめのように見えるディーゼル車ですが、いくつかのデメリットも存在します。

デメリット1. 新車なら購入額が高い

ディーゼル車の製造コストは高く、車両本体の価格もガソリン車に比較すると高めです。とは言え、燃料費の差額もありますし、新車購入時のオプションを調整すれば、一概に高すぎるとは言えません。

エコカー減税の対象車種であれば、自動車取得税だけではなく重量税も一定期間、全額免除されます。ぜひ、トータルコストで比較してみることをおすすめします。

「エコカー減税ってどれくらいお得なの?」新車・中古車への免税・減税措置」の記事はこちら

デメリット2. メンテナンス費はガソリン車に比べ若干高価な場合もある

ディーゼル車には、NOxを浄化するための尿素SCRシステムが搭載されています。この尿素SCRシステムにはアドブルー(高品位尿素水)の補充が必須なので、そちらを定期的に購入する必要があります。

また、チョイ乗りを繰り返していると燃焼時に発生する「スス」が溜まるため、ディーラーに持ち込む頻度がガソリン車に比べ多くなります。そのため、メンテナンス費用が若干高価になりがちです。ただし、燃料費など、全体の維持費はディーゼル車のほうが抑えられる傾向にあります。

寒冷地に向かうときは給油のタイミング・量に注意

軽油は、低温では燃焼しにくい特徴があります。そのため、寒冷地では凍りやすく目詰まりを起こしやすいです。運転中は暖まっているので凍ることはないですが、冬場の寒冷地で長時間駐車した後は要注意です。

寒冷地で販売されている軽油(3号軽油)は凍りにくくするための添加剤がブレンドされています。普段都市部など暖かい場所で運転している方がスキー場などの寒冷地に行く場合は、到着時にタンクが半分くらいになるように計画し、寒冷地で給油するようにしましょう。

ディーゼル車にガソリンを入れることはできない?

ディーゼル車にガソリンを入れてはいけません。エンジンの点火の仕組みが違いますので、エンジンの故障に繋がります。最悪、エンジンが損傷して莫大な修理費用が必要になります。

万が一間違って給油してしまったら、タンクの洗浄が必要になります。絶対にエンジンをかけてはいけません。ガソリンスタンドで燃料を抜いてもらいましょう。

また、日頃から自分で表示をしっかりと確認し、店員さんにも伝えるようにしてください。エンジンをかける前にレシートを見て「軽油〜リットル」と確認する癖をつけるといいですよ。誤給油防止グッズも売っていますので、必要に応じて活用しましょう。

国産・外車別に人気のディーゼル車を紹介!

ここからは、norico編集部がおすすめする人気ディーゼル車を、国産車・外車別にご紹介いたします。

国産車(ディーゼル車)5選!

マツダ/デミオ

f:id:noricoEditor01:20181102204035j:plain

操作性の高さと、デザイン性が魅力。他社メーカーの同スペックの車と比較して、安価なのが特徴です。

マツダを代表する技術の「クリーンディーゼルエンジン」により、なめらかで静かな加速が楽しめます。

価格帯(消費税抜き) 178.2万円~222.4万円
ボディサイズ(mm) 全長:4,060
全幅:1,695
全高:1,525~1,550
最高出力(kW<PS>/rpm) 77〈105〉/4,000
最高トルク(N・m<kgf・m>/rpm) 220〈22.4〉/1,400〜3,200
燃費 JC08モード燃費:22.8~30.0km/L
燃料 軽油

マツダ/デミオの在庫一覧を見る

マツダ/CX-3

f:id:noricoEditor01:20181102210123j:plain

人気のSUVタイプで、車内空間が広々としているのでファミリーにもおすすめ。トルクが27.5kg−mで1,600〜2,600回転するので、パワフルな走りが特徴です。

全てのグレードに6速のATとMT、FFと4WDの組み合わせが可能なので、選択肢が幅広いのも魅力です。

価格帯(消費税抜き) 243.6万円~309.4万円
ボディサイズ(mm) 全長:4,275
全幅:1,765
全高:1,550
最高出力(kW<PS>/rpm) 85<116>/4,000
最高トルク(N・m<kgf・m>/rpm) 270<27.5>/1,600-2,600
燃費 16.8〜22.2km/L
燃料 軽油

マツダ/CX−3の在庫一覧を見る

マツダ/CX-5

f:id:noricoEditor01:20181102210150j:plain

マツダの年間販売台数の約25%を占める人気の車種。トルクはスポーツカー並で、力強い走りを楽しめます。

車高が高めで、シートも高めに設置されているので、走っているときの眺めのよさも魅力です。

価格帯(消費税抜き) 288.3万円~388.2万円
ボディサイズ(mm) 全長:4,545
全幅:1,840
全高:1,690
最高出力(kW<PS>/rpm) 140<190>/4,500
最高トルク(N・m<kgf・m>/rpm) 450<45.9>/2,000
燃費 13.9~19.6km/L
燃料 軽油

マツダ/CX−5の在庫一覧を見る

マツダ/CX-8

f:id:drivinghigh:20181107184441j:plain

スタイリッシュな見た目にもかかわらず、最大7人乗りという実用性の高さがポイント。3列シートとは思えない燃費のよさも特徴です。

SKYACTIV-D 2.2を搭載しており、「走行性能」「燃費」「静粛性」「排出ガス」の全ての性能が上がっています。

価格帯(消費税抜き) 319.6万円~419万円
ボディサイズ(mm) 全長:4,900
全幅:1,840
全高:1,730
最高出力(kW<PS>/rpm) 140<190>/4,500
最高トルク(N・m<kgf・m>/rpm) 450<45.9>/2,000
燃費 12.7~18.0km/L
燃料 軽油

マツダ/CX−8の在庫一覧を見る

トヨタ/ランドクルーザー

f:id:noricoEditor01:20181102210220j:plain

1954年に発売されて以降、60年以上も長く愛されてきた人気車種。時代に合わせてモデルチェンジをしていて、その時々のニーズに対応しているのが魅力です。

強靱なフレームなどで実現したオフロード技術は、ランドクルーザーだからこそ。

価格帯(消費税抜き) 473.9万円~684.7万円
ボディサイズ(mm) 全長:4,950
全幅:1,980
全高:1,870~1,880
最高出力(kW<PS>/rpm) 234<318>/5,600
最高トルク(N・m<kgf・m>/rpm) 460<46.9>/3,400
燃費 JC08モード燃費:6.7~6.9km/L
燃料 軽油

トヨタ/ランドクルーザーの在庫一覧を見る

おススメの輸入ディーゼル車

MINI/Cooper D 3 Door

f:id:noricoEditor01:20181102213730j:plain

コンパクトな車体ながら、驚くほどパワフルな走りが楽しめるのが特徴。同時にディーゼル特有の振動を最小限に抑えているので、滑らかな走りも実現しています。

細部にもこだわったデザインは、老若男女問わず惹きつけます。駆動力を一定に保つ装置など、安全性にも配慮されている車種です。

価格帯(消費税抜き) 238万円~ 389万円
ボディサイズ(mm) 全長:3,835
全幅:1,725
全高:1,430
最高出力(kW<PS>/rpm) 75<102>/3,900
最高トルク(N・m<kgf・m>/rpm) 190/1,380〜3,600
燃費 JC08モード燃費:15.1km/L
燃料 軽油

MINI/Cooper D 3 Doorの在庫一覧を見る

MINI/CROSSOVER

f:id:noricoEditor01:20181102213752j:plain

MINIシリーズの中で最もボディサイズが大きいタイプ。新型のクリーンディーゼルを搭載しており、より環境に配慮した車種になっています。

低速でも高速でも、道に適した細かいシフト操作ができるので、街中での走り心地が快適です。

価格帯(消費税抜き) 345万円~ 509万円
ボディサイズ(mm) 全長:4,315
全幅:1,820
全高:1,595
最高出力(kW<PS>/rpm) 75<102>/4,100
最高トルク(N・m<kgf・m>/rpm) JC08モード燃費:14.2km/L
燃費 16.8〜22.2km/L
燃料 軽油

MINI/CROSSOVERの在庫一覧を見る

BMW/3シリーズ

f:id:noricoEditor01:20181102213810j:plain

最新モデルであっても6速MTを選べるので、運転好きにはたまりません。BMW 320i xDrive モデルに搭載されている4輪駆動システム「BMW xDrive」は、どんな場所でも快適な走りを実現してくれます。

バリエーションも豊富なので、自分にぴったりな車を選べるのも魅力です。

価格帯(消費税抜き) 431万円~ 706万円
ボディサイズ(mm) 全長:4,645
全幅:1,800
全高:1,430~1,460
最高出力(kW<PS>/rpm) 100<136>/4,400
最高トルク(N・m<kgf・m>/rpm) 220<22.4>/1,250〜4,300
燃費 JC08モード燃費:17.0〜17.2km/L
燃料 軽油

BMW/3シリーズの在庫一覧を見る

BMW/X1

f:id:drivinghigh:20181107185905j:plain

BMW ツインパワー・ターボ・テクノロジーにより、エンジンの回転数が少ないときでも俊敏なレスポンスが可能に。ハンドリングも正確で、運転技術が向上したような気分を味わえます。

全6モデルから選べる、選択肢の多さも魅力の1つ。

価格帯(消費税抜き) 420万円~ 628万円
ボディサイズ(mm) 全長:4,455
全幅:1,820
全高:1,600~1,610
最高出力(kW<PS>/rpm) 103<140>/4,600
最高トルク(N・m<kgf・m>/rpm) 220<22.4>/1,480〜4,200
燃費 JC08モード燃費:14.3〜19.6km/L
燃料 軽油

BMW/X1の在庫一覧を見る

プジョー308

f:id:drivinghigh:20181107190609p:plain

同じ装備の他メーカーの車種に比べ、安価なのが魅力。サスペンションが路面を掴んでいる感覚を味わえるので、思いのままに運転できます。
ラゲッジ容量が405Lと大きいので、荷物が多いファミリーにもぴったりです。

価格帯(消費税抜き) 277.9万円~359万円
ボディサイズ(mm) 全長:4,275
全幅:1,805
全高:1,460~1,470
最高出力(kW<PS>/rpm) 133<180>/3,750
最高トルク(N・m<kgf・m>/rpm) 400/2,000
燃費 JC08モード燃費:20.1km/L
燃料 軽油

プジョー308の在庫一覧を見る

ディーゼル車かガソリン車かは使用用途によって選びましょう

ディーゼル車はガソリン車に比べて燃料が安く、燃費も良好です。ディーゼル車は特に長距離を運転する人、坂道や高速道路での合流などパワーが必要になる場面がよくある人におすすめです。

街中のチョイ乗りよりも、長距離を日常的に走る方が多い、ドライブが趣味という方はディーゼル車も検討してみてはいかがでしょうか。

 

221616.com