エコカー減税とは

close
エコカー減税とは
guide いつまで?何が変わった?

最新のエコカー減税

電気自動車やハイブリッドカーなどに代表される、環境に配慮された低燃費・低排出車として認定されたクルマには、税制面での優遇措置があります。どんな税金が、どのくらい安くなるのか。分かりやすくご紹介します。

「エコカー減税」の対象となる税金

「エコなクルマ」への優遇措置というとエコカー減税が有名ですが、実はその他にもグリーン化特例という制度があります。
また2019年10月より導入された「環境性能割」も、クルマの環境性能が高いほど税率が低いという税金です。
現在、クルマの環境性能によって免税や減税制度がある税金は3つあります。

  • 自動車の購入時に支払う「環境性能割」
  • 自動車の購入時、車検時に支払う「自動車重量税」
  • 1年に一度支払う「自動車税/軽自動車税」

「このような優遇措置は、電気自動車やPHVハイブリッドなどの次世代自動車だけが対象」だと思っている人もいるでしょう。しかし実際は、低燃費・低排出なクルマならクリーンディーゼルや通常のハイブリッド、さらにはガソリン車も対象です。

各メーカーのサイトでは、エコカー減税やグリーン化特例の対象車種が紹介されています。ガリバーでもご相談を承っていますので、お気軽にご相談ください。

Check! 2019年のエコカー減税・グリーン化特例はどう変わったの?

2019年のエコカー減税・グリーン化特例はどう変わったの?

エコカー減税やグリーン化特例は、2019年春に制度が改められました。また2019年10月の消費税増税に合わせて、自動車取得税が廃止され、代わりに環境性能割が導入されています。
今回の変更のポイントは、以下の通りです。

変更ポイントまとめ 簡単に言うと
環境性能割 2019年10月に自動車取得税が廃止され、
代わりに環境性能割りが導入される
名称や税率に変更はあるが、実態は
「自動車取得税+エコカー減税」とあまり変わらない
自動車重量税 2019年5月より、
自動車重量税のエコカー減税での軽減率が引き下げられ、
負担が少ない税率である本則税率適用車の基準が厳格化
今まで減税を受けられた多くの車種で、納税額が増える
自動車税・
軽自動車税
自動車税・軽自動車税に適用されるグリーン化特例は、
2021年3月まで現行制度が延長
2021年3月まで内容の変更なし

環境性能割

新車や中古車を購入する際に課税される税金として、自動車取得税に代わり新たに導入されたのが「環境性能割」です。購入時に支払う環境性能割の税額は、以下のように計算します。

「取得価格」×「環境性能割の税率」=「環境性能割の税額」

環境性能割の税率は、クルマの環境性能に応じて以下のように決まっています。
また2019年10月~2020年9月までの1年の間に購入した場合は、税率が更に1%軽減されます。

環境性能割の税率
自動車 軽自動車
電気自動車など(※) 非課税 非課税
令和2年度燃費達成基準
(平成32年度燃費基準)
+20%
+10% 1%
(2019年10月~2020年9月は非課税)
達成 2%
(2019年10月~2020年9月は1%)
1%
(2019年10月~2020年9月は非課税)
平成27年度燃費基準 +20% 3%
(2019年10月~2020年9月は2%)
2%
(2019年10月~2020年9月は1%)
+10%
達成
未達
  • 電気自動車、燃料電池自動車、プラグインハイブリッド車、天然ガス自動車、クリーンディーゼル車

Check! 中古車の「取得価格」とは?

中古車の取得価格は、「取得価格=課税標準額×残価率」計算式で算出されます。
課税標準額は車検証記載の型式などから判断されますが、一般にはメーカー希望販売価格の90%程度です。
残価率とは「クルマに残っている価値」のことであり、新車として車両登録されてからの年数に応じて、以下のように定められています。

1年 1.5年 2年 2.5年 3年 3.5年 4年
乗用自動車 0.681 0.561 0.464 0.382 0.316 0.261 0.215
軽自動車 0.562 0.422 0.316 0.237 0.177 0.133 0.1

例)新車価格300万円の軽自動車を、3年落ちの中古車として購入した場合
取得価格=課税標準額(新車価格3,000,000円×約90%)×残価率0.117=約31万5,900円
(※この計算は概算であり、正確な金額ではありません。)

自動車重量税のエコカー減税

自動車重量税とは、新車購入時とその後の車検のタイミングでまとめて支払う税金です。
環境性能が優れているクルマは、新車購入時や3年後車検時に税金が減免されます。
そのクルマの環境性能により、「どのくらいの減免措置があるのか」「0.5トン当たりの税金はいくらか」「3年後車検の時も減免があるのか」が変わってきます。

自動車重量税の減免措置
新車購入時 3年後車検(※2)
電気自動車など(※1) 100%減税
(免税)
100%減税
(免税)
令和2年度燃費達成基準
(平成32年度燃費基準)
+90%
+50% 減税対象外

本則税率適用(※3)
+40%
+30% 50%減税

本則税率適用(※3)
+20%
+10% 25%減税

本則税率適用(※3)
達成
平成27年度燃費基準 +20% 減税対象外

当分の間税率適用(※3)
+10%
+5%
  • ※1 電気自動車、燃料電池自動車、プラグインハイブリッド車、天然ガス自動車、クリーンディーゼル車
  • ※2 3年後継続検査時に受けられる減免措置については、車検証の有効期限が満了する日から起算して15日を経過する日までに車検証の交付を受けた場合に限り適用されます。
  • ※3 登録車の本則税率は2,500円/0.5t・年、当分の間税率は4,100円/0.5t・年、軽自動車の本則税率は2,500円/年、当分の間税率は3,300円/年。

この自動車重量税の減免措置は、2019年5月1日~2021年4月30日までに新車購入(車両登録・届出)されたクルマが対象です。
途中で持ち主が変わった中古車であっても、対象車種であり、新車として上記期間に車両登録・届出されたクルマについては、エコカー減税の対象となります。

自動車税のグリーン化特例

毎年支払う自動車税・軽自動車税は、グリーン化特例で翌年度分の減免制度が用意されています。

自動車税の減免措置 軽自動車税の減免措置
電気自動車など(※) 75%減税 75%減税
令和2年度燃費達成基準
(平成32年度燃費基準)
+50% 50%減税
+40%
+30%
+20% 50%減税 25%減税
+10%
達成 減税なし(対象外) 減税なし(対象外)
平成27年度燃費基準 +20%
+10%
+5%
  • 電気自動車、燃料電池自動車、プラグインハイブリッド車、天然ガス自動車、クリーンディーゼル車

対象となるのは、2019年4月1日~2021年3月31日の間に新車購入(車両登録・届出)を行ったクルマです。
新車、中古車を問わずに受けられる減免ですが、減免されるのは「購入翌年度の自動車税・軽自動車税のみ」であるため、対象となる中古車は少ないでしょう。

注意事項

  • JC08モードの低燃費区分欄については、平成27年度燃費基準や令和2年度燃費達成基準(平成32年度燃費基準)の達成状況を表記しており、「達成」は該当する燃費基準を達成していることを、「+5%」は該当する燃費基準を+5%以上達成していることを、「+10%」は該当する燃費基準+10%以上達成していること(他の表記も同様)を示します。
  • 燃費基準とは、省エネ法に基づき定められている燃費基準をいいます。
  • 排出ガス規制値に対して一定の低減レベルの達成が求められている自動車については、低排出ガス車認定制度に基づき国土交通大臣の認定を受けている必要があります。

分からないことは相談を

環境性能割やエコカー減税、グリーン化特例は条件や計算が複雑で、「どのクルマが」「いつ」「どのような優遇が受けられるのか」が分かりにくいです。
特に中古車の自動車取得税の場合、「取得価格」の計算は難しいでしょう。

ガリバーは、そのクルマにかかる具体的な税金の額や取得費用についてもご案内しています。また、エコカー減税やグリーン化特例も踏まえたお得なクルマ選びのお手伝いもしていますのでお気軽にご相談ください。