クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識

norico
SEARCH

【徹底比較】軽自動車とコンパクトカー どっちがいいの?

「軽自動車」と「コンパクトカー」は、どちらも大きさが手ごろで運転しやすく、普段使いの車として人気です。実際に車の購入を検討する際、どちらにするかで迷っている方は多いことでしょう。本コラムでは、維持費や性能、価格、広さなどを徹底比較します!

f:id:noricoEditor01:20181212193138j:plain


「軽自動車」や「コンパクトカー」と呼ばれる小さな車は、毎日の買い物や子どもの送迎、通院、さらに近場へのお出かけなど、日常的に乗る車として人気が高い車種です。

いざ車を購入する際に、どちらかで迷われている方も多いのではないでしょうか。そこで、本コラムでは軽自動車とコンパクトカーの維持費や性能をご紹介しますので、車選びの参考にしてみてください。

毎月どれくらいかかる?軽自動車とコンパクトカーの維持費を比較

軽自動車とコンパクトカーでは、維持費に少なからず差があります。ここでは、どれくらいの差があるのかを紹介します。

燃費

軽自動車とコンパクトカーでは、どの程度燃費に差があるのでしょうか。それぞれ代表的な1台をピックアップして、燃費を比較してみましょう。

【軽自動車】HONDA N-BOX:リッターあたり21.4~25.6km

【コンパクトカー】日産ノート:リッターあたり13.5~16.5km

燃費では、やはり軽自動車に軍配が上がるようです。

税金

軽自動車とコンパクトカーの税金も比較します。それぞれ年間でどれくらいの税金を支払うことになるのでしょうか。

【軽自動車】:自動車税10,800円

【コンパクトカー】:自動車税およそ29,500~39,500円(1000cc〜2000cc排気量クラス)

コンパクトカーの自動車税は、排気量によって変わり、重量税など毎年かからないものもあります。税金でも、軽自動車の方が年間で2~3万ほど安くなっています。この違いは大きいですね。

保険

軽自動車とコンパクトカーの保険料は以下の通りです。

【軽自動車】:約50,000~60,000円

【コンパクトカー】:約55,000~65,000円

自賠責と任意保険両方を合わせた金額となります。保険料は運転者の年齢や車種などにより等級に開きがあるため、およその金額ではありますが、軽自動車の方が5,000~10,000円ほど安くなります。

車検

軽自動車とコンパクトカーの車検にかかる費用は以下の通りです。

【軽自動車】:30,000~70,000円

【コンパクトカー】:50,000~100,000円

部品交換が必要かどうかなど、車のコンディションによっても違いますが、車検費用も軽自動車の方が20,000~30,000円程度安くなる傾向があります。

軽自動車の性能には不安あり 気になる性能の違いとは

維持費だけでなく、性能も比較してみましょう。快適なカーライフに必要な「安全性能」「走行性能」「静粛性能」についても比べてみます。

安全性能を比較

リーズナブルで運転もしやすい軽自動車ですが、ボディが小さいため安全性能に不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

安全性だけで比較すれば、ボディの大きいコンパクトカーの方がより安心ではあります。しかし、最近の軽自動車は衝突安全機能などの安全装備が充実してきており、安全性能は以前よりも向上しています。

走行性能を比較

軽自動車とコンパクトカーの走行性能について、排気量で比較すると以下のようになります。

【軽自動車】:660cc

【ターボ付き軽自動車】1,200~1,300cc

【コンパクトカー】:およそ1,000~1,500cc

高速道路での加速や燃費といった走行性能は、排気量に左右されます。

そのため、排気量の大きなコンパクトカーの方が安定しますが、ターボ付き軽自動車では、コンパクトカー並のパワーが出るタイプもあります。

静粛性能を比較

エンジンルームから発生する機械音はボディが大きい方が伝わりにくいため、コンパクトカーの方が静粛性に優れています。

ただし、最近の軽自動車は安全性能と同様に、静粛性も大きく向上してきています。

購入価格を比較

軽自動車とコンパクトカーの購入価格は新車と中古車で差がありますが、軽自動車は比較的値下がりしづらいため、中古で購入する場合はコンパクトカーの方がお買い得であるといえます。

また、中古車でも「登録済み未使用車」という選択肢もあります。

新車の場合

軽自動車とコンパクトカーのうち、代表的な車種3つの新車購入価格を見てみましょう。

  軽自動車 コンパクトカー
車種名 N-BOX タント スペーシア アクア ノート フィット
価格 128.3万円 113.0万円 130.5万円 165.3万円 131.6万円 132.3万円
平均価格 123.9万円 143.1万円

全体的にはやはり軽自動車の方が購入価格は安いですが、軽自動車でもターボ付や4WDの場合は、コンパクトカーよりも高くなるものもあります。

<おすすめ新車ランキング>
【2018年秋】おすすめ軽自動車スーパーハイト系 ランキング【新車ベスト3】

【2018年秋】おすすめコンパクト国産車ランキング【新車ベスト3】

中古車の場合

軽自動車とコンパクトカーの中古購入価格は以下の通りです。

  軽自動車 コンパクトカー
車種名 N-BOX タント スペーシア アクア ノート フィット
価格 122.2万円 80.3万円 121.0万円 113.2万円 97.8万円 89.2万円
平均価格 107.8万円 100.1万円

コンパクトカーの中古価格に比べると、軽自動車は車種によって値下がりの幅に差があります。

<おすすめ中古車ランキング>
【2018年秋】おすすめ軽自動車スーパーハイト系ワゴンランキング【中古車ベスト3】

【2018年秋】おすすめコンパクトカー国産車ランキング【中古車ベスト3】

軽自動車の新車購入を検討しているなら、中古車のうち、登録済み未使用車がおすすめです。

ディーラーや販売店が展示目的などで登録しただけの、新品同様の車を安く購入することができます。

登録済み未使用車についてもっと知りたい方はこちらの記事をぜひ読んでみてください。

未使用のクルマなのに安い? 登録済み未使用車という選択肢とその上手な探し方

軽自動車の登録済み未使用車一覧を見る

コンパクトカーの登録済み未使用車一覧を見る

快適なドライブに関わる車内の広さ

車を選ぶうえで、車内の広さも重要な比較要素でしょう。想定する乗車人数によって、車に必要な広さは異なります。

夫婦と12歳までの子ども3人までなら軽自動車の広さでも十分ですが、5人家族以上ならコンパクトカーの方がより室内に余裕を感じられます。

普通車顔負けのパワーを誇るターボ付き軽自動車とは

ターボ付き軽自動車は、ターボエンジン搭載によって軽自動車のパワー不足を補えます。

ただ、走行性など全体的な性能は上がるものの、購入価格は高く、燃費は悪くなる傾向にあります。

軽自動車とコンパクトカー、何を優先するかが選択のポイント!

軽自動車とコンパクトカーでどちらに軍配が上がるか、どちらを購入するかは、ライフスタイルや維持費、性能など、何を優先するかによって変わります。

小さいボディでも大人数が乗れる広めの車内を優先したいならコンパクトカー、少人数乗車でもOKで、コストを重視したいなら軽自動車を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

    軽自動車 コンパクトカー
維持費 燃費
税金
保険
車検
安全性能
走行性能
静粛性能
購入価格 新車
中古車
車内の広さ