クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識

norico
SEARCH

車の維持費節約になる2つのポイントを解説!費用内訳&具体的な金額もチェック

車の維持費が節約できたら家計の助けになりますよね。「どの費用をカットすればいいかわからない」という方に、節約ポイントを2つお伝えします!かかる費用内訳を知ることがコストカットの第一歩です。

車の維持費節約になる2つのポイントを解説!費用内訳&具体的な金額もチェック
「クルマがほしい!」と思ったときに気になるのが、購入や維持にかかる費用でしょう。

本コラムでは、クルマの購入費用と維持費用についてと、それぞれの費用を節約するためのポイントをご紹介します。

クルマを買うにはいくらかかる?クルマ購入費用の内訳を知ろう

クルマを購入する際には、車両代金に加え、消費税や自動車税などといった税金、そして各種手続きのための費用がかかります。車種や販売店によって多少の差はありますが、車両代金の数十パーセントほどが追加でかかると思っておくといいでしょう。

費用の詳細は以下のとおりです。

車両代金 車両本体価格 車種による
オプション価格 10~50万円ほどが多い
税金 消費税 車両本体価格の8%
自動車取得税 新車の場合は車両代の2~3%。中古車の場合は割引あり
手続きのための費用 自動車リサイクル費用 車種による。2万円程度
納車費用 交渉の余地あり。1万円程度
車庫証明書費用 販売店に依頼した場合は1万円程度、セルフだと3000円程度
検査登録手続き費用 販売店に依頼した場合は1万円程度、セルフだと3000円程度
預かり法定制度 販売店に手続き依頼した場合に必要、セルフだと不要
希望ナンバープレート代 希望する場合は5000円程度

クルマの購入費用を節約するポイント

クルマは、車両代のほかに、税金や手続き費用がかかる――そう聞くと、購入にしり込みしてしまう方もいるかもしれません。

ところが、実は、クルマの購入費用はある程度節約できるのです。節約のためのポイントを2つご紹介しましょう。

まず1つ目が、車両代金そのものを安く抑えること。
車両代金が安ければ、それに紐づく税金も安く抑えることができます。たとえば、中古車は新車に比べて車両代金が安いので、結果として購入費用を大きく節約できるのです。

2つ目は、各種手続きを自分ですること。
面倒だから、難しそうだからと販売店に任せてしまう人もいますが、手続き費用は積み重なるとかなりの金額になってしまいます。手続きの流れを丁寧に教えてくれる販売店を選べば安心です。

クルマの維持にはいくらかかる?

「クルマを買うと維持費がかかるから、レンタカーやカーシェアリングを使う」――そんな話を聞いたことがある方も多いでしょう。

維持費用は、ボディタイプによって異なります。

おおよその目安は以下のとおり(高速道路の利用にかかる費用やローンの金利は含みません)。

  • 軽自動車:15万円ほど
  • コンパクトカーやセダン:18~19万円ほど
  • SUV:28万円ほど

クルマのボディタイプ別の維持費は下記の記事をチェックして確認しましょう。

221616.com

維持費用の内訳は以下のとおりです。

税金 自動車税 年間3~10万円ほど。エコカーを購入すると減税・免税措置あり
重量税 重量0.5トンごとに課税され、年間1~2万円。車検時にまとめて納付。エコカーは減免措置あり
保険・金利 自賠責保険 法律で定められた保険料
任意保険 年齢、車種、補償範囲により異なる
ローンの金利 借り入れ代金の数パーセントほど
走るための費用 駐車場代 全国平均で月9,000円ほど
ガソリン代 平均で月1万円ほど
高速道路の利用料金 利用状況によって異なる
整備やメンテナンスのための費用 車検代 数万円~10万円ほど
オイル・エレメント代 年に数千円~1万円ほど
タイヤ代 5年に1回ほど交換が必要。5~10万円ほど
修理代 修理内容により異なる

クルマの維持費の節約ポイント

維持費用を節約するポイントは、任意保険と整備メンテナンス費用です。

任意保険とは、事故や盗難などによる出費に備えるためのもの。
保険に加入しなければ、その分の費用をカットすることができます。

ただし、保険費用を節約できる分、なにかあった場合には大きな出費が必要になってしまいます。ローンで購入した場合は、盗難されたとしても残債を支払わなければなりません。運転初心者であれば、クルマをこすってしまったり、ぶつけてしまったりして、修理が必要になる場面も多いでしょう。

上記のことを理解したうえで、任意保険の取捨を判断してください。

もう一つ、整備メンテナンス費用については、整備やメンテナンスを依頼するお店を“ディーラー”から”ガソリンスタンド“や”カー用品店“に変えるだけで大きく節約することができます。ディーラーにはやはり安心感がありますが、一度ガソリンスタンドやカー用品店に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

クルマの購入費用と維持費用についてご紹介してきました。

「やっぱり高い」と感じる方もいるかもしれませんが、いずれも工夫次第で費用を抑えることができます。ぜひ、参考にしてみてください。

 

221616.com

 

written by norico編集部

written by norico編集部

クルマのことはいろんなサイトに情報が載っているけど、言葉もわからないから調べるのも大変・・・。「クルマのわからないことを、どんなひとにも、わかりやすく。」をモットーに、いろんなテーマで記事を執筆。norico編集部に取り上げてほしいトピックや質問、ダメ出しなど、随時募集中。