クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識

norico
SEARCH

“運転しやすさ”を重視したい!初心者のためのクルマ選びのポイント

運転初心者にとって、クルマ選びの重要なポイントとなるのが“運転しやすさ”。 本コラムでは、初心者に向け、運転しやすいクルマ選びのポイントをご紹介します。

f:id:noricoEditor01:20180607125045j:plain

運転初心者にとって、クルマ選びの重要なポイントとなるのが“運転しやすさ”。
一般に、女性は空間把握が苦手だとされています。人それぞれ得意・不得意はあるものの、「運転に苦手意識がある」「駐車が苦手で、お出かけがおっくう」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

本コラムでは、初心者に向け、運転しやすいクルマ選びのポイントをご紹介します。

運転しやすい“サイズ”と“形”を知る

「運転しやすいクルマ」とはどんなクルマでしょうか。
運転しやすいクルマは、以下の2つのポイントで見極めましょう。

サイズの小さいクルマ

感覚的に理解できるかもしれませんが、小さいクルマのほうが運転がしやすいもの。
注目すべきは、「全長」と「全幅(ぜんぷく)」。
全長とは、クルマを横から見たときの長さのこと。
全幅とは、クルマを正面から見たときの幅のことです。

全長と全幅が短いクルマだと、運転者の体と車体との距離感がつかみやすく、クルマをぶつけてしまったり、道路のセンターラインを越えて走行してしまったりしにくくなります。

f:id:noricoEditor01:20180329133451j:plain

ボンネットが長くないクルマ

ボンネットとは、クルマの前面の「鼻」の部分。
ボンネットが長ければ長いほど、運転者のクルマの先端との距離が長くなり、クルマの先端をぶつけてしまいやすくなります。

ポイントを満たす“運転しやすいクルマ”はどれ?

全長と全幅、そしてボンネットが短いクルマとしておすすめなのが、ハイト系やスーパーハイト系の軽自動車。
ハイト系とは、四角いフォルムのもので、通常の軽自動車よりも天井が高めに設定されているのが特徴です。ハイト系よりもさらに天井が高くなっているのがスーパーハイト系です。
車種としては、ダイハツのタントムーブホンダのライフN-BOXスズキのワゴンRなどがあります。

f:id:noricoEditor01:20180329133428j:plain

初心者には軽自動車がおすすめ?

初心者によくすすめられるのが、軽自動車です。
その理由としては何より、小回りがきくことと、普通車と比較して安価で購入できることが挙げられるでしょう。

ただ、初心者だからといって軽自動車が絶対的におすすめというわけではありません。
軽自動車は“走行安定性”に欠けるため、強い風や、横を走る大型トラックにあおられてハンドルがとられてしまうこともあるのです。
メリットとデメリットを考え合わせてクルマを選びましょう。

中古車という選択肢

新車を購入すると、「クルマを出すときにぶつけてしまったら……」「キズをつけたくない」という思いから、運転がおっくうになってしまうことも。
もちろん他の人に迷惑がかかるような事故を起こしてはいけませんが、それでは、いつまで経っても運転が上達することはありません。

ファーストカーとして中古車を購入し、2~3年で乗りつぶすつもりで練習してみるのも一手です。

221616.com

お気に入りのクルマで出かけよう

初心者のためのクルマ選びのポイントとして、いくつかの観点からご紹介しました。
クルマ選びにあたり、上記のような観点は重要です。それでも、自分にあったクルマであることが大前提。
いつどんなシーンで乗りたいのか、誰を乗せたいのかによって、選ぶべき車種は異なってきます。たとえば家族5人を乗せたいのであれば、あまりにコンパクトなクルマを選んでも乗せきれないでしょう。

f:id:drivinghigh:20180521142200j:plain

こちらのサイトでは、自分に合ったクルマを探すためのヒントが書かれていますので参考にしてみてください。

運転初心者の人はペーパードライバー講習も視野に

また、クルマ選びのポイントではありませんが、自動車教習所などで“ペーパードライバー講習”を受講することも選択肢に入れてみましょう。運転初心者のうちは、家族や友人などに同乗してもらい、運転のアドバイスを受けることもありますが、一番“効く”のはやはりプロのアドバイスだからです。命にかかわることですので、「運転は苦手だな……」「やっぱり怖い」とネガティブな感情を抱きながら運転しつづけるよりも、思い切って講習を受けてみることをおすすめします。

その上で、自分好みのクルマを見つけ、お気に入りのクルマに乗って運転の練習を重ねることで運転に慣れていくでしょう。
上記の観点をふまえつつ、自分にぴったりの“運命のクルマ”を探してみましょう!

written by norico編集部

f:id:noricoEditor01:20180326155546p:plain

クルマのことはいろんなサイトに情報が載っているけど、言葉もわからないから調べるのも大変・・・。「クルマのわからないことを、どんなひとにも、わかりやすく。」をモットーに、いろんなテーマで記事を執筆。norico編集部に取り上げてほしいトピックや質問、ダメ出しなど、随時募集中。